• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【未来人】2062未来人が残した日本のこれから・・・

【未来人】2062未来人が残した日本のこれから・・・

Author:
じいじい
Posted date:
【未来人】2062未来人が残した日本のこれから・・・

2062未来人

自称2062年から来たという未来人。
2010年11月~12月、2011年7月、2012年12月に
2ちゃんねるオカルト板にてスレ住民と質疑応答を行った。
名前、年齢、住所は非公開であるが、質疑応答により日本人、男性であることは判明。

2010年の時点で
2011年3月11日の東日本大震災や原発事故を示唆する発言もあり、注目を浴びる。

これからの日本はどうなるのか・・・?

予言1:富士山は噴火しているか?

2062年現在噴火していない。が噴煙は上がったことがある。

予言2:魚は食べられるか?

ほとんど食べられない状況になっている。

予言3:福島の子供たちでガン患者は増えるか?

申し訳ない。(おそらく増えるということ。)

予言4:福島以外で原発事故は起きるか?

起こる。

予言5:神奈川県で水道水を飲んでも大丈夫か?

 問題ない。

予言6:女性の首相は誕生したか?

一度も誕生したことがない。

予言7:2062年で日本が敵対している国は?

無い。

予言8:自衛隊は存在するか?

存在しない。

予言9:日本に米軍基地は存在するか?

存在するが神奈川県の横須賀のみ

予言10:第三次世界大戦はいつ?

2030年より

予言11:日本は第三次世界大戦に参加するか?

参加する。(核は使わない)

予言12:第三次世界大戦による日本の被害は?

 核兵器だけは落とされない

予言13:第三次世界大戦はどことどこの衝突か?

アジア全域、アメリカ、ロシア、他

予言14:日本と中国は戦う?

戦う。(アメリカ、日本が応戦し、インドが立ちはだかる)

予言15:第三次世界大戦の原因は?

アジア内のある2カ国によるもの。

予言16:日本の天皇制は続いているか?

続いている。

予言17:中国は存在しているか?

存在していない。アジアの大半はインドになっている

予言18:中国バブルの崩壊はいつか?

年号は言えないが、日本にも大きな影響が出る。

予言19:反日感情を持っている国は?

ロシア人(インドとは良好な関係、中国&韓国は存在しない)

予言20:2062年におけるインドの人口は?

55億人

予言21:日本とアメリカの関係は?

今と同様、良好な関係が築けている。

予言22:世界の中心はアメリカ?

表面上の中心にはアメリカがいる。

予言23:石油がエネルギーの中心じゃなくなる?

代替エネルギーの台頭で中東は無残になる

予言24:台湾はどうなる?

日本になる

予言25:日本の首都はどこ?

東京

予言26:東京&名古屋&大阪のリニアはどうなっている?

日本全国がリニアで結ばれている

予言27:繁栄状況は?

地下都市が存在している。

予言28:天皇制は男のままか?

男性天皇が続いている。

予言29:日本の主力産業は何か?

ロボット産業

予言30:タバコはどうなっているか?

たばこ産業は相変わらず存在し、衰退していない。

予言31:お金は存在しているか?

紙幣も存在している。

予言32:資本主義社会は続くか?

資本主義経済の崩壊はない。

予言33:ソフトバンクは存在しているか?

世界でも有力なグローバル企業になっている。

予言34:Appleは存在しているか?

存在している。

予言35:Googleは存在しているか?

グーグルに関してはノーコメント

予言36:日本が大きく変わるのはいつごろか?

2020年代後半。

予言37:英語が世界の公用語か?

英語は共通語になっていない

予言38:英語の重要性は増すのか?

まったく重要ではない。母国語で十分

予言39:日本人の平均寿命は?

男93歳、女102歳。

予言40:年金システムは?

継続し年金はもらえるが、問題が発生している。

予言41:年金に頼っても大丈夫か?

年金を頼りにしない方がいい。

予言42:教育制度に変化は?

変わらず通学スタイルだが週2日。
これから先どうなるのか・・・。

期待と不安が募ります・・・。
参考:https://housekeeperman.com/%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E4%BA%BA-%E4%BA%88%E8%A8%80-%E7%9A%84%E4%B8%AD-%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81-2062/

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
じい

Sharetuber