• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
意外と知らない新井薬師(あらいやくし)

意外と知らない新井薬師(あらいやくし)

Author:
mamewritermamewriter
Posted date:
意外と知らない新井薬師(あらいやくし)
鉄道駅にはあるものの、意外となんなのか知らない人も多い新井薬師(あらいやくし)の紹介。

新井薬師(あらいやくし)とは

梅照院(ばいしょういん)は、東京都中野区にある真言宗豊山派の寺院。一般には、新井薬師(あらいやくし)として知られている。山号は新井山。新井山梅照院薬王寺(あらいさんばいしょういんやくおうじ)と号する。
中野区最大の寺院であり、西武新宿線の駅名にもなるなど、都内でも有数の著名寺院である。駅前から山門にかけては商店街の続く門前町となり、地域住民からも新井薬師として古来親しまれている。

なお、新井の名は当地で新たに井戸を掘ったことに由来するもので、足立区にある西新井大師と同じ真言宗豊山派の寺院。高尾山薬王院、日向薬師、峰の薬師とともに武相四大薬師に数えられる。
また当寺の井戸水(白龍権現水)は、一般に開放されており、飲用水として多くの人がここの水を汲みに来る。
現在も、広大な境内に本堂、不動堂があるほか、境内の一部が公園になっている。
	

境内ではにぎやかな縁日がたびたび開かれ、日々楽しまれています。
年間を通して多くの行事が催されています。
	
	
	

アクセス

■西武新宿線
新井薬師前駅下車 徒歩5分

■JR中央線
中野駅下車(北口) バス5分

■関東バス
「新井薬師前」「北野神社」下車 徒歩1分

新井薬師前駅(あらいやくしまええき)とは

新井薬師前駅(あらいやくしまええき)は、東京都中野区上高田五丁目にある、西武鉄道新宿線の駅である。駅番号はSS05。
相対式ホーム2面2線を有する地上駅。ホーム有効長は8両編成分である。当初は島式ホーム1面2線だったが、後に相対式ホームに改修されている。ホームは急カーブ上に立地している。
2011年8月に都市計画決定した中井 - 野方間の連続立体交差事業案では島式ホーム1面2線を有する地下駅となる予定である。
下りホーム側に立地する駅舎に南口改札が、上りホーム側に直結して北口改札がある。北口は初電から上り終電までの営業である。各ホームは跨線橋により連絡している。トイレは駅舎の改札内に立地するが、多機能トイレは併設されていない。
急カーブが8両編成すべての位置で続いており、特に上り列車は1969年の跨線橋設置以降、ホームの乗客および運転手からの見通しが非常に悪くなったため、以後必ず列車進入時に手前の踏み切り通過後に警笛(タイフォン)を鳴らす(当駅沼袋寄り位置にいるか、および上りの乗車で必ず確認することができる。

出典:新井薬師前駅 - Wikipedia

	
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
mamewriter

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 グルメ情報収集が趣味で、グルメ系まとめが多いです。