• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
福島の汚染イノシシ、自治体の対応に限界か!?2016年調査でも基準の300倍の放射能!宮城では3800ベクレルを検出!

福島の汚染イノシシ、自治体の対応に限界か!?2016年調査でも基準の300倍の放射能!宮城では3800ベクレルを検出!

  • Theme:
Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
福島の汚染イノシシ、自治体の対応に限界か!?2016年調査でも基準の300倍の放射能!宮城では3800ベクレルを検出!

福島第一原発事故は、推定90万テラベクレルという膨大な放射能を放出した。セシウム­、ストロンチウムをはじめ、聞いた事もないテルルといった多様な核種が大地を汚染した­。人も動物も昆虫も植物もその中で生きていかねばならない。「放射能」は、人や生態に­どんな影響を与えるのか。100ミリ以下=低線量被ばくの健康への影響はあるのかない­のか?科学者の間でも意見が真っ二つに分かれるのはなぜか?最先端の研究と映像で迫る

	
	

食肉用に出荷できず…イノシシ処分に困る自治体

県内のイノシシによる農作物被害は、2011年度の4933万円から、14年度は9812万円に倍増。市町村は地元猟友会に委託して捕獲を強化しており、14年度の捕獲数は1万3090頭と11年度(3021頭)の約4倍に増えた。

 今春の県の調査ではイノシシの肉から、最高で国の規制値(1キロ・グラムあたり100ベクレル)の300倍の放射性セシウムを検出しており、県は捕獲イノシシの焼却か埋却処分を求めている。

出典:食肉用に出荷できず…イノシシ処分に困る自治体 (読売新聞) - Yahoo!ニュース

	

厚生労働省 平成28年3月22日 食品中の放射性物質の検査結果について(第973報)

イノシシや鹿などの動物の汚染

イノシシは色々な食べ物を食べる影響で、体内にかなりの放射性物質を蓄積している事が多いです。一キロあたり1000ベクレルを超えるような個体もあり、汚染の範囲も福島以外に広がっています。

平成28年3月22日に厚生労働省が発表した調査結果によると、宮城県のイノシシ肉からセシウムを3800ベクレルも検出したとのことです。山菜などの汚染も酷く、事故から5年が経過しても放射能汚染が続いていることを示しています。

出典:福島の汚染イノシシ、自治体の対応に限界か!?2016年調査でも基準の300倍の放射能!宮城では3800ベクレルを検出!|真実を探すブログ

	
食肉用に出荷できず…イノシシ処分に困る自治体 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
福島県野生動物の汚染
	
汚染土を再利用するとか、被曝動物の皮を商品化とか、食べて応援とか、全く理解できない。実際はないのにあるとウソを広めることが風評被害でしょ?いやいや、福島の原発事故は実際に起きた事実でしょうに。その後始末が最優先のはず。再稼働とかさらなる推進とか、言語道断だよね。
	
福島で大規模な山火事、除染廃棄物の火事もあった。
レベル7の放射能汚染国の日本で野生の動物の肉を食べることが進められている。
犯罪、事故、不倫、不祥事の増加。
動植物の異常。病気、けがの増加。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21