• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
「最後の楽園」ブータンはもはや携帯電話王国!?その実態に迫る

「最後の楽園」ブータンはもはや携帯電話王国!?その実態に迫る

Original:

携帯電話が「最後の楽園」ブータンに与える影響とは?

Release Date:
「最後の楽園」ブータンはもはや携帯電話王国!?その実態に迫る

僧侶、寺院、そしてスマートフォン。現在ブータンはこの三つで形成されています。奇妙な組み合わせではありますが、ブータンでは日常的な光景となっている模様です。

ブータン:携帯電話契約数の推移

出典:ブータンの携帯電話契約数の推移 - 世界経済のネタ帳

ブータン:人口の推移

出典:ブータン 人口 - Google 検索

携帯電話契約数は56.89万人

ブータンの総人口は74.18万人

実に76%もの国民が携帯電話を持っている計算になる。

急速に進むブータンのICT化

ブータンと言えば、「国民総幸福量(Gross National Happiness:GNH)」という独自の指標を持つ“幸せの国”として有名です。

その政策もユニークで、外国からの異文化乱入を避けるため、2000年まで個人でのインターネットの利用は許可されていませんでした。

2003年に携帯電話の販売が開始されてから、ICT化が急激に進んだブータン。現在では特に検閲もなく自由にインターネットが活用できるようになりました。

ブータンテレコムが首都ティンプーの7箇所で4G回線を導入開始

ブータン国内ではブータン・テレコムの「B-Mobile」とタシ・グループ(タシ・インフォコム社)の「TashiCell」の2キャリアがあり、どちらも首都ティンプーを中心に3Gのネットワークを展開してきました。

2013年10月24日、ブータン・テレコムがティンプーで4G(高速インターネット回線)の提供を開始したとの発表がありました。4Gが使える地域はまだ限定的であり、現在は以下の国内7箇所で4Gが活用できるそうです。

固定電話の普及率は約4%であり、2005年をピークに現在も減少している。

世界の多くの新興国に見られるようにブータンでも通信の主流は固定電話ではなく携帯電話である。今後も携帯電話の普及は拡大していくと見通されています。

主流なサービスはSMS

 一番利用されているのは、SMS(ショートメッセージサービス)であり2010年の1年間でブータンにおいて約6,990万通のSMSが送信された。(内訳として、6,280万通がB-Mobileで、710万通がTashiCellから)

2010年の携帯電話加入者が約38万人で1年間で1人平均約184通の送信を計算すると2日に1通程度になる。世界的に見るとそれ程多い数字ではないようです。

エンタメ・カルチャー

ツェリン・トブゲイ首相は「携帯電話が人気なのはテクノロジーは有害ではないからです」と語り、次に「ブータンの繁栄に繋がるものなんです」と述べた。ここまでスマートフォンとインターネットに理解が深い首相は中々いないだろう。

そして、その言葉を裏付けるように実質経済成長率は高かった。

出典:ブータンの経済成長率の推移 - 世界経済のネタ帳

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
マツオカソウヤ

プログラマー。Sharetube作ってる人。サーバ周り、サービス設計、システム、デザイン、執筆を手掛ける。SNSのJoinchrome、ソーシャルRSSのBazzfeed、TwitterアプリのPicleの失敗を経て、今に至る。今日もまた東京の何処かでコードと記事を書いています。