• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<朗報!朗報!朗報!!> 「薄毛は、コラーゲン減が要因」東京医科歯科大が解明!ではそのコラーゲンを産生させる方法は!?

<朗報!朗報!朗報!!> 「薄毛は、コラーゲン減が要因」東京医科歯科大が解明!ではそのコラーゲンを産生させる方法は!?

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
<朗報!朗報!朗報!!> 「薄毛は、コラーゲン減が要因」東京医科歯科大が解明!ではそのコラーゲンを産生させる方法は!?

2016年、薄毛で悩む人たちにとって大きなニュースになったのが、この東京医科歯科大学の西村栄美教授らによる研究成果

加齢による薄毛、コラーゲン減が要因 東京医科歯科大が解明

	
年齢とともに髪の毛が薄くなるのは、頭皮にあるコラーゲンの一種が減り、髪の毛を作り­出す細胞が死んでしまうためだとする研究成果を、東京医科歯科大学などの研究グループ­が発表しました。マウスを使った実験では、コラーゲンを増やすと加齢のため体の毛が減­るのを抑えられたということで、薄毛を防ぐ薬の開発につながると期待されます。
東京医科歯科大学の西村栄美教授らのグループは、マウスの体毛が加齢とともに薄くなる­ことに着目し、そのメカニズムを詳しく調べました。その結果、体毛を作り出す細胞は、­加齢とともに細胞の生命維持に必要なコラーゲン「17型コラーゲン」をみずから分解し­てしまうようになり、死んでいくことが分かったということです。また「17型コラーゲ­ン」が減らないように遺伝子を組み替えたマウスでは体毛が減るのを抑えられたというこ­とです。
研究グループでは、ヒトの髪の毛でも同じ仕組みがあることを確認していて、西村教授は­「加齢で髪の毛が薄くなる仕組みがかなり分かってきた。コラーゲンの減少を抑える治療­薬の候補となる物質を探し、数年以内に動物実験を行ったうえでヒトでの臨床試験に結び­つけたい」と話しています。

出典:年齢とともに髪の毛が薄くなる仕組み 解明 NHKニュース - YouTube

	
(日本経済新聞より)毛を生やすのは「毛包」という器官。毛包がうまく働かないと、脱毛しやすくなったり、薄毛になったりすることが分かっている。研究チームは、毛包の基となる幹細胞が、年をとると毛包に育ちにくくなる現象に着目。マウス実験では、老化で幹細胞のDNAに傷が残り、「17型コラーゲン」を分解する酵素が多く出るようになっていた。17型コラーゲンが分解されて減少すると、毛包が小さくなることを突き止めた。 人の頭皮でも50~70代の毛包は20~30代より小さく、17型コラーゲンの量も減っていた。

出典:「薄毛はコラーゲン減が要因」東京医科歯科大 頭皮コラーゲン合成の方法は | ニュース体験.jp

	

コラーゲン減少で、なぜ薄毛になるの?→そもそも髪を作る細胞自体が死んでしまう!

	
これについては、報道ステーションでメカニズムが分かりやすく解説されていました(動画再生だと読まなくてもすぐ理解できます!)

(引用)これまでわかっていた薄毛の原因は、強力な男性ホルモンが引き起こすものだけだった。だが、今回解明されたのは男性ホルモン原因ではない薄毛。男女関係なく、「歳を取っていくことにより毛が薄くなっていくメカニズム」。

毛を作る細胞、毛包幹細胞は、コラーゲンの一種に保護されている。この細胞は、毛と作るときに細胞分裂、DNAを傷つける。若いうちは自ら修復できるが、歳を取ると修復のためある酵素に頼らざるを得ない。

だが、その酵素はコラーゲンを分解してしまう。コラーゲンの保護を失った毛包幹細胞は、皮膚の表面へと追いやられ、毛穴が徐々に小さくなっていく。

細胞は、表面まで行くと、フケや垢となって皮膚から剥がれ落ち、毛穴すら無くなってしまうのだそう。遺伝子操作したマウスの実験によると、このコラーゲンを持っていないマウスは生後10カ月でほとんどの毛が抜け落ちる。一方、このコラーゲンを体内で作り続けるマウスは、2年8カ月を過ぎても、毛がフサフサ。髪は、コラーゲンにあったのだ。(引用:報道ステーション2016年2月5日放送)

出典:「薄毛はコラーゲン減が要因」東京医科歯科大 頭皮コラーゲン合成の方法は | ニュース体験.jp

	

毛包がコラーゲン減で死んでしまう前に、何としても回復させたい!

たしかに、細くなった毛を太くしたり強くすることができるのは、実際に自分でも経験があるのでわかりますが、完全につるつるになってしまった個所からいきなり毛が生えてくることって本当に無いですよね。この東京医科歯科大が解明したメカニズムから考えても、たしかに毛包幹細胞がまだ生きているうちに何とかしなければいけない!!というのがわかります。そのために必要なのが、なんとコラーゲンというわけです。

出典:「薄毛はコラーゲン減が要因」東京医科歯科大 頭皮コラーゲン合成の方法は | ニュース体験.jp

	
薄毛対策
頭皮の真皮(毛が生えている毛根近辺)は70%がコラーゲンで出来ている
	
コラーゲンを摂取することで、真皮の代謝が活性化し、健康で美しい髪が生えてきます。また、抜け毛や白髪、薄毛など髪の老化を予防してくれます。
	
アメブロを更新しました。 『3/13糖尿父さん情報/Yukari Mizunoさん記事~薄毛防止、コラーゲン 米科学誌に発表』
	

男性の薄毛は男性ホルモンの過剰分泌やら過酸化脂質、老化によるコラーゲンの減少による毛包の衰退など原因はさまざまなんですって。
それらをカバー出来る商品が出たよーって説明会でした。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21