• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
人気のメキシカンフードのブリトー

人気のメキシカンフードのブリトー

Author:
mamewritermamewriter
Posted date:
人気のメキシカンフードのブリトー
近年コンビニなどでも手軽に買えることで有名、人気になっているブリトーのご紹介。

ブリトーとは

ブリート(スペイン語: burrito)あるいはブリトーは、小麦粉で作られたトルティーヤに具材を乗せて巻いたメキシコ料理、テクス・メクス料理およびアメリカ料理。
メキシコ北部と隣接するアメリカ合衆国南西部では、単品の具を細く巻くのが一般的である。

アメリカ合衆国の他の地域では、米、インゲンマメ、レタス、トマト、サルサ、ワカモレ、チーズ、サワークリームなどをたっぷりと入れて巻いた、一つで十分食事になるぐらい大きなブリトーが一般的である。
具を巻く前に小麦粉のトルティーヤを柔らかくするため、軽く火であぶったり蒸したりすることもある。
ブリトーはチワワ州シウダー・フアレスの伝統的な軽食で、レストランや屋台で買って食べることができる。シウダー・フアレスには開店以来数十年になるブリトーの老舗がいくつかある。ブリトーは朝昼晩いつでも食べられる。よく用いられる具には、バルバコア(じっくりと焼いた牛肉のバーベキュー)、モーレ、ウィニース(winnys、ソーセージを刻んでトマトとチレのソースで煮たもの)、フリホレス・レフリトスとチーズ、デシェブラダ(deshebrada、牛の脇腹の肉をじっくりと焼いてほぐしたもの)、チレ・レイェーノ(英語版)(チレにチーズなどを詰め、衣をつけて揚げたもの)などがある。

出典:ブリート - Wikipedia

	

アメリカ合衆国で最も有名なブリートは具が多い大型のブリートで、メキシコではなく米国で生まれたと考えられている。よくみられるブリートのバリエーションのひとつに、ブリートにエンチラーダ風のソースをかけ、とろけるチーズをおろしてかけたウェット・ブリートがあり、タコベルではエンチリートという商品名で売られている。
	

絶品ブリトーの数々

最近では大手コンビニのセブンイレブンが多くの種類のブリトーを売り出したことで有名になり、手軽でおいしく人気も高いです。
日本において、ブリトーはメキシコ料理店やアメリカ料理店などで供されるのみで、一般にほとんど知られていない料理であったが、セブン-イレブン・ジャパンが「ブリトー」と称する商品をレギュラーメニューに加えて以降、その名前だけは全国的に知られるようになった。しかし、日本のセブン-イレブンの「ブリトー」は、小麦粉のトルティーヤを用いてはいるものの、メキシコのブリトーはもとより、オリジナル商品であったため、本格的なブリトーは現在も知名度が低い。

出典:ブリート - Wikipedia

	

入れる食材次第で多くの味が楽しめ、各種メキシカンフードのお店などでも人気メニューとして名を連ねています。

本格的なブリトーは多様な具を挟み、味の変化も楽しめます。
本場のものでは、豆類を入れ、サルサソースで味付けすることが多いです。

お店ではこんな風に多種多様な品数から挟む具を選んだりして楽しめます。

まだまだ日本ではお店は少ないですが、ファーストフード感覚で手軽に食べられ、好きな人にはたまらない味です。

おいしそうなブリトー動画

	
	
	

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
mamewriter

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 グルメ情報収集が趣味で、グルメ系まとめが多いです。