• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
築地八宝亭一家殺人事件の「山口常雄」とは

サムネイル出典:

築地八宝亭一家殺人事件の「山口常雄」とは

Author:
sicsic
Posted date:
築地八宝亭一家殺人事件の「山口常雄」とは

築地八宝亭一家殺人事件

築地八宝亭一家殺人事件(つきじはっぽうていいっかさつじんじけん)とは、1951年(昭和26年)2月22日に発生した強盗殺人事件である。犯人が最終的に服毒自殺したため詳細は不明であるが、用意周到に計画された犯行といえる。アプレゲール犯罪の一つとされる。

事件現場となった八宝亭

			

中華料理店の惨事

1951年2月22日午前9時半頃、東京の築地警察署に中華料理店「八宝亭」の見習いコック山口常雄(25歳)が「主人一家が殺されている」と届け出た。署員が署から7、80mの店に急行すると、部屋の中は血の海という形容がぴったりの凄惨さで、署員らは思わず目をそむけた。1階の6畳間で岩本一郎さん(41歳)、妻キミさん(40歳)、長男元君(11歳)、長女紀子ちゃん(10歳)が薪割りで殺されていた。寝こみを襲われたらしく、眉間にはそれぞれ3~20数箇所の傷があった。紀子ちゃんは逃げようとしたのか、襖に手をかけて半立ちのまま死んでいた。
 第1発見者の山口と署員らは出前をしていたこともあって顔見知りで、育ちが良さそうで、ひょうきんで明るいこの青年は「シロ」という見方が強かった。

 事情を聞かれた山口は次のように答えた。
「朝9時過ぎ、ゴミ屋の鈴の音で目を覚まし階下へ降りると4人が死んでいた。凶荒の前日21日午後4時ごろ、女中募集の張り紙を見て、26、7歳の女がきた。昨夜は3畳間で寝たが、夜中にその女を訪ねて来た男がいた。女の親類だと言っていたが、顔は後ろ向きでわからなかった。25、6歳ねずみ色のオーバーに紺ズボンだった。女の名前はたしか太田成子だったと思う」

出典:築地八法宝亭一家惨殺事件

	

犯行現場の中華料理店「八宝亭」

			

消えた女と饒舌な男

太田成子はすでに姿を消していた。通いの中国人のコック・劉も「そんな名前だった」と証言した。

 現場検証の結果、凶器の薪割は厨房の冷蔵庫に立てかけてあり、現金2、3万円と永楽信用組合、千代田銀行の預金通帳がなくなっていた。22日朝に盗まれた通帳で14万円を引き出そうとした女がいて、「印鑑が違う」といわれて帰ったものの、この女こそが山口の言う太田成子だとされた。
 この後、山口に数千枚の写真を見せ、成子のモンタージュ写真を作成した。成子は言葉づかいや話の内容から地方出身者と見られ、小太りで、肌は浅黒いオカメ顔だった。

 山口は貴重な生き残り証人として捜査本部を頻繁に出入りし、各メディアの記者などと飲みに出かけたり、3月6日付の朝日新聞には「私の推理」という手記も発表するなどしていた。
 ただ山口の証言に関して、おかしい点もいくつかあった。まず事件前夜に訪れてきたという「成子の親類」と名乗る男のことだが、顔をよく見ていないのに、服装だけは色も正確に証言していること。また成子というのは普通「シゲコ」と読むが、山口はなぜか「ナリコ」と呼んでいた。山口はそのことを記者たちに指摘されて狼狽する素振りを見せたことがあったという。だがそういった不審さは「山口君」と呼ばれる陽気なキャラクターで、巧みに消し去っていたのだった。

出典:築地八法宝亭一家惨殺事件

	

意外な真犯人

そして昭和26年3月10日、事件発生から2週間が過ぎたころ、ついに太田成子が逮捕された。

逮捕されて分かったことだが、彼女の名前は「太田成子」ではなく、本名は「西野つや子(24)」といった。「太田成子」とは、山口が適当に作った名前だった。

西野つや子、つまり太田成子は元売春婦であり、山口の協力で作られたモンタージュ写真にそっくりであった。

「真犯人、ついに逮捕か」と警察側も色めきたったが、その西野つや子の取り調べにおける証言に全員が驚くこととなった。

「あの事件の犯人は山口です。

山口から頼まれて、盗んだ通帳で金を引き出しに行きましたが、通帳とは違う印鑑を持って行ったために失敗してしまい、怖くなって逃げてしまいました。そのまま故郷に帰っていました。」

と、自分も山口の共犯であったことをあっさりと認めた。

あれだけ熱心に捜査に協力していた山口が、まさか真犯人だったとは。

衝撃の発言を受けてすぐに警察は山口の元へと向かった。17時過ぎ、山口はちょうど記者たちに囲まれており、相変わらず事件について語っていたが、駆けつけた警官たちにその場で逮捕された。

記者の誰もが
「山口君が事件解決を一番望んでいる被害者であり、必死に捜査に協力している好青年」
と思っていた。この現場での逮捕には記者全員がびっくりした。

連行される際に山口は
「今は大変疲れているので、明日、全てを話します。」と、素直に犯行を認めた。

だがこの後、留置場に入れられた山口は、隠し持っていた青酸化合物を飲み、事件について何も語らないまま留置場の中で自殺し、事件は唐突(とうとつ)に終りを告げることとなった。

「真犯人は山口であり、山口は留置場内で自殺」と、新聞で報道され、今度は日本中がびっくりすることとなった。

バレた時点で死のうと青酸化合物を常に持っていたのだろうか。熱心に捜査に協力する姿に、山口の死の覚悟に気づいていた者は一人もいなかった。演技と呼ぶにはあまりにも凄(すご)いものがある。

金目当てだったのか、恨みだったのか、動機も犯行の手口も、全ては分からないまま、山口はこの世を去った。分かったことは、山口には前科があり、この事件の2年ほど前、横領罪で執行猶予つきの有罪判決を受けていたということくらいである。

西野つや子に関しては、盗品運搬罪ということで懲役1年、執行猶予3年、罰金2000円という判決が下された。

出典:No.055 熱心に捜査協力していた山口常雄の覚悟

	

犯人の山口常雄

			

山口常雄 「つぎの村長さん」

山口は茨城県川根村の裕福な農家の次男として生まれた。農業を嫌い、小学校を出てからは横浜の軍需工場を経て、村の役場に勤めていたが、配給品の横流しをして、50年12月25日に東京高裁で懲役1年半、執行猶予5年を判決を受けている。この犯罪で山口が村内で忌み嫌われたかというとそうではなかった。物資がなく困窮している村人に品物を流して、罪を1人被ったのだから、むしろ英雄視された。「次の村長さんは山口さんだ」という声もあがるほどだった。
 その後、交際していた女性の家が中華そば店だったので、山口は料理を勉強するために東京築地の「八宝亭」でコック見習いとして働き始めた。田舎から仕送りがあったので「給料はいらない」と話していたが、主人からは毎月2000円のお小遣いをもらっていた。金にも困っておらず、主人夫婦にかわいがられ、2人の子供たちを連れて遊びに行くなど面倒見の良かった山口が、なぜ一家を殺害しようと思ったのか誰にもわからない。

出典:築地八法宝亭一家惨殺事件

	

オススメのまとめ

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
sic