• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
もんじゅ廃炉請求訴訟 国が住民側と争う姿勢(2016/03/23 19:30)

サムネイル出典:

もんじゅ廃炉請求訴訟 国が住民側と争う姿勢(2016/03/23 19:30)

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
もんじゅ廃炉請求訴訟 国が住民側と争う姿勢(2016/03/23 19:30)
福井県の高速増殖炉「もんじゅ」を巡る裁判の第1回の口頭弁論が開かれ、原告の住民らが改めて廃炉にするよう求めました。

 もんじゅの周辺に住む住民らは、現在の運営主体である日本原子力研究開発機構に運転能力がないとして、原子炉の設置許可を与えた国に対し、許可の取り消しを求めて提訴しました。23日に東京地裁で始まった裁判で、住民は「もんじゅは事故でほぼ20年間止まり、行き詰まったまま実用化のめどは皆無」だとして、廃炉にするよう求めました。これに対し、国は「現状では、もんじゅが稼働することはない」などとして、住民側の訴えを退けるよう求めて争う姿勢を明らかにしました。また、原子力開発機構が裁判の行方によっては不利益を受ける恐れがあるとして裁判への参加を申し立てたことから、今後は3者が争う展開となる可能性が出てきました。

出典:もんじゅ廃炉請求訴訟 国が住民側と争う姿勢

	
「当分稼働しないから安全です」って、どんな言い分やねん - みんなどこか変わってるから大丈夫
もんじゅ廃炉訴訟、国が争う姿勢 「現実的危険性ない」
	
もんじゅ廃炉請求訴訟 国が住民側と争う姿勢(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース





ン? (*´▽`*)
	
<もんじゅ廃炉訴訟> 

【国が争う姿勢「現実的危険性ない」】
 
 

機構に運用能力がない、地震や津波で深刻な事故が起きる恐れがある 

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21