• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<削除対象の情報> [Dr.レオナード・コールドウェル]90%以上のガンは数週間のうちに完治、手術も放射線治療も化学療法も必要なし・・・アメリカ型医療汚染に反旗の一言

サムネイル出典:

<削除対象の情報> [Dr.レオナード・コールドウェル]90%以上のガンは数週間のうちに完治、手術も放射線治療も化学療法も必要なし・・・アメリカ型医療汚染に反旗の一言

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
Update date:2016年03月20日
<削除対象の情報> [Dr.レオナード・コールドウェル]90%以上のガンは数週間のうちに完治、手術も放射線治療も化学療法も必要なし・・・アメリカ型医療汚染に反旗の一言

何兆ドルもの利益を得ているガンの利権団体は、私を妨害しています。法的にも私の治療法を公表することができない状態です。

医療や薬品業界にとって、ガンは1兆ドルの利益を生むビジネスになっています。そのため、彼らは既存のガン治療法を手放すわけがありません。

Dr.レオナード・コールドウェル曰く:
医者としての経験に基づくと。。。。どの種類のガンも、2週間から16週間で完治します。それどころか、すぐに治るガンもあるのです。20年以上の経験を積んだ医師は誰もがガンが一瞬のうちに治るケースを知っています。

ガンを治すには、身体の解毒が必要です。次に、身体をアルカリ性に保つことです。そして、緑色の葉や野菜に含まれるクロロフィルの効果で酸素を多く体内に取り入れることです。身体をアルカリ性に保つにはカルシウムや他の微量元素ミネラルのサプリメントなどを飲むのが効果的です。これで数週間後にはガンが消えてしまいます。
ガンを治すには、身体をアルカリ性に保ち、自己治癒力(アルカリPhレベル→7.5以上に)を高める必要があります(これはアルカリ度がかなり高い状態です)。

出典:https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=72131

	
ドイツのある医師は、ガン患者に酸素治療を行っています。ガン患者の血液を抜き取り、血液にマイナスイオン?の酸素を注入してから患者に輸血します。すると、患者の身体は新生児のように蘇ります。ガン患者の血液は酸素不足により黒っぽい色をしていますが、酸素を注入することでピンク色に変わります。これは法的に認められたドーピングのようなものです。輸血した途端に患者はエネルギッシュになります。

さらに、(特に)私が行った治療は。。。大量のビタミンC(1日に100cc、1週間に3回以上の割合で)を血液に注入しました。そうすると、ガンは2日以内に消えてしまいます。心臓病を患っている人もビタミンCの大量摂取でで完治します。

さらに、ビタミンEは高血圧を改善します。しかし人工的に作られたビタミンでは効き目はありません。天然のビタミンでないと効き目がありません。自然界の問題は自然界が解決するのです。

さらにガン患者が自分でガンを治したいと思うなら。。。未加工の食品だけを食べる完全菜食主義者(ローフードダイエット)になることです。

さらに、腎臓に疾患の無い方は、1日に1ガロンの水(小さじ1/2の海塩を入れる)を飲みます。人間の身体がうまく機能するには身体に電気を流す必要があります。電気を発するには塩が必要なのです。そのため、体内の塩分が不足すると高血圧になります。ただ、食卓塩(精製塩)を摂ると、塩の結晶が血管の膜を傷つけ血管内部が出血します。そして、出血を止めるためにコレステロールが傷ついた部分を覆うため、結果的にコレステロールで血管が狭くなり高血圧になります。塩は食卓塩ではなく海塩を使ってください。

コレステロールに関しては多くの誤解があります。コレステロールが不足すると死に至りますが、高コレステロールで死亡する人はいません。高コレステロール(600)でも病気にならずに健康的に暮らしている人がいます。コレステロールは、壊れた細胞を新しい細胞に再生してくれます。生まれ変わった細胞の80%がコレステロールの働きによるものです。従って誰もが250の複合?コレステロール値を保つべきです。しかしLDLやHDLを善玉や悪玉と呼んでいますが。。。これらはコレステロールではないのです。これらはコレステロールを運ぶタンパク質なのです。このように医療界ではバカバカしい検査しています。

一般的に医師の平均寿命は世界一短い、56才です。彼らはアルコール依存率や麻薬常習率が他の業種に比べ最も高いのです。さらに自殺率も最も高いのです(特に精神科医の自殺率が高い。)。
患者は、病気を治してもらい健康的で幸せな暮らしをしたいと願いながら、このような病んだ医師たちに診察、治療してもらおうとしているのです。

出典:https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=72131

	

ガン患者の8割が、抗がん剤などの副作用死と判明

船瀬俊介さんの「抗がん剤で殺される 」「ガン検診は受けてはいけない?!」「ガンで死んだら110番」等の本によると、年間ガンによる死者が30万人以上、そのうち25万人近くが、がん治療で殺されてるとのことです。
入院すると強制的に施される抗がん剤、そして放射線療法、手術の3つですね。
抗がん剤に関しては、増がん剤というのは、医師、医薬品業界、そしてなんと厚生労働省の役人達の間では、常識だそうです。
世界で最も権威あると言われる研究機関、アメリカ国立ガン研究所(NCI)の1988年の報告書によると「抗がん剤は、ガンに無力なだけでなく、強い発がん性で他の臓器などに新たなガンを発生させる増ガン剤でしかない」と抗がん剤の効果をはっきりと否定、更に増がん剤とまで言い切っています。
日本では、この報告書の事実は、患者達には緘口令が引かれた、と船瀬さんの本には書かれていますが、
マスコミなどにも伝わっていなかったのか、或は、広告主である医薬品業界からの広告費の減収を恐れて、自主規制したのか分りませんが、こういった事実は、私たちには伝わってきませんでした。
医者達は、どうせガン(特に末期)は治らない、役所も認めてるし、みんな使っているから、どうせ死ぬなら、抗がん剤で儲けてやれ、という感じで、使ってるのでしょう。
岡山大学医学部付属病院で1年間に亡くなったガン患者のカルテを徹底精査したら、80%は、ガンではなく、抗がん剤や放射線などガン治療の副作用で死亡していたことが判明。
ところが、その事実を博士論文で発表しようとした若手医師は、目の前で学部長に論文を破り捨てられたとのことです。
99%の医師が抗がん剤を拒否、自らは代替療法で延命
船瀬さんの本によると、271人の医師に「自分自身に抗がん剤を打つか?」質問すると270人が断固NO!
東大医学部4人の教授は、何千人もの患者に抗がん剤を投与して殺害し、自分達がガンにかかると「抗がん剤拒否」で食事療法でガンを治した。
船瀬さんは、著書の中でこのように語っています。
彼らは、自らのがん患者たちが「食事療法でなんとか治したいんですが・・・」と懇願すると「ああ、あれは迷信、インチキ、だまされちゃダメですよ」と抗がん剤を何百、何千と打ち続け、その猛毒性で、苦悶のうちに「毒殺」し、膨大利益を得てきたはず。
それが自分がガンになったとたん、抗がん剤拒否、代替療法で生き延びるとは・・・。
水に放射線照射の抗がん剤、注射器1本700万円以上
増がん剤と呼ばれる抗がん剤は、注射器1本分で、700万円~1900万円です。
しかも原価はほとんどただ、水に放射線を照射して作るそうですが、ただの水の方がはるかにマシ。
抗がん剤は、最初の4週間だけガンが縮小するのですが(それも10人に1人)、その後は逆にどんどんガンを増殖させてゆくのです。
というのも抗がん剤で、免疫に関係した腸内細菌やNK(ナチュラルキラー)細胞等の免疫細胞である白血球が根絶やしにされ免疫システムがずたずたにされてしまうからです。
抗がん剤の投与によって、その間にどうなるか?
髪の毛は抜ける、激しい嘔吐、下痢、凄まじい副作用の数々、免疫細胞はズタズタ、がん細胞だけが凶暴化して、患者を毒で蝕む。
そして、やがて他の感染症などにかかり衰弱して死んでゆくと。年間30万人もの人々がこのような形で殺害されています。
厚労省も認める抗がん剤は、増ガン剤
船瀬俊介氏著書「ガン検診は受けてはいけない?!」の中に船瀬氏と厚生労働省のK技官とのやり取りが書かれています。
大変興味深い内容なので以下、転載させて頂きます。
船瀬氏「抗がん剤はガンを治せるのか?」
厚労省「抗がん剤がガンを治せないのは常識です。」「大変な猛毒物で、その毒性のため亡くなる方が大勢いる。」
船瀬氏が絶句しつつ、抗がん剤の発がん性を訊くと、
厚労省「大変な発ガン物質です。」に船瀬氏さらに唖然。
船瀬氏「ええっ!ガン患者に強烈な発ガン物質を打っているのですか?」
厚労省「そうです・・・。」
船瀬氏「その発がん性で新しいガンが出来るのでは?」
厚労省「そういう方が、大勢いらっしゃる。」
船瀬氏「そんな猛毒物質をなんで抗がん剤(医薬品)に認可した?」
厚労省「10人に1人くらい腫瘍縮小効果が見られたからです。」
船瀬氏「10人に9人はまったく変化無いのに認可はムチャクチャだ。」
厚労省「今のガン治療には、問題がおおいのです。」
以上が船瀬さんと厚労省の技官とのやりとりです。
船瀬さんは若い技官は正直だった、と続けて書いていますが、たまたま出てきた技官が、正義感の強い人間で船瀬さんを通して内部告発したように受け取れます。
忌野清志朗、児玉清も抗がん剤による副作用死
昨年、ロック歌手の忌野清志朗さんが一応ガンということで亡くなりましたが、抗がん剤を打たれて免疫システムを破壊され、感染症に冒され無菌室で最期をむかえたそうです。
また、今年、5月にやはりガンということで俳優の児玉清さんが亡くなられましたが、ガンが発覚してからわずか2ヶ月で死んでしまいました。
ちょっと体調が悪い、ということで検査をうけたことが運の尽き、命とりでした。
最近の研究によると赤ん坊から老人まで平均して毎日ガン細胞が約5000個体内で生まれていて、成人の健康体でも数百万、数億個のがん細胞が存在しているそうです。
しかし、多くの方が、ガン細胞が悪性化して病気にならないのは、ガン細胞を攻撃して食べてしまうマクロファージやNK(ナチュラル・キラー)細胞などの血液中の白血球の働きのお陰と言われています。
この白血球の働きを高めてあげれば、病気になりずらい体になるというわけです。
また、前述のように誰でもガン細胞があって当たり前、悪性化して暴れて肉体を蝕んでゆかなければ問題ないのです。
そして常にガン細胞は増減しているのです。
心身にストレスが溜まれば増えるし、食事量を減らす、宿便を取り除く、乳酸菌等で善玉腸内細菌を増やす、瞑想やディクシャでストレスの無い状態になれば減ると。
要するにガン細胞の増減は、免疫力の増減と関係しているということです。
ガン検診、受けた人ほどガンで死ぬ!
ところが、ちょっと体調が悪い、例えば肺の調子が悪い、ということで医者に行ってガン検診でも受ければ、しかも精密検査で顕微鏡で細胞レベルまで精査されれば、それこそ誰にでもガン細胞が発見されるのです。
そこで医者に「ガンが発見されました。」とでも言われれば、それだけでショックで免疫力が落ち、一気にガンが増大、悪性化してしまう、と。
また検査の時のX線の放射線被曝で更にガン細胞が増えるのです。名著と言われる「医者が患者をだますとき」(PHP文庫)という本を書いたロバート・メンデルソン医師は、真っ先に止めるべきはレントゲン検査で、それを殺人兵器と呼び、医療機器の中で最も普及していて危険度においてこれに勝るものは無い、と言っています。
例えば、小児白血病は胎児の時のX線検査による被曝との深い関連は実証されている。
甲状腺機能低下症は20~30年前にレントゲン検査した人に何千、何万人と発病。甲状腺ガンは、歯科医の停低線量のX線検査10回以下でも発病の危険がある。
X線被曝が原因で米国では年間4000人以上が死亡している等。
更に慶大医学部近藤医師によると、CTスキャンは検査する医師次第で普通のレントゲンの100倍~1000倍のX線被曝になるとのこと。
病気は医師が作り出す
1973年、イスラエルで病院ストが1ヶ月間決行され、その結果、なんと死亡率が半減!
ところが、病院が再開されると死亡率は元に戻ったとのことです。
米国で「民衆のための医者」と呼ばれ30万部を超えるベストセラー「医者が患者をだますとき」を書いたメンデルソン医師は「病気は医師が作りだす」と言っています。
またこのようにも。「健康診断で実際には異常が無いのに異常あり、と判断してしまう傾向がある。」
 
「健康と病気は医者の思惑でと都合でいかようにも解釈することができる。さじ加減は医者次第なのだ。
この手を使えば、病人の数も思うがまま・・・。」
「更に、元をただせば、入院患者の多くは、通院の段階で医者から処方された薬を服用して、その副作用が原因で入院するはめに陥ったということである。」
ガンにかかると、一人の患者から7~800万円(米国1000万円)の収益を上げられるそうです。
ですから、この医療・医薬品業界にとって、ガンは無茶苦茶もうかるビジネスになっていると。特に抗がん剤は原価ただ同然ですから。
多くのがん患者(にされた人)たちが何も知らないで、先生、宜しくお願いします、などと言って喜んで何百万円というお金を差し出し、抗がん剤の副作用で苦しみながら殺されていっています。他に治る薬や方法があるというのに。
どんなに生きている時に栄華を極めようが、ガンで入院したら人生の最期は惨めです。人生の最期に、それまで蓄積したバッド・カルマを解消している?と言えなくも無いですが・・・。
良心的医師の独白「医療行為、その本質は<死の儀式>」
セントマーガレット病院の酒匂(さこう)猛医師は苦渋を込めてこのように語っています。
「内科医として35年間、約800人の患者さんに抗がん剤投与、手術の治療を施してきました。
はっきり申し上げます。今この方々は誰一人生きておられません・・・。
だからこれらガン治療は完全に間違っていると断言できます。」
また前述のメンデルソン医師は、以下の言葉を残してこの世を去ったそうです。
「医者の労力のかなりの部分が、人を死に至らしめる行為に費やされている。現代人は、この由々しき事実から目をそらせてはならない。」
「現代医学に限っては、人の死は成長産業である。医学雑誌を開けば、避妊、中絶、不妊手術、遺伝子診断、羊水診断、人口ゼロ成長、尊厳死、安楽死など、必ず目にするのがこれらの最新情報である。
こうした医療行為が目指しているのは、生命の管理と終結である。」
「深く考えもせずにこんなことを礼賛している世の中は、宗教的狂乱に陥っているとしか言いようが無い。」
「人々は科学的な正当性が欠落していることに気がつかないように情報操作されている。」
「どの医療行為も、その本質は「死の儀式」にほかならない・・・。」
船瀬さんの本「ガン検診を受けてはいけない!?」等には、これ以外にも医療における薬害、腐敗不正など無茶苦茶な現実がたくさん書かれています。
私たちの社会は未だにこのような事実を知らず、身近な人の死を受け入れていますが、もし真実を知れば、多くの人たちが医師や製薬会社、厚労省を刑事告発することになるでしょう。
今後カリユガ(鉄の時代)、暗黒時代が終わり、黄金時代へ入ってゆきます。
善良な人々が、このような死神の代理人のような人々の餌食になっている世界は終焉を迎えます。
遺族の方は数億円の損害賠請求をして裁判になったとしても、多額の賠償金を受け取れるでしょう。船瀬さんの本には証拠となる事例が山盛りです。また良心的医師たちが証人になってくれるでしょう。
また、この腐敗しきった現代医療を正すだけで、年間30~40兆円もの税金が不要になり、本当に必要なところに税金が回せます。消費税を上げる必要はありません。
以上、どこかからかは忘れましたが引用させていただきました。
この記事を1人でも多くの人に見てもらいたいものです。
抗がん剤。。。何度も言いますが癌を縮小させることはできても
消滅はしません。治らないのに副作用が大きくリスクが大きすぎます。
そして、なによりも危険なのは、一番大切な免疫をぶっ壊してしまう毒を体中に流し込んでいるという事。
私は身を以て免疫力の凄さを知りました。
この事実を多くの方々に知ってもらいたいです。
癌は治る病気なのです。このことも是非、頭の中に入れていただきたいと
思っております。
この情報社会、真の情報をしっかり掴んでいれば怖いものなどありません。
兎に角、情報です。

出典:http://ameblo.jp/uuurrrrrrrrr/entry-11522435442.html

	

2014年5月にWHOが抗がん剤を害毒と認めた・・・が禁止はしてない

2014年7月

「2014年5月にWHOが抗がん剤を害毒と認めた」という記事が出回る。

内容は「2014年7月15日に抗がん剤を使わせる指導を撤回することが決定、ただすぐに法律で禁止したり行政指導をすることではなく、当面は各医療機関がこれまで買ってある備蓄分を使うことを容認しそのあとに通達が出される」

参考:WHOが抗がん剤の使用をやめるようにいいだした。あとは各国の国内法の問題。

 
上記記事をソースとして色々なブログが記事を書く。同じブログが追加記事で以下の内容を更新。

WHOの決定は内部通達で各国の事情を尊重するため対外的には文書は出さない。情報源は「華僑筋に近いお医者さんグループ」

参考:大丈夫。今、旧体制のテッペンで変革が始まった。抵抗勢力のとばっちりを受けないように。

 

2015年3月

上記の内容が2015年3月28日に発売された「いのちのガイドブック 新医学宣言」にも書かれているとしたブログがFacebookで広まる。

「抗ガン剤を用いるガン化学療法は極めて危険性が高く加盟国政府に全面禁止を勧告する」と書かれているのでより過激な内容

参考:WHOが禁止しているはずですが・・・

 

2015年4月現在

WHOからは上記のような発表はない

参考:WHOは抗がん剤治療を含めた三大療法を勧めている

 
まとめると2014年7月に端を発したWHOによる抗がん剤の否定的見解は2015年4月現在でも発表されていないという事。

加えて現在でも抗がん剤が世界中で製造・使用されている事を考えると「WHOが抗がん剤の害毒を認めた」「今ある分がなくなったら通達される」という主張、並びにアメーバのブログ記事(及び紹介されている書籍の該当記述)はデマと言わざるを得ないでしょう。

今後どうなるかは別として現時点では抗ガン剤が禁止されているという事実はありません。

出典:http://digital-cat.com/theory-of-cat/who-do-not-say-to-prohibiting-chemotherapy/

	

ネット情報は自己判断+自己責任~が基本

石油などのエネルギー資源での金儲けからトップクラスは手を引き始めている
そこから余る余剰資金がどこに流れているのか?
それが医学+薬学という医療業界なのである

西洋医学と言ってもドイツ系とアメリカ系でまるで違う
ドイツ系は人間の持つ自然治癒力を引き出し自力復旧を支持しているが
アメリカ系は検査+薬+手術と他人のよる人治を基本としている

いま巨大な資金が流れ込む医療業界の水面下で様々な動きが封じ込められる
陰謀が取り巻いているようだ

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21