• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
香り高く日本で最高級のキノコとなっている松茸(まつたけ)

香り高く日本で最高級のキノコとなっている松茸(まつたけ)

Author:
moepapamoepapa
Posted date:
香り高く日本で最高級のキノコとなっている松茸(まつたけ)
他のキノコと比較にならないほど高価で、日本最高級のキノコとなっている松茸(まつたけ)のグルメ情報まとめです。

松茸(まつたけ)とは

マツタケ(松茸、Tricholoma matsutake (S.Ito et Imai) Sing.)はキシメジ科キシメジ属キシメジ亜属マツタケ節のキノコの一種。腐植質の少ない比較的乾燥した土壌を好む。秋にアカマツの単相林のほか針葉樹が優占種となっている混合林の地上に生える。菌糸体の生育温度範囲は5-30℃、最適温度は22-25℃、最適pHは4.5-5.5であり、菌糸の成長速度は遅い。

その子実体はマツタケオールによる独特の強い香りを持ち、日本においては食用キノコの最高級品に位置付けられている。発生時期には地域差があり、高緯度の冷涼な地域での発生は、8月末頃から始まり九州などの比較的温暖な地域では、11月末頃まで発生する。梅雨頃に生える季節外れのマツタケはサマツ(早松)とも呼ばれ共に食用にされる。なお、マツタケの仲間にはよく似たキノコが多数確認されている。

マツタケを採るのは難しく、通常のキノコのように地表に顔を出して傘が開ききってしまえば、香りも味も落ちる。このため、地表からわずか1-2cm程度、顔を出したところを見極め、根本から押し上げるようにして採取する。シロの場所を知らない人間が、やみくもに探しても採取できない理由はこの点にある。また、地衣類の多い林地では傘が地上に見えないこともある。現在のところ人工栽培することができず、自然に発生したものを収穫する。
	

高くても人気の高い松茸料理

松茸ごはん

香りも、食感もよく、絶品炊き込みごはんになります。

炙り

松茸そのものを楽しむには、まんま炭火に。

評判

信濃大町駅前 信州の続深夜食堂 大町市スタンド割烹扇 松茸の茶碗蒸し ブログ
	
夕食
松茸ご飯

松茸茶碗蒸し

白菜とあげの炊いたん

小蕪の漬物
	
召し上がれ

松茸ごはんにカキフライ
ゴボウと三つ葉のお味噌汁
	
一応、ご飯はたべてますよという事で松茸炊き込みうどんセット。天ぷらには秋刀魚も入ってます。
	
松茸を戴いた。
ホイル焼きと松茸ごはん。
あぁ~、いい香り~。
	
信濃大町駅前 信州の続深夜食堂 大町市スタンド割烹扇 松茸と信州プレミアム牛のすき焼き ブログ
	

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。