• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
下町発祥の東京ローカルフードもんじゃ焼き

下町発祥の東京ローカルフードもんじゃ焼き

Author:
mamewritermamewriter
Posted date:
Update date:2019年03月16日
下町発祥の東京ローカルフードもんじゃ焼き
東京下町界隈から生まれ、徐々に各地の飲食店などにも広まっていった、小麦粉で簡単に作れるローカルフードのもんじゃ焼きグルメ紹介まとめです。

もんじゃ焼きとは

もんじゃ焼き(もんじゃやき)は、ゆるく水溶きした小麦粉を鉄板で調理して食べる東京近郊のローカルフードである。
単にもんじゃと呼ぶほか、地域によって異なるさまざまな呼称がある。
いわゆる「粉もの」料理の一つで、小麦粉を水に溶き、鉄板の上に流して焼く料理である。お好み焼きに似た食べ物であるが、生地の粉液比が非常に低いうえに、ソースなどの調味料を一緒に混ぜ込んでしまうため、加熱後の鉄板上においても糊状で固形化しないのが特徴である。
鉄板にへらで押さえつけて焼きながら食べるので、鉄板に接する部分は程良く焦げた状態で歯ごたえもあるが、押さえつけによる加熱が足りない部分などは粘状となる。
現在は、東京の下町と埼玉県南部・東部、群馬県東部と栃木県南部に店が多い。
現在に繋がるもんじゃ焼きのスタイルは戦後の昭和20年代に誕生し、東京都台東区浅草近辺が発祥地とされる事が多いようである。当時盛んであった隅田川の物流、近代開通した地域の大動脈である東武伊勢崎線、旧奥州街道である国道4号などの集積地であるこの付近を基点に、関東の他の地域に伝播したと言われている。

出典:もんじゃ焼き - Wikipedia

	
東京・下町の駄菓子屋には、昭和40年代ころまでは大抵もんじゃ焼きの鉄板があった。 昭和20年代は物資が欠乏していたため、単にうどん粉を水で溶き、味付けしただけのものが多かったが、昭和30年代も中頃をすぎると、キャベツを始め、切りイカなど具の種類も増えていった。もんじゃ焼きは東京の子供達に広く親しまれていたが、駄菓子屋そのものの減少に加えて、食文化や嗜好の変化もあって、提供する店が激減している。
	

様々なおいしそうなもんじゃ焼き

土手を作って焼く、みんなで作りながら楽しんで食事できるいい食べ物です。

天かすや干しエビを入れると味が膨らんで大変おいしいです。

餅やイカ、ベビースターなど、様々な具材を入れてもよく調和しておいしくなるのがもんじゃ焼きの特徴です。
息子「明日世界が滅びるかもしれないから、もんじゃを体験しておこう」

もう夜遅いよ、帰ろう。

息子「明日日本が沈没するかも」

わーかった。分かったから。
	
どうしてももんじゃ食べたくて1人でもんじゃ行ってしまった

	
よろづや@熊野前
かたやきもんじゃ、超レモンW、そぼろご飯(お味噌汁付き)

新メニューがあると聞いて!?‍♂️

新メニューはかたやきもんじゃ。
麺を崩して広げても良し、皿うどんのように餡掛け風も良し?
裏メニューのそぼろご飯まで頂き、お腹大満足!
美味しかったー?
ご馳走様でした!(=゚ω゚)ノ
	
キムチ豚もんじゃ~( ´∀`)
初もんじゃ!
うまうまΨ( ̄∇ ̄)Ψ
	

おいしそうなもんじゃ焼き動画ギャラリー

	
	
	
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
mamewriter

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 グルメ情報収集が趣味で、グルメ系まとめが多いです。