• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
中華で人気の点心春巻き(はるまき)

中華で人気の点心春巻き(はるまき)

Author:
moepapamoepapa
Posted date:
中華で人気の点心春巻き(はるまき)
中華料理の点心の中でも、特に日本人に有名で手軽に料理に添えられる春巻きのグルメ紹介まとめです。

春巻き(はるまき)とは

春巻き(はるまき、「春巻」、「春捲」とも書く。中国語:繁体字: 春捲、簡体字: 春卷、拼音: chūnjuǎn、チュンヂュアン)は、中国料理の点心の1つ。
南方の広東料理では、豚肉、タケノコ、シイタケ、黄ニラなどを千切りにして炒めて醤油などで調味したものを、小麦粉で作った皮で棒状に包み、食用油で揚げたものが一般的である。香港や広州では、飲茶の際に食べることが多く、ウスターソースを付けることもある。
日本の中華料理店でもこのタイプのものが多いが、広東省や香港では黄ニラを使うことが多いのに対し、日本では緑のニラやネギを使うので風味が少し異なる。
山東料理の春巻は、比較的厚い皮を用い、外にさらに天ぷらのような衣や溶き卵を付けて揚げるという。関連は不明だが、山東料理が比較的多く伝わっているとされる大阪や神戸では、薄焼き卵を皮として用いた春巻を出す店が多い。これは北米生まれの中華料理であるエッグロールともよく似ており、全国展開を行っている大阪王将でも、西日本限定ではあるが「玉子春巻き」という名前でメニューに載せている。

出典:春巻き - Wikipedia

	

浙江省などの華中、華北では小豆餡を包んだ甘いものが多く、宴会料理の1品となることもある。また、ナツメ餡などを包むものもある。
皮がパリッと揚がっていることがおいしさの要件となるので、最初は比較的低温で揚げ、再度、場合によっては再々度、高めの温度で揚げ直すという手法をとることが多い。
元々は、立春のころ、新芽が出た野菜を具として作られたところから「春巻」と名付けられた。
	

奥深くておいしい春巻きの数々

点心として手軽に食べる揚げ物、くらいの位置づけから、今の日本ではお店、家庭の食卓、ともに工夫を凝らしおいしい春巻きを編み出そうとがんばっています。

パリパリサクサクの皮の中に熱々のおいしい具材、たまりません。

八宝菜春巻

中身をトロみがかった具材で作ると揚げた後の食感がたまりません。
皮はサクサク、中はトロっと、が絶品の春巻きです。

明太もちチーズ春巻

日本人好みのこのような変わり種春巻きもありです。

セロリの春巻

野菜中心の具材で作ると揚げ物ながら、さわやかな後味になります。

豆腐と高菜の簡単春巻

こんな和の食材を使ってもちゃんと春巻きになります。
それくらい融通の利く点心です。

海鮮ピザ風春巻

もはやどこの国の料理かわからなくなりますが、おいしそうです。

おいしそうな春巻き動画の数々

	
	
	
	

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。