• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
シー・シェパード 追い込めるか・・・訪日シー・シェパード活動家の正体 どんな嫌がらせをしているのか

シー・シェパード 追い込めるか・・・訪日シー・シェパード活動家の正体 どんな嫌がらせをしているのか

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
シー・シェパード 追い込めるか・・・訪日シー・シェパード活動家の正体 どんな嫌がらせをしているのか

日本の捕鯨やイルカ漁の妨害活動を続けている国際反捕鯨団体シー・シェパードに異変が起きている。首領のポール・ワトソン容疑者が移動制限を受け、資金面の問題でも包囲網が強化されているというのだ。国際包囲網によってシー・シェパードの活動はさらに追い込まれていくのか。

和歌山県太地町で9月1日から、イルカ漁が解禁になった。今年は、太地産のイルカを水族館に供給するか否かをめぐり問題が沸き上がり、さらに太地町に注目が集まっている。例年なら国際反捕鯨団体、シー・シェパード(SS)の活動家たちが海外から乗り込み、過激な妨害行動を繰り広げるところだが、今年はどうも気勢があがっていない印象だ。もちろん、妨害はないのが当然。決して過激なSSの行動を期待するわけではまったくないが、静かなら静かでまた、不気味ではある。シー・シェパードに何が起きているのか。

出典:シー・シェパード 追い込めるか

	

存亡の危機に立たされたシー・シェパード

デンマークの反シー・シェパード風刺画集に滲み出る「真実の姿」

訪日シー・シェパード活動家の正体 どんな嫌がらせをしているのか

イルカ漁は日本の文化 外圧や声高な環境保護論で崩壊させるな

鯨を残す部分なく、大切に食料や工芸品に使うのは、大切な日本文化。
イルカ・鯨カルトのシーシェパードSSらが批判するのは的外れであり、恥ずべき行為です。

和歌山県太地町に押しかけ、不法行為を繰り返すSSは害悪でしかありません。
	
ホントですよね?
和歌山のイルカ漁などに反対するシーシェパードなんかにしても、普通の団体ではない事は誰にでも分かる事です。普通の住民や幼い子供たちに迄、嫌がらせをしたり、そもそも入国させるな!って言う話ですよ。
	
その時の写真がこれ。嫌がらせに来た大槌町で津波に襲われ、町の人に命を助けられながら震災翌日、記念撮影だけするシーシェパードのタラ・シャノン。瓦礫撤去も何も手伝わず帰国、後に太地町に嫌がらせに戻る。
	
大槌町の人に命を助けられておきながら記念撮影だけして帰ったシーシェパード、この年のうちに太地町に嫌がらせに戻った。こんな連中が「イルカの」命を救えという。震災翌日、彼らの周囲にはまだ救える命があったかも知れない。
	
【震災で記念撮影をするシーシェパード】死者・行方不明者1651名が出た岩手県大槌町でイルカ漁の妨害に来ていたシーシェパードは地元の人達の誘導で高台に避難し難を逃れたが、翌日わざわざ海岸に戻って記念撮影。欧米で腕組みは敵意を意味する。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21