• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
育毛剤よりもすごい、育毛サプリについてまとめてみた

育毛剤よりもすごい、育毛サプリについてまとめてみた

Author:
duaneshermanduanesherman
Posted date:
育毛剤よりもすごい、育毛サプリについてまとめてみた
育毛剤はドラッグストアでも宙吊りの広告スペースでも頻繁に見かけますよね。
薄毛の自分もこれまでにチャップアップやイクオスなどを使ってきていますが、実際のところ爆発的に生えたという経験をしたことがありません。

そこで、飲むタイプに移行しようかなぁと思ったので、まとめてみました。

育毛サプリメントってなに?

簡単に言えば、育毛剤が塗るタイプだとすれば、育毛サプリメントは"飲むタイプ"の育毛剤です。
薄毛予防であれば、育毛サプリを利用するのも有効な方法ですね。

髪の毛の健康に良い栄養分を摂取できるので、抜けにくくて丈夫な髪の毛に成長します。
	

本当にそんなに簡単に生えるのでしょうか・・・

頑張るぞ!
彡⌒ミ
(`・ω・´) 【育毛サプリ】

15ヶ月後…

彡⌒ミ
(´・ω・`)生えなかった



何か可愛いので、生えなくても許せる
やっぱり・・・

実は、成分的にはAGA(男性型脱毛症)を阻害できる

ノコギリヤシ

元々は前立腺肥大の治療のために使用されていましたが、摂取した患者の薄毛の進行が止まったことがはじまりです。

男性にとってはノコギリヤシは素晴らしい成分ですが、男性ホルモンにはたらきかける性質のため、女性の方は念の為注意してください。

ノコギリヤシは育毛サプリの成分として配合されていることが多いです。

飲むタイプの育毛サプリを選ぶときは、これが含まれているか確認しましょう。

出典: 【最先端】育毛サプリおすすめランキング|ハゲ薄毛に効果...

おお。こういうのこういうの。
亜鉛

髪の毛の90%を占める”ケラチン”を生成するために不可欠なのが、亜鉛です。

外から摂取しない限り体内で作りだすことができない貴重な成分です。

抜け毛やハゲなど、髪の毛のトラブルの原因が、実は亜鉛不足によって引き起こされている可能性もあります。

亜鉛を適正量摂取していたら、明らかに髪質が変わったという方も多いです。

牡蠣などに多く含まれています。

出典: 【最先端】育毛サプリおすすめランキング|ハゲ薄毛に効果...

亜鉛はものすごく頻繁に聞くワードですが、こういう風にロジックがわかると、飲むモチベーションアップできますよね。

ノコギリヤシがどうやらすごくいいらしい。

果実は脂肪酸やフィトステロールに富み、その抽出物は前立腺肥大症 (BPH) の治療薬として研究されている。脱毛症[12]・多嚢胞性卵巣症候群などの高アンドロゲン状態にも用いられているが、その場合の効果は実証されていない。

欧州では伝統生薬製剤の欧州指令に従い医薬品ともなっている。

有効性
多くの臨床試験のメタ分析からは、抽出物は軽-中度のBPHに対してフィナステリド・タムスロシンより安全で効果的であるという結論が出た[13][14]しかし、その後の2つの大規模臨床試験ではプラシーボとの差異は見いだせず[15][16]、これらを含めたメタ分析では「BPHによる尿路症状に対してはプラシーボより効果的とは言えない」という結果となった[17]。これらの臨床試験は1年間で行われたが、2年間を超えて使用するとその効果はフィナステリド・タムスロシンに匹敵し、手術が必要となる確率を低下させたという報告もある[18]。

出典:ノコギリパルメット - Wikipedia

うん?すごくないこれ?ノコギリヤシ氏。ノコギリヤシシ。
返信先: @kadimilsonさん
こないだの放送で、尿意にはノコギリヤシと青竹踏みがいいって言ってました。
頻尿にも効くのだとか。

プロペシアの原料にもなるノコギリヤシ

AGAの最強の薬はプロペシア!!
ただちょっと抵抗ありますよね!!
そんなあなたは天然のプロペシアと言われるノコギリヤシをお試しあれ!!
そうなんですよぉ、プロペシアの成分のフィナステリドって、医薬品でもあるしちょっと抵抗あるんですよね。

とはいえ、育毛サプリを効率よく摂るなら、運動めっちゃ大事っぽい。

男性型脱毛症のリスクに関係する遺伝的要素は多数ある。たとえば男性ホルモン受容体の多型性や頭皮での密度と分布、頭皮の5αリダクターゼの量などである。 30年前の本邦における男性型脱毛症の統計おいて、日本人男性の発症頻度は全年齢平均で約 30%と報告されているが、この発症頻度は現在もほぼ同程度である。 [13]

適度な有酸素運動の習慣を身に付けることで、DHTのベースラインが大きく上昇する。[14]ただし、マラソンなどの強度の持久力運動を行った場合は、コルチゾールの働きによって、遊離テストステロンのベースラインが下がることが確認されているため、[15]DHTのベースラインも下がると考えられる。コルチゾールとは、ストレスホルモンの一種のことであり、精神的ストレスを受けることでも増加する。

血中インスリンのレベルを下げると、性ホルモン結合蛋白(Sex Hormone Binding Globulin, SHBG)のレベルが上がる。SHBGはテストステロンと結合し、血中の遊離テストステロンを減らす。DHTに変換されるテストステロンは遊離型のみである。(頭皮のDHTレベルや男性型脱毛症の進行に関連しているのは男性ホルモンの総量ではなく、血中の遊離男性ホルモン量である。) [16] [17]

男性型脱毛症はメタボリックシンドロームとも関係している。医学的には男性ホルモンの増加が体調を悪化させることはなく、男性ホルモンがメタボリックシンドロームの原因になることもないと言われている。一方、高いインスリンレベル(と恐らく慢性的な炎症)は脱毛症やメタボリックシンドロームに関連しているのではないかと思われる。[18] 男性は、インスリンによる卵巣でのアンドロゲン産生の代謝経路を持たないため、女性と比較して、インスリンによるアンドロゲンの影響を受けにくいと言われているが、生活習慣に注意してインスリンレベルを低く保ち、慢性的な炎症を減らすことで、男性型脱毛症の進行を遅らせる可能性があるかもしれない。[19] [20]

出典:

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
duanesherman