• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
クイニーアマン再び!90年代にヒットしたお菓子クイニーアマンについてまとめてみました。

クイニーアマン再び!90年代にヒットしたお菓子クイニーアマンについてまとめてみました。

Posted date:
クイニーアマン再び!90年代にヒットしたお菓子クイニーアマンについてまとめてみました。
クイニーアマンですが、まずウィキペディアの説明ですとこんな感じです。 
フランスのブルターニュ地方における伝統的な洋菓子の一種である。フィニステール県ドゥアルヌネの名物で、イヴ=ルネ・スコルディア(Yves-René Scordia)というパン職人によって1860年頃に創出された。名称はブルトン語で「バター(amann)の菓子(kouign)」という意味。 

出典:クイニーアマン - Wikipedia

	
クイニーアマンは、ティラミスほど人気は持続しませんでしたが、90年代に爆発的にヒットした事があるんですよ。(ご存じの方も多いかと思いますが)それまでもモチロン存在していたんでしょうけどあまり一般的なお菓子ではありませんでした。バターを折り込んであり、グラニュー糖でキャラメリゼしてあるので1個でも結構満足できるようなパンチ力があります。それでも、たぶん日本人の好みに合わせてに控えめにアレンジして売り出したのだと思います。検索して海外の方のクイニーアマンを見るとモーレツにキャラメリゼしたクイニーアマンが続々と出てきます。作り方の動画を見てみると、これでもか!と言わんばかりのグラニュー糖にまみれた生地がセルクルに収められていくところが見られて、偏食女子たちの爆食い動画を見るのと同じような快感を得られたりしちゃいます。o(´∇` *)/  最後の方に動画も載せてありますのでシルパンの上にどばーっ!セルクルにどばーっ!っとグラニュー糖をぶちまけるところで「おおー。」とか言いながら見てみて下さいね♡  
 

 クイニーアマンの形。

ナゼなのかは分かりませんが、一般的なクイニーアマンの形は2種類あります。ひとつはクルクルとロール状に巻いてカットした物と、四角くカットした端を中央に折り込んだものです。キャラメリゼしてあるのが通常かと思いますが、好みでキャラメリゼなしで作っている方もいらっしゃいます。 
	

クルクルロール型キャラメリゼなしバージョン

材料
∙ 6 人分
材料
400 g de beurre demi-sel à température
500 g de farine + pour le plan de travail et les moules
300 g de sucre
15 g de levure fraîche du boulanger

四角くカットして中央に折り込んだバージョン

材料
Vegetarian
∙ 12 人分
ベーキング & スパイス
1 Bread flour
1 Caster sugar
1 Sea salt flakes
1 Yeast, dried
乳製品
1 Butter, unsalted

こんな感じで型に入れて焼いていきます。

キャラメリゼたっぷりバージョン

板状にしたバターを折り込んでいますが、クロワッサンほどの量ではなくバターは一度だけの折込です。後は何度も伸ばしては折り込み、冷やしては折り込みを繰り返して作ります。
個人的な事なのですが、時々こういう手の込んだものを無心で作りたくなる事があります。陶芸をやりたくなるような、そんな感じでしょうか。楽しくお菓子を焼こう♪とかそんなノリで始める事はなく、特にイライラしている訳でもない、『気が付くと脳にもう何も入らなくなっている』そんな時に突然作り始めます。突如立ち上がって無言で作り始めるので家人に言わせるとかなり「怖い」ようです。アハハ 
 

 いたるんるんさんのクイニーアマン・レシピ

ご存じの方も大変多いかと思いますが、レシピ本を何冊も出版されているパン焼きブロガーのいたるんるんさんがクイニーアマンを作っておられたので、そちらをご紹介させて頂きます♡フォルムがとっても美しく、薄いキャラメリゼもとても美味しそうで、たぶん次に作るとしたらいたるんるんさんに標準を定めて台所に立っているような気がします。ヽ(* ̄▽)o とっても美味しそう♡ 

材料<9×5cmセルクル・3個>
A準強力粉 200g
A水 125g
A砂糖 5g
A無塩バター 5g
A塩 3g
Aドライイースト 小さじ2/3
有塩バター(折込用) 90g
砂糖(まぶし用) 60g
|| 工程画像付きで作り方が載っていますヨ☟
 

 カリフォルニア プルーン協会さんのクイニーアマン・レシピ

鉄分不足でフラフラになり、すげえ眠気に襲われていた頃にお世話になったプルーンに恩返しで、カリフォルニアプルーン協会さんのレシピも載せちゃいます。f(´∇`*) 貧血予防やイライラ解消にもなるので、プルーン、本当に良いですよ♡ コラーゲン生成のお手伝いもしてくれるのでお肌の調子もよくなるんですぜ♡  

材料
 
パン用強力粉 「レジャンデール」700g強力粉 「Sカメリア」300g砂糖100g塩24g脱脂粉乳30g生イースト30g水500mlカリフォルニア プルーン(成形個数分)25~28個有塩バター「エシレ」500gグラニュー糖(微粒でないもの)適量
クイニーアマン・プリュノーの作り方 
|| 画像は載っていませんが作り方が書いてあります。☟  
 

 クイニーアマン作りの動画です♡

冒頭でお話した動画です。海外の方の動画ですので何言っているのか分かりませんが、生地を捏ねる時に粉を入れた段階からゴムベラなんか使わずにいきなり手を突っ込んで混ぜ始めるところもなかなかです。手ごねでバシバシむぎゅーっと生地を捏ねたりするところも見どころです。そしてグラニュー糖で「おおー」な動画。とにかく気持ちが良いですよ♡
あ、そうそう2種類の形で成形しているところも見られます! 
	

 寒くなる時期がおすすめです♡

時間はかかりますが、クロワッサンやパイを作るより断然作り易いお菓子です。美味しさはテッパンです!頭を空っぽにしたくなった時以外にもおすすめのお菓子です。夏は生地がスグにだれてしまうので、これからの寒くなっていく時期は日毎に作り易くなっていきますよ。色んな意味でおすすめです♡  
最後までご覧頂きありがとうございました。
ギンアンコ。 

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ギン アンコ。

ギンアンコ。 元北海道民です。 疲れずに読んで頂ける記事を書くコトをモットーとしています。どうかみなさんが楽しんで頂けますように♡