• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
福島の河川がいまだに高濃度の放射能汚染 High concentration of radiation in rivers across Fukushima 福島の複数河川で1万ベクレル超 土砂除去要求へ

福島の河川がいまだに高濃度の放射能汚染 High concentration of radiation in rivers across Fukushima 福島の複数河川で1万ベクレル超 土砂除去要求へ

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
福島の河川がいまだに高濃度の放射能汚染 High concentration of radiation in rivers across Fukushima 福島の複数河川で1万ベクレル超 土砂除去要求へ

東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、福島県が県内の河川にたまった土砂などを調査したところ、 福島市など複数の河川で比較的、高い濃度の放射性物質が検出され、福島県は国に対し汚染された土砂などの除去を求めることにしています

福島県は、ことし1月に県内の72の河川で、川底や川辺にたまった土砂などの堆積物に含まれる放射性物質の濃度を調査しました。

この結果、福島第一原発がある双葉町の前田川では1キロ当たり最大で5万4500ベクレル、
福島市の蛭川でも3万9600ベクレルの放射性物質が検出されました。 このほか、4つの市町村の合わせて5つの場所で1万ベクレルを超える比較的、高い濃度の放射性物質が検出され、 依然として福島県の河川に汚染された土砂が残っていることが分かりました。

このため福島県は今後、放射性物質の濃度が高い河川については立ち入りの制限を検討するとともに、国に土砂などの除去を求めることにしています。 これに対して環境省は「ガイドラインでは住宅など生活圏以外の除染は行わないことになっているが、放射線量が高い堆積物については、 状況を把握したうえで対応を検討していきたい」と話しています。

出典:Evacuate Fukushima – 福島の河川がいまだに高濃度の放射能汚染 High concentration of radiation in rivers across Fukushima

	

1万ベクレル/kg以上はこちら

蛭川      福島市鎌田地内                      37,650 ~ 39,620 beq/kg
蛭川      福島市瀬ノ上町地内                   19,940 ~ 20,770 beq/kg
東根川   伊達市保原町富沢地内                         66 ~ 10,543 beq/kg
新田川   相馬郡飯舘村関沢地内                20,220 ~ 31,320 beq/kg
中田川   双葉郡双葉町大字寺沢地内            2,471 ~ 28,220 beq/kg
前田川   双葉郡双葉町大字新山地内           3,265 ~ 54,500  beq/kg
根古屋川 双葉郡双葉町大字前田地内                           20,850 beq/kg

出典:Evacuate Fukushima – 福島の河川がいまだに高濃度の放射能汚染 High concentration of radiation in rivers across Fukushima

	
東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、福島県が県内の河川にたまった土砂などを調査したところ、
福島市など複数の河川で比較的、高い濃度の放射性物質が検出され、福島県は国に対し汚染された土砂などの除去を求めることにしています。...
	
東日本大震災から4年半。高濃度放射能汚染水がまた海に流出~除染大型袋82袋は河川に流出。
	
東京湾 河川 水に溶けやすいストロンチウムなどは測定していないため、総放射線量は更に高くなると考えられます。 高濃度の放射能汚染されている海水に身をさらせば当然、被ばくします。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21