• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<家族の命を守るため全員一読すべし・・・!> ★「政府発表を鵜呑みにせず自分の身は自分で守れ」★  チェルノブイリ事故処理班の生存者が語る 凄惨な過去と放射能汚染への正しい危機感

サムネイル出典:

<家族の命を守るため全員一読すべし・・・!> ★「政府発表を鵜呑みにせず自分の身は自分で守れ」★  チェルノブイリ事故処理班の生存者が語る 凄惨な過去と放射能汚染への正しい危機感

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
Update date:2016年03月20日
<家族の命を守るため全員一読すべし・・・!> ★「政府発表を鵜呑みにせず自分の身は自分で守れ」★  チェルノブイリ事故処理班の生存者が語る 凄惨な過去と放射能汚染への正しい危機感
「危険ゾーンのなかでは植物が枯れ、動物が死に命あるものすべてが影響を受けた。放射能は動物の脳にも影響を与え、通常は人に寄りつかないキツネが近づいてきた」――。放射線生物学者として1986年に起きたチェルノブイリ事故の汚染除去作業を指揮したナタリア・マンズロヴァ氏は、硬い表情で当時を振り返る。同僚を失い、自らも甲状腺がんを2度患い、生死の境をさまよった。過酷な作業環境、そして今後予想される福島原発事故の健康被害の規模などについて、話を聞いた。(聞き手/ジャーナリスト、矢部武)

出典:「政府発表を鵜呑みにせず自分の身は自分で守れ」チェルノブイリ事故処理班の生存者が語る凄惨な過去と放射能汚染への正しい危機感|DOL特別レポート|ダイヤモンド・オンライン

古い記事なんだけど・・・、いまこそ再認識する重要性が溢れてると思う
「テレビで言うてた」ではなく「自分でかんがえる」です。
	
「日本政府発表を鵜呑みにせず自分の身は自分で守れ」チェルノブイリ事故処理班の生存者が語る凄惨な過去と放射能汚染への正しい危機感|DOL特別レポート|ダイヤモンド・オンライン
	
「フクイチ事故は放射能がちょっと漏れただけ」「メルトダウンはない」「水素爆発以降政府発表の信頼度は劇的に上がった」「海水魚にヨウ素131は濃縮しない」「柏でGCが反応するのは東大校舎の花崗岩」とか完全に頭がおかしいと思うようなことを言ってたのは物理の研究者で、特に東大は酷かった
	
放射能の影響は、全世界に及んでいること。日本政府発表の被爆についてのウソが分かります。また、日本政府が子どもたちをいかに危険にさらしているか。死を覚悟し、自宅にとどまる人、正確な線量を測定しているがいます。全てがご覧になれます。
	
でも福島には109万人は住んでるんだな複雑だなと思うけども、千葉とか東京とかもっと人口多くて、放射能汚染だって政府発表よりはひどいだろうから、もっと辛いね。
いや、人数の問題じゃないけど、、
	
【フクシマなう】
■フクシマの今は、人類史上初のチャイナシンドローム状態。
■今日も最悪の量の放射能汚染を続けている。
フクシマ第一原発のこの現状図は、スイス政府発表のものを現在の状況に一部修正(架空の氷壁部を削除)したものです。
	
今の日本にはあまりにも嘘が多すぎます
政府行政そしてマスコミの放射能汚染に関する重要事項の隠ぺい、誤魔化し、捏造の流布などは
戦時中の大本営発表を超えています
それはネットに流れるホンの僅かな光明から人々が情報を交換し合い次第に真実が見えてきます

しかし、ネットに流れる情報の99%は嘘情報です
嘘とは不明確、不謹慎、捏造、陰謀、思い込み、ストレス解消、感情の発露などなど
ネガティブをあげればきりがないけど、その中には1%のダイヤモンドの原石が潜んでいます

国家の社会の情報機関が政治に覆われてしまった今日、ネットから真実を探す、そして
真実を発信するキュレーションこそ社会に希望を与える光脈であってほしい

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21