• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
広島・長崎に原爆が初めて投下された1945年から現在に至るまでにあった核爆発2624件が記されたマップ登場・・・すでに2624件の核爆発とは?

サムネイル出典:

広島・長崎に原爆が初めて投下された1945年から現在に至るまでにあった核爆発2624件が記されたマップ登場・・・すでに2624件の核爆発とは?

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
広島・長崎に原爆が初めて投下された1945年から現在に至るまでにあった核爆発2624件が記されたマップ登場・・・すでに2624件の核爆発とは?

英国のエスリ(Esri)社は、人類史におけるすべての核爆発に関する情報が記されたインタラクティブ・マップをネット上に公開した

マップ上には、広島・長崎に原爆が初めて投下された1945年から現在に至るまでにあった核爆発2624件が記されている。
地図と作業を開始するためには、まずバーチャル・プレーヤーを起動させる必要がある。そうすると核爆発のアイコンが、続いて地図上に表示される。
それらをクリックすると、ユーザーは、爆発の日付と場所、その威力(キロトンあるいはメガトン)などの情報を得ることができる。なおアイコンは、3つの色に分けられており、軍事用の爆発だったものは赤、学術実験用は青、その他のものは黄色となっている。
こうしたプロジェクトは、何も今回が初めてではない。2010年10月にも、YouTube上で、日本のアーチスト橋本功(ハシモトイサオ)氏が作った14分間の映像がアップされた。その中で橋本氏は、20世紀に行われた2053回の核爆発をまとめて見せた。氏は「世論の関心を、グローバルな核兵器の問題に向けようとして、そうした映像をネット上に公開した」と述べている。

出典:インターネットに人類史上の全核爆発マップ登場

	
	
【図3】核実験による放射性降下物の測定により得られた放射線照射線量の地図である。核実験場から百数十㎞離れたラスベガスの近くまで1レントゲン(R)の照射線量の地域が伸びている。 
	
1945年から現在までの2000回を超える核爆発を世界地図上にビジュアル化した動画「Trinity」 さんから
	
核実験が実施された場所や爆発規模を地図上で時系列で表示する戦慄のムービー「Trinity」 - GIGAZINE 世界中あちこちでドカドカ。これ全部核爆発!くわばらくわばら…二度とこんな爆発、起こすべきではありません。
	
写真①広島原爆前・後 ②長崎原爆前・後 ③ビキニ諸島核実験プルームの行方とワシントンDCで核爆発があると仮想した米国東海岸プルーム行方地図 ④マンハッタン上空で1メガトン核爆発があったと仮想した場合の地図
	
この地図って自然放射能が強い地域が危ない、とも読み取れるが、ナガサキとヒロシマの核爆発とウラン鉱脈で汚染された地域とも一致しているよね?→

胃がんになりやすい地域、そうでない地域
	
【世界の核実験地図】大気圏内核爆発実験は大戦後、現在まで実に2053回も実施されている!その実験で大気に撒かれた放射能は測定不可能のレベルなのだ!
人類は取り返しのつかない愚行、自然破壊をしてしまった。時流の状態は人類が破壊した結果だ
	
F1三号機の水素爆発がじつは核爆発だった事実以降、ここ数年間大手マスコミに対しての不信感が益々増して爆発しそうだ。日本国内の放射能汚染地図を一度も大手マスコミは発表したことがない。汚染をさせたのは国と国策に関連した電力会社が張本人なのに、何かを隠そう隠そうとしているみたいだ。
	
F1三号機が実は核爆発であった事実を知った。大手マスコミへの不信感が増大した。日本国内の放射能汚染地図を一度も大手マスコミは発表しない。国土の半分を汚染をさせた、国と国策関連電力会社の張本人たちは、一度も国民に謝らない。互いに責任をなすりつける姿勢は、国が機能していない証左だ。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21