• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【雑学】横断歩道がハシゴ状ではなくなったのは、水はけを良くするため

【雑学】横断歩道がハシゴ状ではなくなったのは、水はけを良くするため

Author:
ハンチングハンチング
Posted date:
【雑学】横断歩道がハシゴ状ではなくなったのは、水はけを良くするため

はしごタイプからストライプタイプへ

両サイドに側線がある「ハシゴ型」から、側線なしの「ゼブラ型」への変更が決まったのは今から26年前の1992年。以来、補修の際に変更を行ってきました。横断歩道のデザインはなぜ変更されたのでしょうか。
塗料の白い線で囲まれた路面部分(ペイントのない部分)に水がたまってしまい、スリップや水はねの原因になりやすい

出典:意外に気が付いていない?横断歩道が変わったのはなぜ | 自動...

	
地面に描かれた塗料には厚みがあるので、縦・横に囲まれた部分は、雨天時に水がたまってしまいます。縦線をなくすことで水が流れるようになり、自動車がスリップする原因が取り除かれます。(水がたまらないので、自動車による「水はね」も少なくなります)

出典:【雑学】横断歩道に縦線がなくなった理由 ( 事故 ) - 納得雑...

	
ハシゴ型では白線に囲まれた部分に水が溜まってしまい、雨の日にスリップの原因になってしまう、また、白線は水に濡れると滑りやすくなる

出典:雑学!横断歩道はいつの間にかハシゴ型ではなくなった

	
横断歩道をペイントする塗料は厚みがあるので、縦横に囲まれた部分に雨天に水が溜まりやすい。スリップや水跳ねの原因になる

出典:いつのまにか横断歩道の縦線が消えたワケ – WEB CARTOP

	
縦線付きの「ハシゴ型」は水はけが悪かったのです。横断歩道の白い塗料は厚みがあるため、ハシゴ型だと塗料が塗られていないくぼみに雨水がたまります。塗料の表面はツルツルしているので、そこに雨水がかかるとスリップすることもあるそうです。

出典:横断歩道のデザインが変わった4つの理由 | ハフポスト

	

その他情報

節約、視認性など他にも理由があるようです

当然ながら、縦線が不要ですので塗料代の節約になります。

出典:【雑学】横断歩道に縦線がなくなった理由 ( 事故 ) - 納得雑...

	
側線を引かないと、工事期間の短縮、費用の軽減につながる。

出典:横断歩道の両側の縦線がなくなったのはいつからか。また、そ...

	
縦のラインがないほうがドライバーからは横断歩道がより目立って見える

出典:意外に気が付いていない?横断歩道が変わったのはなぜ | 自動...

	
縦線が省略されることで、塗料や作業時間などのコストが省け、経年劣化や損傷時の補修も容易となる。また縦線は、クルマが通過することで、部分的に消えやすい。

出典:いつのまにか横断歩道の縦線が消えたワケ – WEB CARTOP

	
塗る部分が多くなると、当然補修箇所も多くなるのが常である。ましてや縦線は毎回踏まれて破損し易いのも事実ですよね。

出典:雑学!横断歩道はいつの間にかハシゴ型ではなくなった

	
側線をなくしたのですから、消える心配はないし、補修の際も側線を描かないのですから作業の時間も経費も節約できます。

出典:横断歩道のデザインが変わった4つの理由 | ハフポスト

	

twitterより

ところで全然関係ないんですけど、横断歩道って右の描き方が正解なんですね。おかしい・・・はしご型だった筈・・・
	
横断歩道。はしごの様だと水が溜まるんだよ。凍って滑るんだよ。
	
Q:横断歩道がはしご型からシマシマ型に変わったのは何故?

A:中に水が溜まらないようにする為。
1994年頃までははしご型だったが中に水が溜まりスリップの原因となる為、現在のシマシマ型に変わった。
	
昔、横断歩道ははしごのようになっていたけど、滑りやすくて両端の塗装をなくしたんだっけか。
	
横縞だけの横断歩道、出始めの時に「梯子の描きかけかな」と脳内処理したまま、ずっと気にもとめずにいた。自転車通行用の縦棒入ってるのも多かったし。しかし車道通行原則の強化とともにこれも書き換えられつつある。
	
ふと思ったんだけどはしご型の横断歩道懐かしくない?
これだと「白いところ以外踏んだら海に落ちて死ぬゲーム」も舐めプだったんだけどな
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ハンチング

主に雑学をまとめています。