• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
実話ならではの恐怖 Twitterの怖い話③

サムネイル出典:

実話ならではの恐怖 Twitterの怖い話③

Author:
うぃぐうぃぐ
Posted date:
Update date:2017年09月05日
実話ならではの恐怖 Twitterの怖い話③
Twitter内で話題になっている、怖い話のまとめ第三弾です。
実話ならではといいますか、リアルな恐怖感が味わえます。
夜眠れなくなっても知りません(笑)
自己責任でお願いします。

本物の恐怖

小学3年か4年の頃、うっかり施錠してなかった玄関をあけ見たことない変なオヤジが「お母さんいないんでしょ?」「いないんでしょ?」と来た(靴脱ぐとこまで侵入)。風邪で奥に寝てた母が「どちらさまですか!?」と強い声で言ったら即効逃げてった。もし母がいなかったら・・・#実際体験した怖い話
	

旅館の霊

菊池寛は旅館で乗り掛かってきた幽霊に『君は、いつから出てるんだ?』と訊いた  幽霊は『三年前からだ』と答えたらしい。その部屋で男が三年前に自殺していたという後日談。
	

ある意味とても怖い

母「あんたTwitterやってるの?」
私「やってるよ?どうして?」
母「今日〇〇ちゃんのお母さんがあんたのツイート面白いって言ってたよ」


(リア垢での出来事)
	

霊の忠告

夜中に全身金縛りにあって動けない中、背中をドンドン肩たたきみたいに叩かれて「何!?」と思って怖かったけど頑張って振り向こうとしたら
「そっちは向かない方がいいよ」って耳元で男の人の声がして
冷や汗かきながらじっとしてたら金縛りがとけた深夜2時
	

じっくり見ると恐ろしい…

動物の六感

数年前「和風」にはまって座敷で寝起きしてた頃、上座は物置化してたから下座を使った。夜中電気を消して暫くすると歩くスペースもない上座から何かを引きずる音。一緒に寝てた猫が枕元の宙を見ながら唸りだした
	

ドッペルゲンガー

金縛りにあって、腹の上に人が乗った感触と重み。いつもは絶対目を開けないのにそのときは開けてしまった。腹の上には私がいて、私をみて笑った。かなり恐かった。
	

怪談のまとめサイト

深夜、怪談のまとめサイトを読んでいたときのこと。視線を感じて部屋をぐるっと見回すも誰も、何もなかった。しばらく後、また視線を感じた、しかも、かなり近くに気配もする。「まただ」と思っていると、モニター越しに、自分の右肩に目玉が二つ浮いているのが見えた。
	

驚き

小学生の時に授業中お腹が痛くなってトイレに行ったの……そしたら授業中なのに階段から子どもの話し声が聞こえて………おかしいな、先生ならまだしも子供なのは、って思って階段に向かってみるとそこで……………野郎二人がちゅーしてた
	

犬の霊?

絶対に心霊写真 RT : これすごい!本物の犬にしか見えない!/ 「白い犬がいる」と思ったら、木漏れ日でした。 via twimg
	

自転車と警察

自転車で二人乗りと勘違いされた話で思い出した。定時制の学校が終わり深夜に帰宅中、警察「その子、何処の家の子かな」俺「え?」警察「え?じゃないでしょ、こんな夜中に小さい子を連れて……あれ?」俺「あ、あの、俺ずっと一人だったんだけど……」警察「え、ええっと…」
	

寺の中庭

寺の住職のお孫さん。日頃祖父から「夜は決して中庭を見るな」と教えられ「危険な霊でもいるのか」と理解してたある晩、中庭で見てしまったのは…実は幽霊でなく丑の刻参りに来る女で、寺はその手の人達に有名な場所で、叫び声上げかけた孫をサッと止めた祖父がお祓いでなく黙って110番したって話w
	

女の声

3年前、GWに同僚の結婚式で広島まで行って帰った時、親から電話が入った瞬間、部屋の蛍光灯がバチッと消え、携帯の電源も落ちた。すぐに起動して親にかけ直したら「あんた、女の人と一緒?声聞こえるけど」
	

お面って怖いよね

ゴキブリ

夜、飲み物が欲しくて台所に行って素足でゴキブリを踏んだ 
	

正座する彼氏

昔、馬鹿なことに遠恋してた彼が部屋に泊まりに来たタイミングで別れ話をした。納得してくれたんだけど夜中目を覚ましたら枕元で正座して顔を覗き込んでて驚いた。翌朝、何してたのか聞いたら首絞めて殺してやろうかと思ってたと言われた。あの時、目を覚まして良かった。
	

怖い自由業

学生時代ストーカーにあった。どうも私が書いた同人誌のカプが気に入らなかったらしい。乗ってる電車の車両や家を出る時間、帰宅時間、就寝時間まで把握されたのはさすがに参った。それより恐いのは、ヤの付く自由業のお兄さんに相談したら、3日後にはピタッと止まった。
	

駅の看板

深夜人気のない錦糸町駅ホームで知らずにコレ見たらちょっとビビると思う
	

見知らぬ人の恐怖

道を聞かれたので案内したら車に引きずり込まれそうになった。 この時ほど見知らぬ人には気をつけなくちゃいけないと思ったことはない 
	

夢遊病

小学生位の時、僕が夜中に急に布団から起き上がりそのまま10分程静止した後に何事も無かったかのように床に入ったところを母親が見ていたそうです。
どうしたの?と声をかけても何の反応もなくただ静止していたとのこと。
ちなみに僕には全くその記憶はありませんでした。

	

川で溺死

川で髪の長い女性のお化けを見てその後二週間くらい夜泣き続けそのご近所の男の子が川に溺れて死亡。霊媒師さんにお祓いしてもらいました。 本当にあったフィリピンでの実体験
	

失恋を苦に自殺したかもしれない幽霊

失恋ソングを歌ってたら、スピーカーからめっちゃ低い声で「殺してやる」ときこえた。静かな曲で決してそんな低い音は出ないので、俺と友達は顔を見合わせた。
	

クリスマスデコレーション

ドイツはもうクリスマスモードですが、薄暗いアパートの階段を登っていて、このクリスマスデコを見た時の恐怖といったら……何この絶妙なリアルさ……お隣さん勘弁して……
(夫いわく、毎年恒例)
	

わめく老婆

路駐にてクルマのキーを付けっぱなしでレンタルビデオ屋で返却。戻ったら運転席に知らない痩せ細った老婆が鬼の形相でハンドルにしがみついていた。クルマから降りるよう言っても目が虚ろでテコでも動かないし、わめき散らすので身の危険を感じ結局警察を呼んだ。
	

友達

友人の家族と一緒に食事に行ったときに喉にチーズ詰まらせて死にかけた 何が怖いって、そんな俺を助けようとしない友人だよねw
	

賃貸の怖い話

賃貸マンションに引っ越した日、引越し業者さんがドアノブをみた瞬間「大家さんへは後で言ったんでいいから、替えなさい」と言われて、業者さん呼んですぐに交換。次の日の深夜、鍵穴に鍵差し込んでガチャガチャやってる音が(;゚Д゚)あの時に鍵を交換してなかったら……
	
続きのページ。
↓↓↓↓

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
うぃぐ

釣りと食べ歩きが趣味の会社員(♂)です。前職はライターをしてました。