• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
ダイヤモンドがLEDに―。ダイヤモンドの魅力と意外な産業での活用方法とは?

ダイヤモンドがLEDに―。ダイヤモンドの魅力と意外な産業での活用方法とは?

Author:
destinydestiny
Posted date:
ダイヤモンドがLEDに―。ダイヤモンドの魅力と意外な産業での活用方法とは?
イヤモンド―それは美しい輝きを放つ宝石。そんな宝石を人工的に開発し、人工ダイヤモンドとしてLEDに作り変えることができるというニュースがありました。(2006年)そのニュースを交えて、ダイヤモンドというものが科学的にインテリジェンスに成り代わる未来を見据えてダイヤモンドの魅力を様々な角度からまとめてみました。

ダイヤモンドのはじまり―アダマス(Adamas)

まず、ダイヤモンドと人類の出会いのお話からはじめます。
紀元前、古代ヨーロッパのローマの文献に鉄鋼を含めて硬いもの全体を表現したアダマス( Adamas )という物質の一種として、インドから渡ったダイヤモンドが紹介されています。
アダマスは、「征服し得ない力」を意味するギリシャ語に由来することが述べられています。

ダイヤモンドの語源

Adamasが変形してDiamasを経てDiamant

最初はただの石だったダイヤモンド

昔からインドの川には飛びぬけて硬い石が含まれていました。それがダイヤモンドです。
しかし、硬いのはとにかくとして、原石のままのダイヤモンドには硬い以外の特徴が無かったのです。原石なので特に美しいもなく、川原に転がっているので珍しくも無い、いわばありふれたただの石だったわけです。

ダイヤモンドの一番美しいカラットは100カラット。

ダイヤモンドにきれいじゃないカラットはあまり無いと思いますが、100カラットが一番美しいとされているカラット数です。

初の人工ダイヤ製造に成功

20世紀、人間は人工のダイヤモンドの製造に成功しました。
それまでダイヤモンドを模した模造ダイヤというものはありましたが、そうではなく組成からして本物のダイヤを製造することに成功したのです。
この人工ダイヤ、当初は極小粒のものしか出来ずに、しかも天然ダイヤよりもはるかに高くついてしまうものでした。しかし、現在は本物より安く、しかも安定した品質のものを製造することが出来るようになりました。製造された人工ダイヤはすべて工業用ダイヤにまわされていて、工業用ダイヤのシェアの半分近くを人工ダイヤが占めています。

核ダイヤモンド電池で、核廃棄物が安全なエネルギーになる!

ダイヤモンドが放射線にさらされると小さな電流を発生させるというという性質を利用した電池です。
研究者によれば、「可動部分を有さず」「排出物を放出せず」「メンテナンスフリー」という特性を持ったバッテリーを作成することが可能になるということです。

ブリストル大の研究チームは、使用済みグラファイトを加熱して気化した炭素14を取り出し、それに圧力を加えて人工ダイヤモンドに変更させる方法を開発しました。(なお、炭素14が取り出された後の使用済みグラファイトは放射性レベルが大きく下がります!)
こうして生み出された人工ダイヤモンドは、原料となった炭素14によって放出ベータ放射線がダイヤモンドの結晶格子と相互作用し、微量の電気を生み出すようになります。とは言え、この発電ダイヤモンド自体は放射性物質であるため、そのままでは危険です。(手に持つと被爆します)
そこで研究チームでは、このダイヤモンドの表面を通常の人工ダイヤモンドでコーティングすることにしました。これにより、手に持っても安全なレベルまで放射線の放出量を抑えることに成功しました。研究チームによると「バナナと同じ程度」の危険性しかないそうです。
要約すると
ダイヤは放射線に晒されると微量の電気を流すよ!放射性炭素でダイヤを作っちまえ!そのまま持つと被曝する?ならダイヤをダイヤで覆っちまえ!低電力だけど千年単位で長持ち!安全!

出典:核廃棄物を利用した人工ダイヤモンドが千年使える電池になる...

	
ダイヤモンドがLEDに!?
 産業技術総合研究所(産総研)では、2006年8月に科学技術振興機構と共同で、ダイヤモンドの発光ダイオード(LED)を開発した。「発光」とはいえ、単に目に見える光を放つLEDではない。波長が235ナノメートル以下の「深紫外線」を発する、世界で初めてのダイヤモンドLEDである。
また、サファイアやルビーなどの宝石はほとんどが酸化物でできているが、ダイヤモンドは酸素を含まない特殊な単元素である。
うまくコントロールすれば、ダイヤモンドという素材自体からも画期的な性質を引き出せる可能性がある。

出典:ダイヤモンドがLEDに? シリコンを超える未知のチカラ

	
	

核廃棄物を利用した人工ダイヤモンドが千年使える電池になる!?凄まじい科学技術が話題に!

英国ブリストル大学のキャボット研究所の研究グループは高レベル放射性廃棄物から5,000年間電力を供給できる半永久バッテリーを製造する技術を発表した。
研究チームは黒鉛型原子炉の使用済み核燃料棒の炭素から、
半永久的な寿命を持つダイアモンド・バッテリーが製造できるという
まとめると、
ダイヤは放射線に晒されると微量の電気を流す。
そこで、放射性炭素でダイヤを作る。
そのまま持つと被曝するので、ダイヤをダイヤで覆う。
低電力だけど千年単位で長持ちし、安全。
ということだそうです。

ダイヤモンドに関連するアート作品他...

ゴールドやダイヤモンドを使ったチェスがかっこいい!

インテリアデザイナーのKelly Wearstlerさんの作品「The Dichotomy Chess Set」は、それぞれの駒に22Kゴールドまたはガンメタルのメッキが施されたゴージャスな仕上がりになっている。

ダイヤモンドの形をしたアート

ダイヤモンドの形って美しいですよね。ダイヤモンドの形は色んなインテリアのデザインにも使われているみたいです。こちらはペーパーウェイト。材質はなんと、コンクリート!リアルですね。

ダイヤモンドの深層心理テスト

ダイヤモンドの深層心理テストです。時間があるときにでも試してみてください♪
―質問―
1.あなたは今、ダイヤモンドを一つ持っています。それはどれくらいの大きさで、どんなダイヤモンドですか。なるべく詳しく、具体的に書いて下さい。
2.あなたのダイヤモンドを盗もうと、誰かが後ろからこっそりと覗いています。さて、それはいったい誰ですか。
3.あなたはそのダイヤモンドをもっと磨いてみることにしました。さて磨いた結果はどうでしたか。今までより美しくなりましたか。それともあまり変わりませんか。
4.あなたはあまりにも美しいそのダイヤモンドに名前を付けることにしました。さあ、どんな名前を付けますか。
―回答―
1.自分自身の評価
2.あなたを脅かす人。つまり目の上のたんこぶ
3.自分の才能に対するあなたの評価
4.自分に対して呼んで欲しい愛称

【ニュース】ダイヤモンドの中から「地球外の氷」が見つかる。

研究者たちは地球のマントルから抽出したサンプルの中から偶然、石を発見した。

ダイヤモンドをX線照射すると、本物の氷VII(通常の氷は氷I)が現れた。
氷VIIは、通常は地球外起源の非常に大きな密度を持つ氷。
この現象が地球上の完全に自然な状況で記録されたのは初めてだという

出典:「地球外」の氷がダイヤモンドの中に見つかる - Sputnik 日本

	

ダイヤモンドや宝石のような石鹸!

Savons Gemme(サボンジェム)サファイア

インテリアに飾る人も多い、世界で一番美しい宝石石鹸です。大自然の恵みを取り入れたお肌に優しいフレグランスソープ。光にかざすと美しく輝きそうですね!
お値段は、3,564円。170gと普通の石鹸より大きめ。

Savons Gemme(サボンジェム)ジェイド

こちらも世界で一番美しい宝石石鹸です。黄緑色でところどころゴールドカラーが入っていて綺麗ですね。
【JEWEL WORD】安定・平穏・慈悲・知恵 

最後に

ダイヤモンドの画期的なニュースは今後も期待したいですね!
最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
destiny