• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
1000万円貯める近道は貯め脳になるベストチョイス行動

サムネイル出典:

1000万円貯める近道は貯め脳になるベストチョイス行動

Author:
ranmarukingranmaruking
Posted date:
1000万円貯める近道は貯め脳になるベストチョイス行動
自らに合うやりくりは、蓄え安定の要。

けれども、どれが合うかはだれも教えてくれません。

ならば、ひたすら?お試し?あるのみ。

また、自身に合わないと思ったらやめて、ラクに可能なテクを選択しましょう。

そうする事で目標も遂行しやすくなりますよ!。

幅広く試す事で?自身に合ったやりくり手段?に出合える

脳は元々面倒くさがり屋。

生命を維持するために、なるべくエネルギーを蓄えようと、新しい事へのトライや、生活に移り変わりを起こす事を嫌がります。

つまり、何も意識しないと、脳はラクな道を選択しがち。

欲にも手っ取り早くに流され、やりくりも更新せず、貯まらない人になってしまうのです。


これを変えるには

小さなトライでよいので、最初に行動する事で、現在まで知らなかった自身に出会えます。

色々なやりくり法を試す事で、意外な「好き」や「ウィークポイント」もわかり、お金の使い方も成長。

脳が面倒くさがる前に行動してしまう事が、合うやりくりに出合うチャンスを広げ、蓄えを伸ばす近道なのです。

「貯め脳」に変わるおすすめ行動

(1)店舗などで、自身の最適以外を選定する外食でも洋服でも映画でも、特別に自分の嗜好ではないものを試してみると、移り変わりを採りいれられる柔軟な脳に!。

(2)いつもと違う道を通ってみる帰り道を1本変えるなど、普段の?イレギュラー?を楽しむと、脳が「新しい事は煩わしい」と思わなくなります。

(3)たまには反対話も言ってみるランチは「何でもいい」にせず、自身が食べたい物を主張してみて。

人任せをやめると、「ラク」に流されない脳に。



習うより慣れろで 「LINE Pay」「3000円投資」にすぐ挑戦

インスタや本で、いいと思ったテクは実践。

一歩踏み出す事で、「そうした事か」とより知識を深められます。

自身に合うものは、また情報を集めて、ブラッシュ大きく上乗せ!。

家計管理は夫。やりくりは妻。話し合って得意を分担

夫妻で懐具合を共有すべく、夫と話し合い。

試行錯誤の末年間の収支の管理は夫月次のやりくりは私が担当する事に。

双方の弱点をカバーでき貯金を守る態勢が強化!。

「料理は苦手」と認めて食費予算は多めでOK

ウィークポイントな節減料理を頑張っては、ストレスで必要ない買い。

どうせならやめて、疲れたら冷食でもOKにしたら気がラクに。

ほかの経費を見直すゆとりができ、概要で経費を減らせます!。

人の家計簿を見て、自分が続くやり方を発見

支出を詳細に記述するづんの懐具合簿をポイントに、中身を日付と費用、ショップ名に限定。

費目別に色分けして月末に集計するだけ造作なく続き、必要ないの再検討にも影響的。

仕事が忙しくなったら便利家電に頼って解決

ロボット清掃機を買ったら、清掃の時とストレスが省け、定期的にゆとりが

夫の飲み代にイライラしたら予算を積み立て

突然「飲み会代ちょうだい」と言われると、やりくりがくずれてムカッ。

どうせ払うのならと、試しにボーナスから2万円取り分けたら貯金が安定。

ストレスなテクはさっさとやめて、ラクに可能なテクだけ選べば、永らく継続。

「直ちに試す」&「もうやめる」で自身に合う貯め方を見つけていきましょう。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ranmaruking

美容 ライフスタイル ファッション 健康 などまとめています