• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
「犬派・猫派はこんな人」って合ってますか?実体験とネットの声拾ってみた

サムネイル出典:

殿堂

「犬派・猫派はこんな人」って合ってますか?実体験とネットの声拾ってみた

Author:
原田サキ原田サキ
Posted date:
「犬派・猫派はこんな人」って合ってますか?実体験とネットの声拾ってみた

犬派、猫派、性格って本当に違うの?

よくネット上で「犬派、猫派はこんな人」なんて記事を見かけますね。読んでて楽しいですが、ん?当てはまらないかな?と思う事もありますよね。

周囲に犬好き猫好き両方いるので、ネットの声と周囲の声、実体験から軽く検証してみました。

一般的にこんな傾向みたいです

●犬派469人、猫派336人がサンプルになっています。

人見知り、団体行動が苦手、インドア、感受性が豊かなのは猫派が多いです。アクティブ、社交的はやっぱり犬派が上回りますね。

面白いなと思ったのは犬派の「忍耐力がある」が多く「おおらか」「面倒くさがり」が少し少なくなる所。

毎日の散歩は勿論、躾に根気がいることや、犬の大きさや種類によっては「まあいいや」の躾で済まされないことがあるからでしょうか。

我慢強く向きあう姿が浮かびますね。
調査手法  : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
調査地域  : 全国47都道府県
調査対象  : 20~69歳の男女
調査期間  : 2018年4月6日(金)~4月9日(月)
有効回答数 : 1,000サンプル
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります

出典:犬派vs猫派対決!多かったのは…

 「クロス・マーケティング」からです。

それぞれの魅力を語ってもらう

犬派
やっぱりベタベタしてくれて可愛い(*^^*) 
散歩は確かに面倒だけど、そのおかげで毎日適度な運動ができて太らずにすんでるよ。 
毎日の朝晩あわせて1時間半も歩いてるからねー 

出典:猫派ですか?犬派ですか? | ガールズちゃんねる - Girls Cha...

「ガールズちゃんねる」のコメント。
「表情が素敵 好きって気持ちをダイレクトに伝える感じが好き  甘えん坊なところが可愛い」

「顔つきが大好き。笑ったような表情、情けない表情、嬉しそうな表情、からだいっぱいで喜ぶ姿、全部好き。」

出典:犬派vs猫派対決!多かったのは…

先程のアンケートグラフの「クロス・マーケティング」からです。
★いついかなる時も私の望む距離に居てくれて、嬉しい時も
  悲しい時も常に心に寄り添ってくれるところ。
  大喜びしている時のハイタッチなんて、犬じゃないと出来ません!

出典:気になる!みんなのハテナ??結果発表 - ペット用品の通販サイ...

ペット用品通販の「ペピイ」より引用。
猫派
「もふもふのおなか、ぷにぷにの肉球、じゃれた時の可愛さ。 」

「ミステリアスでツンデレで距離感が程よい感じ。」

「こっちが遊びたい時にはかまってくれなくて、忙しい時にかぎって甘えてきたりする気まぐれがたまらない!! 」

出典:犬派vs猫派対決!多かったのは…

「クロス・マーケティング」から。
猫は「程よい距離感」が良いですね。主従関係ではなく、あくまで対等。
  と、いうか、気がついたら「お猫様」の下僕と化していました(笑)

出典:気になる!みんなのハテナ??結果発表 - ペット用品の通販サイ...

ペット用品通販の「ペピイ」より引用。

●犬派の人は表情の豊かさ、真っすぐに慕ってくれる、どんな時もそばにいてくれる愛情深さや感情表現の豊かさが好きな傾向。

猫派の人は適度な距離感や、対等な感じが好きなんですね。気まぐれな所の面白さ、触り心地や見た目の美しさも含まれるようです。

お互いの印象を語ってもらう

犬派の猫の印象
猫は友人宅へ遊びに行った時など、直接触れる機会がある度に感じるのが、何を考えているのかいまいちつかみかねてしまうため、ペットとして飼うにはちょっと躊躇してしまいます。

出典:比較対決まとめ.COM

「比較対決まとめ.COM」のアンケートです。
・ 「近所のネコが、よく家の庭で穴を掘ってウンチをしていく。飼い主のしつけが悪いと思うけど、いつもそれに悩まされている」(40代女性)

出典:「犬派vsネコ派」論争がついに決着!?「どっちが嫌い?」の...

「しらべぇ」のアンケートです。
猫派の犬の印象
猫はあるていどほっておいても大丈夫ですが犬はそれでは寂しがってしまいかわいそうなのでそこが重荷に感じます。

出典:比較対決まとめ.COM

こちらも「比較対決まとめ.COM」
「犬種にもよるけど、襲われそうなイメージがある」(20代女性)

出典:「犬派vsネコ派」論争がついに決着!?「どっちが嫌い?」の...

同じく「しらべぇ」のアンケートです。

●犬派の人は猫の表情がつかみにくい所。最近は完全室内飼いも増えたようですが、目が届かないのに、単独で外に出してしまう所が苦手のようです。

猫派の皆さんは適度な距離感を求めるので、犬の常に一緒に居たがる気持ちの重さ、後はやっぱり「怖い」というのが多かったです。

グラフと声、ほかのサイト達からの傾向

恋愛傾向はこうなってるよ

・遠距離恋愛OKは猫派女性が少し多いですが、なぜか猫派男性が目立って少ないです。適度な距離感は…?謎です。

・ドラマチックな恋愛が好きなのは犬派女性!しかし、猫派男性はその約半分しかいないので、相性が悪そうです。

ちなみに猫派は男女ともぐんと下がって、穏やかな恋愛を好むようです。

・SかMか…構いたがりか、構われたがりという事でいいのでしょうか?犬派男性がダントツです。

・デートで割り勘を好むのは男性が多いですね。その中でも猫派男性が少し多め。女性はほとんど変わらずです。

「infographic.jp 」のグラフです。

SNSの使い方が違ってた

グラフのデコボコの形はあまり変わらないですが、数字が違ってきました。

「自撮りよりも大勢の友達との写真」「旅行先の写真」を投稿するのは犬派が多いですね。

ハッシュタグをたくさんつけるのも「大勢の友達」たくさんの人と繋がりたい、社交的な人が多いからでしょうね。

「いきもんぱらだいす」のグラフです。

なんとなくこんな傾向?

■犬派

・社交的
・皆で遊ぶのが好き
・アウトドア、運動、外で遊ぶのが好き
・「パートナー」を求める
・時間や規則を守る
・忍耐強い
・構いたがり

■猫派

・1人でいることが好き
・マイペース
・インドア派
・クリエイティブなことを好む
・感受性が豊か
・あまりベタベタは苦手
●いくつかの「犬飼い猫飼いはこんなタイプ」のようなサイトを見てみましたが、大体共通しているのはこんな感じでした。そのまま犬、猫の個性とよく似ていませんか?

実は違うところもありそうな…

1・社交的?内向的?

犬は元々群れの生き物。なので犬同士で挨拶したり、仲良くなると一緒に遊びたがったり。犬が楽しめるように飼い主も群れる事になるのです。躾の情報交換もしたいんですよね、ママ友みたいなものかな?

お留守番が平気な猫と暮らしていると、猫飼いさんも出掛ける事が好きで、よく出歩く人もいそうな気もします。

2・アウトドア?インドア?

元々アウトドア趣味の人は、どうしても犬になりますね。

勿論アウトドア趣味の無い人もいますが、実は散歩ばっかりだと飽きる時もあるんです(笑)。なので休日は山や川、公園、旅行に行って一緒に気分転換です。

犬もお出かけ好きな子も多いし、色々見せて楽しませてあげたい。楽しみながら、お散歩もさぼれて一石二鳥です。

周囲の猫飼いさんを見てると、お出かけはライブや食事、飲み会などと、ペットがいない人とあまり変わらない印象です。
次に、恋愛は尽くすタイプかどうかと聞いたところ、「はい」と回答したのは、多い順に「犬派女性(52.2%)」、「犬派男性(50.0%)」、「猫派女性(49.3%)」、「猫派男性(39.3%)」だった。

出典:犬好きはS、猫好きはMが多い!? -男女1,000人に聞いた犬派・猫...

「ウーマンエキサイト」のアンケートです。

3・尽くす?尽くされたい?

上のアンケートでは男性の犬派、猫派で「尽くす、尽くさない」が、かなり違いますね。

女性は犬派52.2%、猫派49.3%です。1000人を男女きっかり500人ずつアンケートしたとすると、261人、239人と、ほとんど変わらないみたいです。

ところで魅力として挙げられてたのが「猫はツンデレ、気まぐれ」。この子たちと暮らすなら、飼い主側が尽くさないといけない気がしますがどうでしょう。

犬は逆に真っすぐ愛情をぶつけるし、人間の生活に合わせるので、逆に尽くされている気もします。

4・コミュニケーションは好き?苦手?

実は犬飼いさんの中に「人の気持ちは変わってしまうけど、犬は絶対裏切らない」「どんな辛いときも、犬だけは寄り添ってくれた」という人も意外といるんですよね。人間不信みたいな感じでしょうか、本心を開かない人もいます。

周囲の猫飼いさんの場合に限りますが、案外そこまでではないかなあ~という気もします。マイペースで「私は私」という人が多いな、というのは感じます。

ところで私の愛犬が癌になった時、一緒に泣いてくれたり「この食べ物が良いよ」と、積極的に情報をくれたのは犬飼いさん達。猫飼いさん達は、そっと見守ってくれる、違う形の優しさがありました。

やっぱり個性はそれぞれ

極論になっちゃいますが、飼い主さんの個性もそれぞれですよね。改めて調べてみると私は犬派ですが、猫派飼い主の性格にかなり近いです。

色々なアンケート結果も「確かに!」と思ったり「犬猫あまり違わないな」と思ったり、面白かったです。

「似ている方を好きになる」とよく見ますが、暮らしてる犬猫それぞれに合わせて、人間の方の行動パターンや気質が似る可能性もあるのでは?と思えてきました。

さらに
1・性格が犬っぽい犬派
2・性格が猫っぽい犬派
3・性格が犬っぽい猫派
4・性格が猫っぽい猫派
この4種類にわかれる可能性もありそうです。または、違うから惹かれるケースも。

両方好きな人や飼ってる人はどうなるのかなあ。

興味深いので、周囲の犬派、猫派の傾向を、機会があったら観察してみようと思います。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
原田サキ

3年ほどウェブライターをした後、現在は再び会社員に。 世の中に溢れる、隠れるたくさんの情報、特に社会的な疑問を色々と発信したいです。 個人的な趣味も♪