• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
婦人科に行くのが怖い…受診の仕込みと避けるべき事は?

サムネイル出典:

婦人科に行くのが怖い…受診の仕込みと避けるべき事は?

Author:
ranmarukingranmaruking
Posted date:
婦人科に行くのが怖い…受診の仕込みと避けるべき事は?

サムネイル出典:

何か問題があったとしても、デリケートゾーンの内診や、いつもあまり話さない生理や性交渉について話さなくてはいけないため、必然的にハードルの高さを感じ、受診をためらう女子は多々あるものです。

一方で、ヨーロッパは娘が初潮を迎えると、母親が自らの家屋ドクターに解説し、「今後ジレンマがあったら折衝するように」なんて、教育をするのだそうです。

かかりつけ医は健康維持のためには非常に力強い影響です。

特に、婦人科と仲良くなるのは、清水先生が提唱するリプロダクティブ・ヘルス&ライツ(性と生殖に関連する健康と権利。

手軽ににいえば産むのか如何にか、何才までに何人産みたいかを自らで決めてそれを実現可能な事)の観点からも大事。

ネット上の医療情報はどう活用したら良いのでしょうか?

婦人科系の不調に限定しず、多くの方がカラダに異常を感じると、初めにオンライン検索する事でしょう。

「オリモノ 量 多々ある 臭い」なんてキーワードで検索した事、ないですか?。

検索結果には、クリニックや会社のページ、はた他にも女系Webページや医療系Webページなど数多のページが表示され、読めば読むほど心もとない感が募り、「まー様子見でいいか!」なんて思った経験はないでしょうか?。

良い病院ってどう探すべき?

ベストは病院に行く事。

それはその通りですが、病院を探すのって、先生との適合性や待ち時間など、不安がいっぱいです。

特に婦人科ともなればデリケートな中身を含むため、より病院選択しに迷ってしまうかもしれません。

そのような事例、何を水準にしたら良いのでしょう。

「初めになんでも話せる先生を一人見つけられたら良いと考えます。

婦人科でなくてもOKで、内科などでもいいんです。

親身になってくれる先生なら、専門外の折衝をもらったとき、何科に行けばいいか教えてくれたり、別の先生を解説してくれたりするケースもあります。

 しかもかかりつけ医を持つ事は、ゆとりがある時に賛同のいく医者選択しが可能なという良いところもあります。

美容院で決まった的にヘアーをメンテナンスするように、カラダについても決まった的に話し合いする。

そういう距離感だと、トータルの健康を維持可能なのではないでしょうか」 私は体質もあり実際まで多彩な不調を起こし、その都度近くの病院で色んな先生に診てもらいました。

女子ドクターも男性ドクターもいたし、カウンセラーのように親身になって一緒に悩んでくれる先生もいれば、テキパキと困りごとに対してわずかな間で解答を出してくれる先生など、タイプも色々。

 その結果、現在は1人の先生にお世話になっていますが、病院選択しっておっしゃる通り容易にはいかないし、でも困った時に話し合い可能な相手がいる事は、心配無用感につながります。

婦人科へ行く際の準備と避けるべきこと

 緊張して充分に症状を伝えられないと、正しい処置ができないケースもあります。

なお緊張が解けず、内診で嫌な考えをする事もあるでしょう。

如何にいった点に用心して支度すればよいでしょう。
日本は北欧や欧米にくらべ、まだまだ性教育がなされていないという現況があります。

当然教育現場が異なる事がベストですが、初めに私達の意識から変わっていく事が、長い目でみて日本の女子の健康力大きく上乗せにもつながり、次の世代に続いていく。

その結果一人でも多くの人が、よりあるべき姿的な一生を歩めるようになるかもしれません。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ranmaruking

美容 ライフスタイル ファッション 健康 などまとめています