• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
遊園地で起こってしまったヤバすぎる事故 5選

サムネイル出典:

遊園地で起こってしまったヤバすぎる事故 5選

Author:
IMPACT STORIESIMPACT STORIES
Posted date:
Update date:2018年11月09日
遊園地で起こってしまったヤバすぎる事故 5選
遊園地で、絶叫系のアトラクションに乗り、スリルを楽しむ人も多いと思います。

しかし、あのジェットコースターの安全装置が壊れていたとしたら…

あの絶叫マシンを操作している人が、いい加減な人だったら…

こんなアトラクションにあなたは、乗りたいと思いますか?
さすがに怖いですよね。。。

改めまして、こんにちは!
今回は、遊園地で起こってしまったヤバすぎる事故 5選をご紹介します。
それでは、安全が確認できましたら見に行きましょう!

オーストラリア・ドリームワールド

オーストラリア東部ゴールドコーストにあるテーマパーク
「ドリームワールド(Dreamworld)」で川下りのアトラクションで事故が発生し、
男性2人、女性2人の計4人が死亡しています。
ベルトコンベヤーを利用した人気のアトラクション
「サンダー・リバー・ラピッズ・ライド(Thunder River Rapids Ride)」は
円形のゴム製でいかだ状の乗り物に最大で6人まで乗車でき、激流を下るというもの。

事故当時、突然不調になって通常通りの動きをしていなかったライドに、
後続の6人が乗車していたライドが追突し転覆。

はずみで乗っていた2人が投げ出されてしまい、2人は座席に閉じ込められてしまいました。
残りの2人は奇跡的に助かったとのことです。
ドリームワールドは、事故後直ちにパークを閉鎖し、
警察、緊急救援関係各位に協力、事故のいきさつの確立に努め、

「事故にはパーク一同もショックを受け、悲痛な思いをしている。
事故に遭われた方々と家族の方々には申し訳ない思いでいっぱい」と述べました。

また、この死亡事故をうけ、サンダー・リバー・ラピッド・ライドを
永久に停止することを発表しています。

フランス・移動遊園地での死亡事故

フランス中部リヨン近郊ヌービルシュルソーヌでの移動遊園地の
遊具で事故があり、子ども連れの父親が死亡するという悲しい事故が起きています。

事故は14の座席が上下しながら旋回するアトラクションが突然崩壊し座席が床に激突。
その際に乗っていた人々が投げ出されたというものです。
この事故により1人が死亡、12人が負傷する事態になりました。
関係者によると、乗り物の崩壊は突然のことであり、技術的な過失によるものと説明。

この管理を行っていた人物はアトラクションを誤作動させて男性を死亡させたとして、
安全配慮義務への違反と殺人罪、傷害罪に問われ、遊園地は閉鎖されました。

フランス・ルナパーク遊園地

ロワジール島の遊園地”ルナ・パーク(Luna park)”にある、
逆バンジーで、空中で片側のワイヤーが切断され、乗り物は支柱に激突し、
乗客が乗り物ごと宙ぶらりんになるという事故がありました。

これは大きなボールのような乗り物が地上から空中へと放り出されるという
逆バンジータイプのアトラクションです。

事故後、約1時間宙づり状態になったまま、レスキューではなく、
テーマパーク職員による救助活動がされたと報じられています。
乗っていた2人は救出されましたが、24歳の女性が負傷しており病院へ搬送されました。
遊園地の担当者は、”ゴムロープの工場出荷時の欠陥によるものだった”と話し、
アトラクションの日常的な点検などへの言及は確認できていません。

この責任逃れともとれる発言や、事故発生後すぐに消防へ通報しなかったことからも
この組織自体が大きな問題に侵されていると言えるのではないでしょうか。

このパークが、とても、命を預けられる場所ではないことだけは確かです。

スコットランド・「M&D」

スコットランドのグラスゴー近郊にある遊園地で、“TSUNAMI”と呼ばれる
人気のジェットコースターが脱線し、約10メートルの高さから乗客を乗せたまま
地上に落下する事故がありました。

脱線して落下したのは5基のゴンドラで、その多くがうつ伏せの状態で
地面に叩きつけられたもようで、負傷者は大人2名、子供8名の計10名と発表されています。

大変な数の救急車や消防車が次々と到着すると現場はものものしい雰囲気に包まれ、
「子供たちが泣き叫び、まるでホラー映画のようだった」との声もあり
訪れていたすべての客を震撼させました。
同遊園地はこの事故の以前にも、ジェットコースターのリフトチェーンに不具合が生じて
地上18.2mにてゴンドラが急停止し、9人の乗客が8時間にわたり閉じ込められる事故が発生。

レスキュー隊が駆けつけて救助にあたるような、重大な事故が続くこのテーマパークも
とても命を預けられる場所ではありません。

イギリス・アルトンタワーズ

ジェットコースター2台が空中衝突し、客の足を切断する大惨事が起きています。
事故が起きたのは、テーマパーク「アルトン・タワーズ(Alton Towers)」の
“Smiler”(スマイラー)というジェットコースターで、
16名を乗せて運転中であった1台に対し、乗客の乗っていない1台が突っ込んだのです。
現場では悲鳴が響き渡り、放心状態の者も多く、まさに地獄絵図となり
コースターに乗っていた客はほぼ全員が手当てを受けたとされ、
至るところに血の海ができていたとも伝えられています。
このコースターは以前に2度にわたり故障、事故を起こしており
「同様の事故を繰り返す遊園地」として非難されている中、
別のジェットコースターが追突事故を起こして人々を呆れさせています。

さらに、それから1か月もたたないうちに、別のソニック・スピンボールという
ジェットコースターがまたしても追突事故を起こしており、
「世界で最も訪れてはいけないテーマパーク」の汚名を
揺るぎないものとしてしまいました。
最後までお読みいただきありがとうございました。
今回はいかがでしたでしょうか。
初めて行く遊園地は、よく調べてから安心していったほうがいいですね。
動画版はこちらです。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
IMPACT STORIES

世界の仰天情報や都市伝説、雑学など びっくりするような、楽しくなるような 情報に迫って配信していきます!