• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【死刑判決】宇都宮実弟殺人事件とは

【死刑判決】宇都宮実弟殺人事件とは

Author:
sicsic
Posted date:
【死刑判決】宇都宮実弟殺人事件とは

宇都宮実弟殺人事件

宇都宮実弟殺害事件(うつのみやじっていさつがいじけん)とは、2005年(平成17年)5月8日に栃木県宇都宮市で発生した実兄が知人に依頼して実弟を殺させた事件である。

平成17年5月8日、ホストクラブ勤務・鈴木克己(当時33歳)は、埼玉県上福岡市の無職・長谷川静央(当時62歳)から、栃木県宇都宮市で親から相続したアパートを経営する実弟のAさん(当時60歳)殺害を2000万円の報酬で依頼を受けた。これを承諾した鈴木は、長谷川とAさん宅の下見を実施。

犯行当日の午後10時頃、Aさん宅の2階から侵入し、帰宅したAさんをナイフでメッタ刺しして殺害した。長谷川は、アリバイのため犯行当日は上福岡市の居酒屋で飲食。殺害から2日後の同月10日にAさん宅を訪問し、実弟殺害の第一発見者に装って警察に通報した。

長谷川は、Aさんが父親から相続したアパート収入のうち1000万円は自分の権利であると主張しトラブルになっていた。そこで、Aさんを殺害して財産を独り占めにしようと計画。そこで、知人である鈴木に殺人の依頼をしたのだった。尚、長谷川は昭和51年12月、勤め先の乾物店で金を横領。発覚しそうになったため店主を殺害。遺体を福島県内の山中に遺棄した事件で無期懲役の判決を受け服役。平成15年5月に仮出所していた。

出典:

	

裁判焦点

2007(平成19)年1月23日、宇都宮地裁は長谷川に死刑を言い渡した。

2007(平成19)年8月16日、東京高裁は1審判決を支持して長谷川の控訴を棄却。
2008(平成20)年3月17日、長谷川は上告を取り下げて死刑が確定した。尚、実行犯である鈴木は、2007(平成19)年2月13日、最高裁で懲役30年が確定。

出典:宇都宮実弟殺害

	
長谷川被告は2006年1月31日の初公判で、起訴事実を全面的に認めている。また公判途中で自らの量刑について「極刑をお願いしたい」と述べた。
 検察は論告求刑で「1980年に殺人罪などで無期懲役の判決を受け、20年以上も更生教育を受けたにもかかわらず、仮釈放のわずか2年後に事件を起こした。矯正は不可能」「仮釈放後も生涯をかけて贖罪しなければならないのに事件の黒幕として行動しており、改善更生は不可能。無期刑の受刑者である被告人に対し、重複して無期刑に処することは意味がない」と結論づけた。
 弁護側は最終弁論で、「無期懲役刑の仮出獄中の再犯だが、必ずしも被告人の矯正不可能さが増したとは言えない」などとして死刑回避を求めた。
 判決理由で、池本裁判長は「長期の受刑によっても性癖は改善に至らなかった」と指摘。利欲的で身勝手な動機や偽装、詐言の存在、事後の情状の悪さなどの点で両事件に「強い共通性を認めることができる」と指摘した上で「犯罪性向は顕著で、矯正可能性は皆無に等しい」「さらなる犯罪に及ぶ恐れも否定できない」と述べた。

 控訴審は2007年5月29日に初公判が開かれ、6月21日の第2回で結審した。弁護側は「死刑は重すぎる」などと主張した。
 阿部文洋裁判長は判決で「殺人罪で服役しながら、その仮釈放中に殺人に及んだ刑事責任はあまりに重大で、刑が重すぎて不当とは言えない」と述べた。
 判決は「弟の態度は明らかに不当とは言えない。解決には法的手段を取るべきで、弟を殺害して財産を得ようと考えた動機は極めて自己中心的で強い非難に値する」と退けた。

 被告の弁護人が即日上告。長谷川被告は2008年3月17日付で上告を取り下げた。

出典:???Y?m????i2008?N?j

	

備考

長谷川被告は1976年12月、ギャンブルの穴を埋めるために勤めていた宇都宮市内にある乾物店の金2500万円を横領したことが発覚しそうになったため、店主(当時49)をバットで殴り、タオルで首を絞めて殺害。遺体を車のトランクに隠した後、1977年5月に福島県内の山中に埋めた。失跡から約13ヶ月後の1978年1月に死体遺棄容疑で逮捕され、その後殺人でも逮捕。宇都宮地裁で1980年3月に無期懲役の判決を受けて服役。2003年5月に仮釈放されていた。2005年9月に仮釈放が取り消され、受刑者に戻っている。
 鈴木克己被告は求刑無期懲役に対し、2006年6月15日、宇都宮地裁で懲役23年の判決。2006年11月13日、東京高裁で一審破棄、懲役30年の判決。2007年2月13日、最高裁で被告側上告棄却、確定。
 長谷川被告は親族を相手取り、きちんとした遺産相続が行われなかったなどとして、7000万円の損害賠償を求めたが、2007年7月23日、宇都宮地裁(今井攻裁判官)は「理由がない」として請求を棄却した。

出典:???Y?m????i2008?N?j

	

オススメのまとめ

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
sic