• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<Floret>12月の花・ガーデニング・ポインセチア・クリスマスローズ・苔・ポンペイ・ヴェスヴィオ(ス)山

サムネイル出典:自分が描いた絵

<Floret>12月の花・ガーデニング・ポインセチア・クリスマスローズ・苔・ポンペイ・ヴェスヴィオ(ス)山

Author:
瑠音瑠音
Posted date:
<Floret>12月の花・ガーデニング・ポインセチア・クリスマスローズ・苔・ポンペイ・ヴェスヴィオ(ス)山

★苔

1歳4ケ月を過ぎた娘が、9ケ月頃から好んで手にするのが「苔」。
外に出れば、真っ先に苔を見つけて削り取り、両手にいっぱいに握り締めながら歩く。
転んでも決して離さない。
外泊した時も同じだ。

この苔は家に持ち帰り、その頃には片手だけに納まっている。
風呂の時以外離さず、食事の時も、寝る時もで、朝には布団の中で散らばっている。掃除・洗濯が大変なため、玄関先で手放すように躾けたが、それにしても苔に沢山の種類があることや美しさ、何ともいえない湿った心地よい感触を教えてもらった。

苔は乾燥させ、同じように彼女が拾ってきた落葉や木の実や石も混ぜてポプリにした。
これがなんとも素敵なのだが、近所の子供や大人達もがビニール袋に苔を入れて届けてくれるようにもなってしまい、毎日増え続ける。
もう量の限界が近い。

彼女と出会わなかったら、苔をこんなに間近でじっと見つめることなど一生なかっただろう。

★花暦「ポインセチア」

ポインセチアはトウダイグサ科トウダイグサ属の植物。常緑性低木。学術上の標準和名はショウジョウボクであり、ポインセチアは通名である。日本では11月から12月ごろに茎の上にある葉が赤や桃色や乳白色に美しく色付く。クリスマスが近くなると花屋に鉢物が出回ることから「クリスマスフラワー」とも呼ばれる。

出典:

	
木枯らしの季節になり、山々は静かに眠りにつこうとする時、街々には色鮮やかなデコレーションが施される。

「クリスマスフラワー」という別名を持つ、この季節を彩るポインセチア。
あの赤い部分は苞葉。苞葉に囲まれた中心に小さな小さな花があります。

クリスマスには欠かせない冬の植物のイメージがありますが、南米のメキシコ生まれです。
19世紀初めにアメリカの外交官でメキシコ公使のポインセットが紹介したことからポインセチアの名がついたとされています。
それ以来、品種改良が繰り返され、現在のような色鮮やかで長期間楽しむものとなり、様々な品種が登場し続けています。

和名は「猩々木(しょうじょうぼく)」。
黒みを帯びた鮮やかな赤色を猩々緋(しょうじょうひ)と呼ぶことから名付けられたそうです。

宮崎県宮崎市、日南海岸堀切峠付近

宮崎県宮崎市、日南海岸堀切峠付近には12月になると海岸線を深紅のポインセチアが彩ります。

出典:

	

★花暦「クリスマスローズ」

地中海沿岸原産のクリスマスローズ。
一重の薄い花びらをうつむき加減に咲かせます。

クリスマスの頃にバラに似た花を咲かせることから、この名前がついたとされ、
また、羊番の少女がキリストに花を捧げたいと冬の野原を彷徨っている時に、天使が咲かせてくれた花という伝説もあります。

トリカブトなども属するキンポウゲ科の中には、毒を持つものがあり、このクリスマスローズも例外ではありません。
少量としてなら薬として用いられ、ギリシャ時代には「狂気を治療する薬」、イギリスでは「憂鬱を治す薬草」として利用されていました。
学名のHelleborus.L.は、「殺す食物」の意です。

★ガーデニング「鉢花を楽しむ季節」

日一日と寒い冬が到来し、室外の片付けを済ませると、室内に鉢花が欲しくなる季節です。

庭では秋蒔きの草花を間引き、枯れた一年草を抜き取ります。
宿根草に寒肥を施し、枯れた部分や落葉を取り除き、害虫が住み着くのを防ぎます。晴天が続く時には水をまいてください。

暖地では、パンジーやプリムラ類の苗の植え付けもできます。
またクリスマスの演出として、花とドワーフコニファー類などを組み合せたプランターも楽しいものです。

庭木は、マツやモミジ、ツツジなどの枝を整理します。
落葉花木のサクラ、モクレン等やバラの苗木の植え付け、移植も今月が適期です。

窓近くに置いている観葉植物で寒さに弱いアンスリューム、ペペロミア、コーヒーノキ等は、夜間は部屋の中央へ移動します。
葉のホコリを拭き取ることや霧吹きも忘れずに。
鉢物の冬の管理の基本は、水やり回数を減らすことです。
晴れた日の午前中に、花に水をかけないようにして、たっぷりとやりますが、冷たすぎる水は禁物です。

以下は代表的な花鉢の管理方法です。
・プリムラ類(西洋サクラソウ)
オブコニカは、ガラス越しの日光で十分育ち、メラコイデスやポリエンサ、ジュリアン等は室内(適温は5〜15℃)でも、屋外(霜の当たらない所)でも育ち、直射日光を十分当てると花色も良くなります。10日に1回程度の液肥を。
・ポインセチア
10℃以上の室内が適し、5℃以下の環境や寒風に当たったり、水を切らすと下葉から落ちていきます。日中はガラス越しの日光を当て、月2回程度の液肥を。
・シクラメン
日当りのよい室内で、5〜6℃の低温でも育ち、水やりは3〜4日に1回位。咲き終わった花は、茎をねじりながら根元から抜き取ります。月1回程度の液肥を。

★海を越えて

ポンペイ(ラテン語: Pompeii、イタリア語: Pompei)は、イタリア・ナポリ近郊にあった古代都市。

出典:

	
灰の下に眠っていた都市「イタリア・ポンペイ/ヴェスヴィオ(ス)ベスビオ(ス)山」

♪赤い火を噴くあの山へ、登ろう。登ろう。そこは地獄の釜の中、覗こう。覗こう。・・・フニクラ・フニクラ・・・♪
快いメロディーのこのナポリ民謡は、ヴェスヴィオ山を歌った曲。

西暦79年8月24日午後1時過ぎ、ヴェスヴィオ山は大噴火。
三日三晩、降灰・雷・地震・津波が続き、ポンペイの人口の約10%にあたる2,000人もの人々が火山灰に埋まった。

街には上下水道が整い、舗装された道は車道と歩道とに分けられ、横断歩道もある。
パン屋・八百屋・靴屋・喫茶店・病院・共同浴場・大円形劇場などが整然と並び、壁にはフレスコ画などの贅を尽くした装飾が施され、当時の繁栄を目の当たりにする。

あちこちには花をつけた雑草たち。陽気な人々の賑やかさや喜びに見えた。
「ナポリを見て死ね」という諺は、当時は「ポンペイを見て死ね」だったに違いない。

自然の猛威は過酷だ。

ナポリを去る前日の夕方、丘に登り、サンタルチア港の向こうにヴェスヴィオ山を遠く望んだ。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
瑠音

出身は岡山県。東京都や千葉県など引越は10回以上。 今は富士山が見える静岡県に住んでいます。 2020年、コロナ禍・・・