• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
ゴメン!!間違いだった・・・ えーと、やっぱり無理でした。水中で呼吸ができる人工エラ『Triton』は実現不可能

ゴメン!!間違いだった・・・ えーと、やっぱり無理でした。水中で呼吸ができる人工エラ『Triton』は実現不可能

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
ゴメン!!間違いだった・・・ えーと、やっぱり無理でした。水中で呼吸ができる人工エラ『Triton』は実現不可能

現在の技術ではできませんでした 先日ご紹介した、45分の水中呼吸を実現する人工エラ『Triton』は、現状実現できないことが明らかになりました。

クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で出資を募っていた水中酸素呼吸器『Triton』。人工肺にも使われるホローファイバーを使い、水中の溶存酸素(liquid oxygen)を取り出すという機構を採用する予定だったのですが、この肝心のメカニズムが現在の技術では実現できないと判明しちゃいました。そのため今回Indiegogoで実施されていたキャンペーンは終了となり、集められた1億円近い資金は出資者に全額返金されたとのこと。

出典:えーと、やっぱり無理でした。水中で呼吸ができる人工エラ『Triton』は実現不可能 – DIGIMONO!(デジモノ!)

******************
でも、このクラウドファンディングって、これからの金融だね!!
きちんと責任をもって対処してくれるのは信頼が持てる
いざとなれば責任回避、言い逃れ、責任転嫁のオンパレードが
政治家や役所だけじゃなく大企業病だから好感が持てる
******************
人工エラ呼吸器のTritonってやっぱ無理だったのか。開発のためにクラウドファンディングで集めた金は返還するっぽいからまあいいのかな。アイデアとしては悪くないけど、なんかこれじゃない感があったのは俺だけかな。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21