• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
NGT48山口真帆の襲撃騒動

NGT48山口真帆の襲撃騒動

Author:
seo-shareseo-share
Posted date:
NGT48山口真帆の襲撃騒動
 山口真帆 - エケペディア はてなブックマーク数

山口真帆 - エケペディア

山口 真帆(やまぐち まほ、1995年9月17日 - )は、NGT48チームGの副キャプテン。青森県八戸市[4][要高次出典]出身。AKS所属。

48pedia.org

山口真帆暴行被害の経緯・真相まとめ
    1. 2018年、NGT48のメンバー内にファンと恋愛関係にある者がおり、山口真帆がその事実を運営側(支配人・今村悦朗)に報告
    2. 今村悦朗は何らかの処分や解雇も検討すると山口真帆を諭すも、何も行動には移さず、処分も下されなかった
    3. 2018年12月8日、山口真帆による運営への密告・チクリに激怒した“某NGT48メンバー”が男性2人に山口真帆の自宅住所や帰宅時間、電話番号などの個人情報をバラし、暴行を指示・関与
    4. 男性2人は2018年12月8日午後9時頃、公演を終えて帰宅してきた新潟市内の山口真帆の自宅を突如訪問し、驚いた山口真帆が大声を出そうとすると、首や顔を掴み、押し倒そうとするも未遂で終わる
    5. 駆けつけた警察によって男性2人は逮捕されるも、「山口真帆と仲良くなりたかっただけ」との証言が信用されたのか、もしくは、具体的な暴行の被害が無いと判断されたのか、すぐに釈放される
    6. 山口真帆は警察に暴行被害を訴える際、“NGT48のアイドル”としてではなく、“一般の23歳の自営業”による被害の通報という形にしてもらうよう懇願し、メディアへの情報流出や大げさに報じられることを防いだ
    7. 山口真帆はNGT48の運営側や支配人の今村悦朗らに暴行被害を打ち明け、男性2人に自宅などの個人情報をバラした暴行事件関与のNGT48メンバーへの処分を要請するも、1ヶ月経った現在も何も対処をしてくれていない状況
    8. 2019年1月8日夜、耐え切れなくなった山口真帆が『SHOWROOM』で問題のライブ配信を行う

出典:山口真帆暴行関与の犯人NGTメンバー特定!被害内容がヤバすぎ!削除動画&ツイート画像アリ

	
NGTメンバー襲撃騒動で『Z会』がとばっちり 過去にもあった“無関係なのに被害”

アイドルグループNGT48に所属する山口真帆がファンを名乗る男性から暴行を受けた事件において、思わぬとばっちりが生じた。大学受験などの通信教育事業を行うZ会が「事件とは無関係」と声明文を発表したのだ。

 これは山口を襲った人物たちがグループとして、「ジョー会」を名乗っていたといわれる報道に端を発したものである。これを報じた『週刊文春』(文藝春秋)が、「ジョー会」をイニシャルで「Z会」と表記したところ、同じ名前の会社が話題となってしまったのだ。

出典:NGT48山口真帆の襲撃騒動で『Z会』が声明文発表 襲撃グループのイニシャル表示で誤解|ニフティニュース

	
真面目だね、というのは褒め言葉だろうか。社会に出れば言外の意味を感じることもある。個人的な話で恐縮だが、マスコミや広告業界で働いていると、それは「つまらない奴」「考えすぎ」「堅苦しいね」の婉曲表現としてぶつけられることも多い。そんな時、恥ずかしさと哀しみが両方こみ上げるような、言いようのない気持ちになるものだ。

 さて、なんで真面目にやってる子が守られないの、というつぶやきを残していたNGT48の山口真帆。これを書いている段階では、例の襲撃事件の真相はまだ明らかになっていない。支配人が更迭となり、第三者委員会が立ち上げられるという決定が発表されたのみだ。しかし、様々な疑惑や運営側への批判は論じ尽くされている。ここでは彼女の「真面目さ」と芸能界の関係について考えてみたい。

出典: NGT48の問題 山口真帆の真面目さは芸能界で得にならなかったか

	
まほほん号泣配信 1/2
	
山口真帆ちゃんの事件 NHKニュース
「NGT48」山口さん宅に 男2人押しかけ
	
新潟を拠点に活動するAKBアイドルグループ「NGT48」のメンバー、山口真帆(23)が2019年1月8日に配信したライブ配信動画の中で、先月の公演終わりに新潟市内の自宅玄関先で男性2人(一部報道では3人)に暴行を受けていたことを告白しました。

しかも、山口真帆の証言によれば、その男性2人組は同じNGT48に在籍する他のメンバーの部屋から現れ、山口真帆の帰宅時間や自宅住所、電話番号といった個人情報をそのNGT48メンバーから教えられた、というんです。

もしもそれが真実であれば、単なるファンによるストーカー事件というだけでなく、同じNGT48メンバーによる暴行の指示や教唆があったことになり、アイドル史上稀に見るとんでもないスキャンダルとなります。

そこで、この記事では自宅玄関先で2人の男性から暴行の被害があったことを涙ながらに告白したNGT48・山口真帆の「SHOWROOM」配信動画や事件の真相、一連の被害を詳しく説明する山口真帆本人のツイート画像、そして彼女へ暴行するよう個人情報を犯人に流出・リークさせた“暴行関与の犯人NGT48メンバー”と噂される4名の真犯人についても詳細に紹介していきます。

出典:山口真帆暴行関与の犯人NGTメンバー特定!被害内容がヤバすぎ!削除動画&ツイート画像アリ

	
私は普段から警戒心が強く、家に入るとき、部屋に入るときも最新の注意を払って行動していました。

その日も廊下に誰もいないことを確認して部屋に入りすぐにドアをしめようとしたら手が出てきました。そこからこじ開けられました。そこから顔をつかまれ押し倒されそうになりました。必死に追い出そうとしました。負けたら殺されると思ったから絶対負けちゃいけないと思い、もう少しでその男たちを追い出せそうでした。

そうしたら、違う男が向かいの部屋から出てきました。その部屋は違うメンバーが住んでいた部屋でした。男は最初の男と変わって私の顔を掴み、同じように押し倒されそうとしてきました。

助けてと叫ぼうとしたけど怖くて声が出ませんでした。一分ぐらいしてやっと声が出せました。「たすけてたすけて」と叫びました。男は私の口を塞ぎました。そのまま家に閉じ込められて殺されるかと思いました。途中エレベーターの音がなり男たちの気がそれたときに、このまま家の中に入られたら閉じ込められて何をされるかわからないと思ったので、自分ごと廊下に出ました。だけど、怖くて足がすくんで逃げられませんでした。警察に通報しようとしたら携帯をとられました

出典:NGT山口真帆暴行事件の経緯を時系列でわかりやすくまとめました!

	

【NGT48山口真帆の暴行騒動】NGT48運営、20代の元女性スタッフの嫌がらせ被害を否定|ニフティニュース

NGT48・山口真帆の暴行騒動をめぐり、NGT運営が、元スタッフの嫌がらせ被害を否定した山口に暴行した“アイドルハンター集団”から嫌がらせを受け退職したと報じられていたNGT運営は「そのような事実は一切無い」とし、記事を掲載した新聞社に抗議したという

news.nifty.com

NGT48山口真帆暴行事件問題は「新たな証拠で再起訴可能」と住田裕子弁護士|ニフティニュース

TBS系「アッコにおまかせ!」で住田裕子弁護士がNGT48山口真帆の事件について言及運営会社AKSの会見で、運営責任者兼取締役の松村匠氏はコメント自粛を4回繰り返した住田氏は、流動的な中なので捜査という言葉を口実にしたのではという見解を語った

news.nifty.com

NGT48犯人が山口真帆の向かいの部屋は太野彩香の部屋だった?文春の嘘?|青空文庫のトレンド新着情報

NGT48の山口真帆さんが男性二人に暴行された事件で、犯人が山口真帆さんを待ち伏せしていた向かいの部屋はファンが一年前から借りていた部屋だったと文春が報道しましたが、 SNSなどの発言や画像などから、実は太野彩香さんは引

su-ki-da.com

NGT48山口真帆の暴行被害に「ポイントは差し向けたメンバー」「同じグループのメンバーに売られてしまったショック」と続々テレビ報道 - wezzy|ウェジー

 9日にNHKが報じた、NGT48山口真帆に対する暴行事件を、10日には各局の情報番組も取り上げた。この事件は昨年12月…

wezz-y.com

【NGT48】山口真帆かわいそう!太野彩香の解雇と今村支配人の辞職を求める!

2018年12月にNGT48の山口真帆(まほほん)さんの自宅に男2人が押しかけ暴行未遂した事件について、運営のAKSが山口真帆さんが謝罪させたことが『かわいそう』『おかしいだろ』と話題になっています。

bert-bert.com

指原莉乃が運営へ異例の苦言、NGT48山口真帆騒動受け決断

NGT48・山口真帆(23)が1月9日、自宅でファンの男2人に暴行されたとTwitterで告白。そんななかで指原莉乃(26)が運営のあり方を非難し、ネットでは大きな反響を呼んでいる。自身のTwitterアカウントで「私は先月公演終わり帰宅時に男2人に襲われまし

blogos.com

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
seo-share

Web作成、SEO集客、物販アフィリエイトを得意としております。 その他コピーライティングや、行動心理学なども合わせて勉強中で、皆様の参考になるページをわかりやすくまとめることをモットーに精進していきたいと思います。