• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<この裁判で311人工地震の証拠が開示される?との噂・・・> トモダチ作戦で被ばくしたアメリカ軍兵士ら、健康被害を訴える裁判で主張!「東電が正しい情報を出していれば・・・」

サムネイル出典:

<この裁判で311人工地震の証拠が開示される?との噂・・・> トモダチ作戦で被ばくしたアメリカ軍兵士ら、健康被害を訴える裁判で主張!「東電が正しい情報を出していれば・・・」

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
<この裁判で311人工地震の証拠が開示される?との噂・・・> トモダチ作戦で被ばくしたアメリカ軍兵士ら、健康被害を訴える裁判で主張!「東電が正しい情報を出していれば・・・」
「筋肉を切り裂くような痛みは腕や胸に広がり、全身のはれや囊胞(のうほう)、発汗、膀胱(ぼうこう)不全などを発症。通院するソルトレークシティーの退役軍人病院の医師は『放射能の影響だろう』としています」

 米国防総省は昨年、連邦議会へ報告書を提出した。乗組員らが受けた放射線量は一般の米国人が自然界から受けるより低いとし、健康被害との因果関係は考えられないと主張している。

 「報告書は使い物にならない代物。乗組員全員の検査をせず、健康被害のリスクはなかったとしている。飲料水の汚染は検知器の誤作動だったとしているのも不可解です」

出典:トモダチ作戦、称賛の陰で 元空母乗組員ら健康被害訴え:朝日新聞デジタル

	
福島原発事故直後の海側とか綺麗に直撃している場所だったので、途方も無い程の大量被ばくをしたのは想像に難くないです。空母は海の水などを浄化して扱っているため、そこから乗員達も内部被ばくをしたと報告されています。
被爆した方は髪の毛が抜け落ちたり、囊胞(のうほう)が発生したようで、実際の乗員たちの証言はかなり凄まじい内容です。

福島県の双葉町等でも事故直後に同じような報告がありましたが、未だに事故直後の大量被ばくに対する取り組みはちゃんとされていません。
アメリカ政府も「健康被害との因果関係は考えられない」と主張していますし、放射能の健康被害を政府が認めて対応するまでには膨大な時間が必要になりそうです。
*空母ロナルド・レーガンが被ばくした直前に東電は福島第1原発3号器でベント作業をしていました。ベント作業で放出された放射能がそのまま直撃した結果、今回の被ばくとなっています。

出典:真実を探すブログ

	
	
報道特集(TBSテレビ) 
Tomodachi-Sakusen : トモダチ作戦参加の米兵たちが起こした被曝訴訟を取材した。
米海軍第7艦隊:空母ロナルド・レーガン(USS Ronald Reagan)

《参考記事》
①米第7艦隊、原発風下から離脱 放射線検出受け
http://www.afpbb.com/articles/-/27905...
⇒2011年3月14日、艦艇を福島原発の風下から移動
約3日の間に被曝
→詳細な空母ロナルド・レーガンの活動エリアが不明

②「トモダチ作戦」で大量被ばくした米水兵たち~すでに2名が白血病などで死亡
https://lucian.uchicago.edu/blogs/ato...
カテゴリ
ブログ

出典:検証①:トモダチ作戦で米兵被曝 - YouTube

	
	
宮城県気仙沼市大島沖で上陸用舟艇(LCU)から護衛艦「ひゅうが」に手を振るアメリ­カ海兵隊第31海兵遠征部隊(31MEU)の兵士
「フィールドデー作戦」と命名された2011年4月1日から6日まで行われたアメリカ­海兵隊の大島での残骸除去作業 .

出典:トモダチ作戦で護衛艦「ひゅうが」に手を振る米軍兵士 (3.11 東日本大震災) - YouTube

	
放射性プルームをくらった乗組員が正確な情報を提供しなかった東電を米国で提訴 RT : 独断専行で始まった「トモダチ作戦」 被爆した米空母、身をていしての救援
	
ヨーロッパでもアメリカでもそうじゃないですかね?ユーロ圏の学生にそういう意見の人結構いますよ。
アメリカでは原発事故の時にトモダチ作戦で被爆した海軍の人が日本政府、東電を国際提訴していたはずですが。
	
「友人としても現場に出てきてた在日米軍」が、トモダチ作戦で被ばく、東京電力 を提訴・・・実に興味深い裁判ですねwRT :
沖縄海兵隊の任務が救援活動だということは米軍の資料にも書いてある。 

	

独断専行で始まった「トモダチ作戦」 被曝した米空母、身をていしての救援

 東日本大震災から2日後の平成23年3月13日。米原子力空母「ロナルド・レーガン」は日本から1300キロ近く離れた太平洋上を航行していた。米韓合同演習に向かう途中だった。

 艦長だったトム・バーク氏(現・米海軍作戦本部艦隊即応課長)は、艦内でCNNテレビの映像にくぎ付けになっていた。そしてロナルド・レーガンを中核とする部隊の司令官だったロバート・ギリア氏に連絡した。

 「(被災地の周辺海域に)向かうべきだと考えますが、どうですか」。するとギリア氏から「よし行こう」との返事が返ってきた。13日中には仙台沖に到着。同日中に早くも艦内で自衛隊側との調整会議が開かれ、ヘリによる物資の運搬、捜索・救出に加えて自衛隊ヘリへの給油も始まった。

出典:空母ロナルド・レーガンが311直後「行ってはいけない東北沖海底核爆発エリア」になぜ入ってしまったのか:richardkoshimizus blog - Linkis.com

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21