• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<日本の狂気・・・世界から笑われてるのを知らない日本人> チェルノは強制移住、日本は #放射能 汚染地に帰還奨励★字幕GovntLetsPeopleReturn #Fukushima ☢ZONE

<日本の狂気・・・世界から笑われてるのを知らない日本人> チェルノは強制移住、日本は #放射能 汚染地に帰還奨励★字幕GovntLetsPeopleReturn #Fukushima ☢ZONE

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
<日本の狂気・・・世界から笑われてるのを知らない日本人> チェルノは強制移住、日本は #放射能 汚染地に帰還奨励★字幕GovntLetsPeopleReturn #Fukushima ☢ZONE
	
< 日本語訳・字幕↓:Jo2Rayden > Russia Today, 16Nov.2013: Alexey Yaroshevsky *理想的には、放射能レベルは1年当たり1ミリシーベルトであるべきですが、目標到達­は難しいため、伝えられるところによれば、日本政府は、人々の被ばく量を20倍レベル­に持っていく保証をしたいと望んでいるのです。しかしながら、最悪の影響を受けた地域­では、ガイガーカウンターは、推奨された基準の50倍レベルの測定値を示しています。­それは、半数の人々が癌を引き起こすレベルなのです。
Alexey Yaroshevskyが、居住禁止地域から報告します。

Alexey Yaroshevsky:原発事故後の福島避難指示区域上を歩くと、私たちはたくさん­の荒廃を通りの両側に見ます。福島原子力発電所からのちょうど10kmの居住禁止地域­に来ています。ここの放射能レベルが、実際、他のいくつかのヨーロッパの都市より低い­ことを知って、驚くでしょう。このことが、人々を家へ戻すという日本政府の決定を促し­ました。
しかし、科学者は、放射性物質が移動し、その地域一帯にホット・スポットが散在する為­、帰還は自殺行為であると言います。

山敷・京都大学准教授:
「ホット・スポットには、膨大な量の放射性物質があり、濃縮し貯蔵される。」
「ホット・スポットをすべて見つけ出し確認し、あるいは家から放射性物質をすべて取り­除くことは、ほとんど不可能です。」

Alexey Yaroshevsky:私たちは実際に、この処理工程を見ました。汚染された所持品­から汚染土壌まで、ビニール袋に入れ埋めています。相当な距離に離れてでも、放射線測­定メーターは、暴れ狂っています。立入禁止区域に含まれていなかった地域で、同じ放射­線量を見つけた時の私たちの驚きを想像できますか。
私は十数回以上チェルノブイリ強制避難地区に行きました。放射線測定器を苔むした地面­に置くと、毎時800マイクロレントゲン、これは恐らく最も怖いエピソードでした。
(*800マイクロレントゲンは、8マイクロシーベルト。)それは正常な人体への年間­放射能レベルより40倍高い。
ここは福島原発から60kmで、放射線は確かにそれ未満でありますが、これは、チェル­ノブイリ立入禁止区域のプリピャチ市のゴーストタウンの基準値に近いのです。
たった1つの例外は、ここには、一万人を超える人々が、現在も生活していることです。
http://www.youtube.com/watch?v=aM7vJM...
*RT: Just 10 km from the [Fukushima] nuclear power station [...] the Japanese government [decided] to allow the people to return to their homes. But scientists say that"s suicidal because radiation migrates and because it exists in hotspots scattered all across the area.

Yosuke Yamashiki, Associate Professor at Kyoto University, Graduate School of Advanced Integrated Studies in Human Survivability: In the hotspots, there is a huge amount of radioactive material is concentrated and stored. It is almost impossible to find out all the hotspots to check them, or remove all the radioactive contaminated material from their houses.

Yaroshevsky: The radiation meter went berserk, even from a considerable distance [away from a disposal area in Fukushima]. Imagine our surprise when we found similar levels in an area which had never been included in the no-go zone. I"ve traveled to the Chernobyl exclusion more than a dozen times and this was probably the scariest episode when we put a radiation meter on the ground on a layer of moss more 800 microroentgens per hour. That is 40 times more than the normal human radiation level. Here 60 km from the Fukushima nuclear power plant, the radiation are certainly less than that. This is close to the average level of the ghost town of Pripyat of the no-go zone. Only one exception, the place where I"m at right , more than 10,000 people are currently living.

出典:チェルノは強制移住、日本は #放射能 汚染地に帰還奨励★字幕GovntLetsPeopleReturn #Fukushima ☢ZONE - YouTube

	
拡散★チェルノは強制移住、日本は放射能汚染地の福島に帰還奨励☢ロシアTV字幕 山敷准教授:ホットスポットに膨大な量の放射性物質あり濃縮貯蔵..家から放射性物質すべて取り­除くことは不可能!
	
福島第一原発の事故収束・廃炉作業員のガン発症は、安倍政権が進める住民の被災地帰還奨励策に暗雲【 福島第一原発の事故収束作業によるガン発症を確認 】ガーディアン - 全文翻訳は →
	
【戻らない】原発避難世帯、帰還希望は1~2割 福島第一周辺4町 - 朝日新聞デジタル


そのうちに「避難者援助打ち切り」に加え「帰還奨励金」なども制度化されて、強引に帰還させそうですね!?
	
チェルノブイリは【強制避難】。だが日本は、福島は 【帰還奨励】この国のやりかた。人間魚雷か片道神風特攻隊にされてしまっているのではないのか?
	
超拡散!: 拡散★チェルノは強制移住、日本は放射能汚染地の福島に帰還奨励☢ロシアTV字幕 山敷助教授:ホットスポットに膨大な量の放射性物質あり濃縮貯蔵..家から放射性物質すべて取り­除くことは不可能!”
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21