• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<日本でも使用されてる!?> 米大統領選の不正選挙プログラムを作ったプログラマーの証言

<日本でも使用されてる!?> 米大統領選の不正選挙プログラムを作ったプログラマーの証言

  • Theme:
Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
<日本でも使用されてる!?> 米大統領選の不正選挙プログラムを作ったプログラマーの証言
2004年12月13日 大統領選挙に関する公開討論
クリントン・ユーゲン・カーティス(Clinton Eugene Curtis)コンビュー・プログラマー
クリントン:私はプログラマーとしてNASAに勤務し、エクソン・モービルや運輸省にも勤務していました。
Q:不正な選挙を行うために使用される秘密のプログラムは存在しているのですか?
クリントン:はい。
Q:どのようにしてそれを知ったのですか?
クリントン:2000年の10月に私が勤めていたフロリダのロペトにある会社で、現在の下院議員であるトム・フィーニー氏用の試作プログラムを書いたからです。彼ら(ブッシュ陣営)は正しくそれをやったのです。
Q:「正しくそれをやった」というのは選挙の不正操作の事ですね?
クリントン:実際の投票はどうであれ、結果は51対49になるようになっています。
Q:それであなたが設計したプログラムは選挙官史や州管理委員会が検知できるようなものですか?
クリントン:いえ、決して見ることはできません。
Q:では、選挙を不正操作するそのようなプログラムをどのようにして発見したらいいのですか?
クリントン:ソースコードを見るか投票用紙の受取書を入手して数え上げ、実際の投票数と比較する以外に他の方法は全くありません。自動票数計算機の製造業者は誰にもそのソースコードを見せようとはしておりません。どのような選挙も投票用紙なくして、その正当性を検証することはできません。
Q:そのような不正選挙用ソフトが存在している事や、出口調査と開票集計との結果がかい離していることから、あなたはオハイオでの大統領選が不正に行われたか否かについて何か意見はお持ちですか?
クリントン:はい、不正は行われたと思います。
Q:不正がなかった事を確証するようなものは全くない?
クリントン:全くありません。

出典:米大統領選の不正選挙プログラムを作ったプログラマーの証言 - 日本を守るのに右も左もない

*******
この不正を証言したプログラマーはすでに消されています
そして、証言証拠となる動画も消されています
この事実こそが不正の証拠ですね
*******
不正選挙の可能性!

「駅前投票所を設置するという名目で不正選挙が大々的に導入されようとしている。
オンラインで結べば票を電子データ化して送信することになるから
不正プログラムで候補者の入れ替えや党名の振り替え認識が可能に」

	
3-7🔯主権者国民の提案
⑤他国の不正選挙裁判から選挙用不正ソフトが存在している事や、出口調査と開票集計との結果がかい離していた。

不正プログラムしたプログラマーの証言で、調査官が「自動票数計算機を信じる人がいたら、脳みそを検査してもらったほうが良い」と。
	

これが安倍内閣の真実・・・!

情報は、少なくとも「気に入らないのも含めて」3以上の奇数の複数を突き合わせて確かめましょう!
 すると、きっと、国政選挙の計数が「ムサシの不正プログラム」 に牛耳られて、「安倍コベがのし上がった」真の情報が見えて来ますよ!...
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21