• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
肉の煮込み料理の芸術☆ビーフシチュー

肉の煮込み料理の芸術☆ビーフシチュー

Author:
mamewritermamewriter
Posted date:
Update date:2019年04月05日
肉の煮込み料理の芸術☆ビーフシチュー
おいし過ぎる塊肉とお野菜の数々の煮込み料理で、大人気洋食のひとつ、ビーフシチューのグルメ紹介まとめです。

シチューとは

シチュー(英: stew [stjuː])は、野菜や肉、魚介類を出汁やソースで煮込んだ煮込み料理の英語による総称である。フランス料理では調理方法や鍋の種類で呼称が分かれ、料理の名称ではラグー(フランス語: ragout)などが対応する語として挙げられる。
英語では煮込むことを stewing と呼ぶ。
シチュー(ラグー)の料理としての確立は、16世紀後半から17世紀前半のフランスにおいてとされる。

ビーフシチューとは

赤ワインやトマトをベースに牛肉、ジャガイモ、ニンジン、セロリ、タマネギなどを、香味野菜を加えて煮込む。
日本では、明治初期から洋食レストランのメニューに取り入れられ、小麦粉とバターを炒めて作るブラウンルーを用いることが定番となっている。従って、ブラウンルーの対となるホワイトルーを用いて作るビーフシチューは、極めて稀な存在であるといえる。
ビーフシチューの作り方は牛肉とタマネギ、ニンジンなどの野菜をブイヨンで長時間煮込み、塩、胡椒、トマトピューレ、ドミグラスソースなどで調味する。用いられる肉の部位は脛やバラが多いが、タンを煮込んだものは特に「タンシチュー」と呼ばれ人気が高い。いずれも汁の量は少なめで、肉などの具材にボリュームがあり、スープのように汁を飲むことよりも具を食べることが主体となることが多い。
日本におけるシチューは、おおむねけんちん汁やすいとんのような汁物の洋風版という位置づけであり、家庭料理としてはご飯にかける食べ方も少なからず見受けられる。
	

おいし過ぎビーフシチューの数々

よーく煮込まれて出た肉と野菜の旨味が秀逸な料理です。柔らかいながら、形が残るくらい具がゴロゴロだと絶品です。
肉は煮込む前提ですね肉など硬くても旨味たっぷりの部位、野菜はじゃがいもやにんじん、玉ねぎなどを使うことが多いです。
昨日から作ったビーフシチューをラグーソースにみたててランチはパスタ
	
4/4 木曜日? 昼食はご飯、ビーフシチューに?、ひじきの煮物で、絹さや、平天、人参、蓮根。JAの鶏カツ、蟹クリームコロッケ?マヨ和えで、薩摩芋、ゆで卵、ブロッコリー、トマト、ハム、青林檎。林檎。食後に?チョコレート(^.^)
	
ブログを更新しました。

浜町「 フライパン 」▪出島ばらいろ牛が柔らかく煮込まれたビーフシチュー
	
ビーフシチューとハンバーグとか、むうみんさん欲張りセット食べた
	
晩ご飯☆*:
昨夜のビーフシチューのリメイクオムライス♪
ライスト組あるあるの時差ボケ中なのでこれで勘弁してくれ~←誰に言うとるw
	
昨日の夕食??
ビーフシチュー
 牛肉
 じゃがいも
 人参
 玉ねぎ
サラダ
 レタス
 ブロッコリー
 玉子
 イタリアンパセリ
 アボカド
 水菜
昨日は冬に戻った様に寒かったですね?
明日以降は天候も戻って行くようです☺
私は寒暖差で体調が…?
皆さんは体調にきおつけて過ごしてくださいね
	
	

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
mamewriter

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 グルメ情報収集が趣味で、グルメ系まとめが多いです。