• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
GWの予定におすすめ【日本の秘境】を紹介!

GWの予定におすすめ【日本の秘境】を紹介!

Author:
kumaliftkumalift
Posted date:
GWの予定におすすめ【日本の秘境】を紹介!
今年のGW(ゴールデンウイーク)の予定はもう決まったでしょうか。2019年に限り新天皇の即位の日である2019年5月1日は祝日となり、GWは10連休となります。せっかくの長い休みなのでとっておきの場所に出かけたいと考える人は多いのではないでしょうか。

本記事ではGWの予定におすすめな日本の秘境を紹介していきます。

花の浮島「礼文島」

	
北海道の北部、稚内の西方60キロメートルの日本海上に位置する礼文郡礼文町に属する礼文島。この島は別名「花の浮島」と呼ばれています。これは一番北の島、海抜0メートルから高山植物が咲くという、礼文島独特の植生が見られるためです。約300種類以上の花が礼文島内に咲き乱れます。

鉄府漁港から澄海岬に通じる丘の上

幻の橋「タウシュベツ橋梁」

タウシュベツ川橋梁の一年
北海道上士幌町の糠平湖にあるコンクリート製アーチ橋・タウシュベツ川橋梁4~5月GWが全貌が見える時期で、夏の間は湖に沈むことから限られた季節だけ姿を現すという幻の橋とも呼ばれています。

11個のアーチは古代ローマ時代の水道橋を思わせる美しい造りです。年々風化が進み、近い将来崩落するともいわれているのでまだ見たことない方はGWなど長期休暇に足を運んでみてはいかがでしょうか。

神秘の湖「五色沼湖沼群」

【4K空撮】神秘の五色沼!fukushima-Japan
福島県の裏磐梯にある色沼湖沼群。1888年(明治21年)に起きた磐梯山の噴火で磐梯山の噴火によってつくられた大小30ほどの湖沼が点在する景勝地です。青からエメラルドグリーンなど、さまざまな色をみせてくれる湖沼は神秘的な魅力を持っています。

毘沙門沼・赤沼・深泥沼・弁天沼・瑠璃沼・青沼・柳沼など約1時間ほどの散策コース「五色沼自然探勝路」があり、短い時間の中で美しい沼を見て回ることができます。

民話の里「遠野」

民話のふるさと・遠野(河童、オシラサマ、早池峰神社、遠野ふるさと村、デンデラ野、荒神様、他) 
柳田國男の『遠野物語』のもととなった町であり、河童や座敷童子などが登場する「遠野民話」など古い言い伝えがたくさん残っていることからも「民話の里」と呼ばれる岩手県の遠野。

日本の原風景と出会える遠野で、 長閑な自然に癒されてみてはいかがでしょうか。

日本三景の一つ「松島」

	
日本三景のひとつ、宮城県の松島。仙台市から電車で30分、松島海岸駅に降り立つと、美しい海に浮かぶたくさんの島々が広がります。

町の名前にもなっていますが、この海に点在する260余りもの島々を総称して「松島」と呼びます。

遊覧船に乗って実際に海に出ると岸からはみれなかった奇岩や、波に侵食されてできた島の形を間近で見ることができます。自然の作り出した美しさをより近くで感じることができるでしょう。松島の美しさは世界的にも認められ、ミシュランガイドでは三つ星を獲得しています。

大正ロマンの湯の街 「銀山温泉街」

	
レトロ感溢れる銀山温泉街。山形県の最北東、宮城県との県境の深い山の中に現れるこの小さな温泉街に足を踏み入れると、まるで大正時代にタイムスリップしたかのようなレトロな景色が広がります。

街並みを残すため、1986年(昭和61年)に銀山温泉家並保存条例が制定され、街は伝統的な風情ある景観を残すことに努めています。ノスタルジックな気分を味わいたい方におすすめです。

田の絶景「白米千枚田」

	
石川県輪島市、輪島から珠洲市に向かう国道249号線沿いにある白米千枚田。四季によって、また稲の生育具合によって様々に表情を変える美しい棚田は格別の風景です。海に向かって広がる景観は、日本各地の棚田の中でもとくに珍しいといわれています。

千と千尋の神隠しの湯宿のモデル「渋温泉金具屋」

	
温泉好きなら一度は耳にしたことのある旅館、長野県渋温泉で有名な金具屋。趣のある温泉街の中でひと際目をひきます。約260年の歴史を持ち、ジブリ映画「千と千尋の神隠し」の湯宿のモデルとも噂される旅館です。

木造4階建ての宿泊棟・斉月楼(さいげつろう)は、国の登録有形文化財に認定されています。いつの時間でも重厚でレトロで素敵ですが、19時~22時までライトアップされます。その姿にうっとり、ため息が漏れるでしょう。

空と繋がる丘「 国営ひたち海浜公園のネモフィラ畑」

	
茨城県ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園ネモフィラは4月下旬から5月中旬までが見頃の時期です。この時期は、約450万本のネモフィラが丘一面を埋め尽くします。

国営ひたち海浜公園は港に面しているため、丘の上まで登ると太平洋を眺めることもできます。GWはネモフィラが美しく咲くベストシーズンでもあるので、都会の喧騒を離れ、海と空とネモフィラにつつまれてみてはいかがでしょうか。

まるで地下神殿?!「首都圏外郭放水路」

	
埼玉県春日部市にある巨大地下神殿「首都圏外郭放水路」。メディアでも取り上げられていたので知っている方も多いのではないでしょうか。この首都圏外郭放水路は、首都圏を水害から守るために放水を行う防災施設ですが、パルテノン神殿の列柱のように壮大な印象があります。

見学ツアーへの参加は電話または公式ウェブサイトを通しての事前予約制になっています。安全上の理由からツアー毎に参加人数に制限があるため、予定が決まったら早めに予約しましょう。

湖上の秘境駅「奥大井湖上駅」

	
静岡県榛原郡川根本町梅地にある大井川鐵道井川線の駅「奥大井湖上駅」。周りを湖に囲まれたた岬の上の無人駅で、両側に伸びる赤い鉄橋があります。新緑が美しい5月のGWには赤と緑のコントラストが映えてより美しい景色となるでしょう。

列車が駅に停まるところや橋を渡るところを鑑賞する場合は事前に時刻表を調べておくとスムーズでしょう。

日本三大秘境の「白川郷」

	
日本三大秘境の、岐阜県最北端の険しい山間地に位置している「白川郷」。JTBが選んだ日本の秘境100選にも選ばれています。独特の合掌造りの建物は「白川郷・五箇山の合掌造り集落」として世界遺産にも登録されています。

いつから出た集落かは明確にはわかっていませんが、鎌倉初期の記録にはすでに登場している歴史の長い場所です。特徴的な独特の合掌造りの建物は、江戸時代に入ってから養蚕業が盛んになり、蚕を育てるスペースを確保するために民家の建物が大型化し現代にこの形が残りました。

絶壁の国宝「三佛寺投入堂」

	
鳥取県の中央にそびえる三徳山にある「三佛寺投入堂」は断崖絶壁に作られた不思議なお堂です。日本で最も危険な場所にある国宝といわれています。

お堂にたどり着くまでには険しい山道を登っていくことになり、到着まで約二時間かかります。そのため簡単に到達することができないパワースポットとして人気があります。

注意点として裏側がすり減った靴で向かうことができず、受付で用意されている草鞋を着用することになります。事前に裏側にしっかりと溝のある靴を用意しましょう。

遠くから投入堂を眺められる遙拝所が駐車場の近くの道路沿いにあるので、「登山はしたくない...」という人はそちらの利用を考えてみても良いでしょう。

遠流の島「隠岐の島」

	
隠岐諸島は、島根半島の北方約80キロメートルに位置し、大小約180を超える島で構成される群島「隠岐の島」。古くから絶海の孤島として知られ、今なお美しい自然と文化を残す場所として観光名所となっています。

この隠岐の島は奈良時代から遠流の島と定められました。鎌倉時代に権力闘争に破れた後鳥羽天皇後醍醐天皇、そして平安時代の歌人小野篁などが遠流となっています。

なぜ隠岐の島が遠流の地になったかというと貴族が飢えて死んでしまうことがないよう、海産物や農作物も豊かだったことから選ばれました。都から天皇や貴族たちが流されてきたために、隠岐の島は京文化が入り混じった独特の文化ができたといわれています。

国賀海岸
日本海の激しい海食作用を受けることで東西に約7キロメートル、断崖・絶壁・洞窟が続き隠岐一と称される景観美を誇ります。

赤壁
赤壁がある西側の海岸は紺碧の海に赤壁が映え美しい景観が楽しめます。

ローソク島
インスタ映え最高のローソク島。高さ約20mの奇岩の先端に夕陽がかかるまさにその瞬間、ローソクに陽が灯ったように輝くことからこのように呼ばれるようになりました。

海に浮かぶ祭殿「 厳島神社」

[美しき日本] 広島 厳島神社
社殿が海の上の回廊によって結ばれ、その海に浮かぶ姿は世界を代表する景観の一つの厳島神社。広島県廿日市市の厳島(宮島)にある神社で、全国に約500社ある厳島神社の総本社でもあります。

日本三景にもなっている「安芸の宮島」に浮かぶこの古社は、平清盛が一族の繁栄を祈って建てたものです。島全体を神として信仰したことによって栄えたといわれています。廻廊で結ばれた朱塗りの社殿は、潮が満ちてくると海に浮かんでいるように見えるため「日本のモンサンミッシェル」とも呼ばれています。

錦帯橋/山口県

Yamaguchi Kintai Bridge - 錦帯橋 - 4K Ultra HD
山口県岩国市の錦川に架橋されたアーチ状橋の錦帯橋。この橋は江戸時代、岩国藩主吉川広嘉によって創建され、反り橋の構造は精巧で、現代の橋梁工学からみても文句のつけようがない精巧な作りだと言われています。日本を代表する木造橋なので一見の価値があるでしょう。

平家の隠れ里伝説の「祖谷」

	
日本三大秘境の一つである祖谷。徳島県と高知県の境、険しい渓谷の側の深い山の中にある集落が祖谷です。平家の落人が隠れ住んだという伝説がある地です。

ここには約20kmに渡って続く祖谷渓谷があり、平家一族が約800年前に架設したと言われている奥祖谷二重かずら橋があります。

志度合戦に敗れた平家一族が馬場での訓練に通うため作ったといわれている吊り橋で、高さが約15m、長さが約45m、シラクチカズラ(サルナシ)という樹木を編みこんで作られています。

この橋は並んで二本かかっており、通称「夫婦橋」「男橋女橋」と呼ばれています。女橋のすぐ隣に、手でロープを引きながら渓谷をわたる「野猿」(人力で動かすロープウェイ)があるので訪れた際は利用してみてはいかがでしょうか。

ロマンチックスポット「小豆島エンジェルロード」

香川県 小豆島 エンジェルロード
瀬戸内海・播磨灘にある島「小豆島」。小豆島で一番最初に上がるくらい有名な観光スポットはエンジェルロードではないでしょうか。

エンジェルロードは潮の満ち引きによって、小豆島本島と砂浜で繋がった4つの島(余島)を繋ぐ道としてあらわれる特別な道です。「手を繋ぎながら散歩道を渡ったカップルは将来結ばれる」というなかなかロマンチックな噂があるといわれていることもありカップルに大人気です。

チャンスは1日2回なので、潮見表を見てしっかりと予定を立てておく必要があります。今年のGWは大切な人を誘って、エンジェルロードを歩いてみてはいかがでしょうか。

日本三大秘境の「椎葉村」

椎葉村
宮崎県の北西部にある椎葉村。この地は、壇ノ浦の戦いで源氏に敗れた平家の落人伝説が残っていて、奥深い隠れ里としての歴史があります。那須大八郎と鶴富姫の物語を伝える鶴富屋敷があり、宮崎県の民謡「稗搗節(ひえつきぶし)」で知られている場所です。

標高1000メートル以上の九州山脈の山々に囲まれ、この村で人が住めるとされる地域は全体の4%ほどしかありません。限りなく深い山々と空の景色が続く秘境となっています。

外界とのつながりが薄い山奥のこの地では、かつて狩猟の生活が行われたり、ヒエやソバを主食にしていた時代があるとされ、犬を用いた猪鹿狩りや、農薬を用いずに行われた焼き畑農業などの古き伝統が今も残されています。

椎葉村は遥か昔の日本文化の姿が残る地であり、訪れると今もその独特の文化や雰囲気を感じられることでしょう。

大いちょう展望台

日本最西端の島・与那国島

	
日本の最西端の島、与那国島。南西諸島八重山列島の西端、日本最西端の地を擁す国境の島です。テレビドラマ『Dr.コトー診療所』の撮影地になったことでも知られ、謎につつまれた海底洞窟や、透明度の高い美しい青い海と白い砂浜など大自然を満喫できる絶好の旅行スポットとして人気です。

ダイビングポイントとして有名な海底神殿は、島の南岸にある新川鼻の沖合約100メートルに沈んでいて、今も人工物なのか自然にできたものなのか判明していません。人工物の場合、水没したのが動植物の分布や鍾乳石から1万年以上前とみられることから、世界最古の古代遺跡といわれています。

GWに日本の秘境へ出かけてみてはいかがでしょうか?

日本の秘境をいくつか紹介しましたがいかがでしたでしょうか。なかなか足を運ぶ機会もない場所なので、GWなど大きな連休を使ってぜひ計画を立ててみてください♪

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
kumalift

チーズケーキが大好きです♪