• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
意味がわかると怖い話まとめ 【解説あり】②

意味がわかると怖い話まとめ 【解説あり】②

Author:
うぃぐうぃぐ
Release Date:
意味がわかると怖い話まとめ 【解説あり】②

転校とお別れ会

			
今日は親友のA君が転校するのでお別れ会をやった。
みんなと別れるのが寂しいのか、A君はちょっと落ち込んでるみたいだった。
お別れ会はとても素晴らしいものだった。
途中、歌が得意なM君が歌を歌って盛り上げてくれたり、学級委員のS子が詩の朗読をして雰囲気を作ってくれた。
そして、お別れ会のクライマックス。
親友の僕がA君にプレゼントを手渡す瞬間だ。
プレゼントはクラス全員で書いた寄せ書き。
昨日、出席番号順で周ってきたその白い綺麗な色紙に、僕は今までの思いを込めて「ありがとう」と、一言だけ書いた。
親友なのにそれだけ?と思うかもしれないけど、その言葉だけで気持ちは十分伝わるはず。
僕は綺麗な袋に入った色紙をA君に渡した。
「元気でね、A君・・・」
「今までありがとう、W君・・・」
A君はちょっと照れたような表情を浮かべて、袋の中の寄せ書きを見た後、感極まったのか号泣してしまった。
そんなA君を見て、たまらず僕も号泣してしまった。
プレゼントをこんなに喜んでもらえるなんて、本当に嬉しい。
二人して泣いてる姿が滑稽だったのか、クラスの皆がニヤニヤしながらこっちを見ている。
僕は急に恥ずかしくなって、照れ笑いをした。
本当に、とても素晴らしいお別れ会になりました。

出典:

	
解説
出席番号順出回ってきたのに、W君にきたときにまだ色紙は白紙だった。
寄せ書きは、クラスの誰も書いていなかった。
つまり、イジメられている。

授業参観と習字

			
たかしの奴また猫背になりやがって!男ならビシッと構えとけよ!
今日は授業参観だってのに手すら一回も挙げてねえじゃねえか。
俺が男手一つで育てたのが悪かったってえのもあるが、喧嘩はするわ、学校から呼び出しはくらうわ本当にやんちゃに育っちまいやがった。
母ちゃんがいないのに泣きべそかかなくなったのは立派だが勉強だけは俺と似てダメなんだよな~。
「たかし!手挙げろ!」あいつ顔真っ赤にしやがって!
後ろに貼ってある書道の字もきったねえなぁ。他の子は『希望』、とか『未来』とか漢字二文字できれいな文字書いてる中、たかしの奴『交通』って何だよ!
しかも『交通』の『交』の字でか過ぎじゃねえか!『通』が全然スペース足りてないし・・・馬鹿だなぁ!

たかしごめんな。母ちゃんいたらもっと字もうまく書けてたかもしれねえな。
今日は帰ったらたかしの好きなカレー作ってやろう。たかし授業頑張れよ!

出典:

	
解説
「実は父親はこの世にいない…」というオチではなく、たかしは最初、習字で「父」と書いたようだ。
でも、おそらく二文字で提出しなければならない課題だったのか、「父→交」にして、そこから強引に「交通」という文字にしたようだ。
習字の時間に好きな言葉を「父」と書くたかしは、良い子である。

妹と風呂

			
新しく引っ越してきた家の新しい自室でネット環境を調えてつい昨日2ちゃん使えるようになった。
んで久しぶりの2ちゃんを楽しんでたんだけど、疲れが溜まってたから深夜に2回目の風呂に入ったのよ。
湯船に浸かってのんびりしてたら2階から誰かが降りてくるんだけど、家族起こしちゃったかなと思ってる内に足音が脱衣所に入ってきて声がすんのよ。
「お兄ちゃん、お風呂入ってるの?早く上がってよぉ~」
なんだ?と思って黙ってると続けて
「もぉ~、上がらないんだったら一緒に入るよっ!」
言うか言わないかするうち戸が開かれる。
ビビって戸を渾身の力を掛けて押さえて叫んだよ。「入るんじゃない!アッチ行け!」って。
そうする内に向こうの力が弱くなって「もうちょっとで美味しい思いが出来たのに」って声と共に足音がどんどん離れて行ったのよ。
でも俺の声で家族が起きて来て「夜中に何騒いでるんだ!」「引っ越してきたばかりなのに御近所に迷惑掛けないでよね」って叱られちまったが、心底ほっとした。読んでて分かったろうけど、俺って一人っ子なんだよね。

出典:

	
解説
妹がいないはずだから、幽霊か物の怪が風呂に入ろうとしてきた。

駅にいる、おじいちゃん

			
昔ローカル線の駅員やってたころの話

俺はほとんど人の乗り降りのない駅で働いてたんだけど
数年前に11時頃の終電が来てたのに駅舎のベンチで横になってるおじいちゃんがいたんだ
その駅周辺は郵便局ぐらいはあるけどもう閉まってるし
わざわざこの時間にここのあたりに用が訳じゃあるまいと思って
「おじいちゃん、これが最後の電車ですけど乗らないんですか?」って声かけたら
『いえいえ、迎えがありますので』って答えたから事務室に戻ったんだけど

結局そのおじいちゃん次の日の朝見たら駅舎のベンチで横になってたよ

出典:

	
解説
あの世に行くという意味での、お迎えが来てしまったようだ。

茹で卵

			
じいさんは一人息子とその嫁と二人の孫と暮らしていた。
そして嫁はお腹にもう一人孫を授かっていた。

ある日の早朝、嫁が急に産気付いた。
息子は大慌てで嫁を車に乗せ、病院に向かった。
病院に向かう途中、息子はじいさんを起こすのを忘れていたのに気づいた。
車から家に電話をじいさんが出た。
ちょうど朝飯にゆで卵を食べていたところだと言う。
「のんきなじいさんだ」と呆れたが、すこし気が落ち着いた。

数時間経って、嫁は無事に赤ちゃんを産んだ。
病院に駆け付けたじいさんも大喜びした。

それからまたじいさんは一人息子とその嫁と二人の孫と一緒に幸せに暮らしましたとさ。

出典:

	
解説
茹で卵というのは、茹でた孫という意味のようだ。
じいさんは、孫を食べてしまった。

猫を預かってもらえませんか?

			
ある日俺の家に近所のおばさんが訪ねてきた
「今日から三日間夫と旅行に行くのですが、家で飼っている猫の世話をしてもらえないでしょうか?」
と頼まれた。
どうせ暇だし何より猫が大好きなので俺はそれを引き受けた
「それでは三日間よろしくお願いします」と猫の入った段ボール箱を渡された

「よーし今日から三日間可愛がってやるからなー」と言って俺はダンボール箱を開けた
中に入っていたのは猫の死骸だった
「やべっ、俺何かしたか!?まずい、まずぞ・・・」
俺はしばらく考え込んでからペットショップに向かった
あの猫と似たような猫を買ってすりかえればいいと考えた
ペットショップに行くと俺は驚愕した。
あの猫とまったく同じ柄で体の大きさもほとんど同じ、似ているというより瓜二つと言っていい
「これなら気づかれる事は無いだろう」
俺はホッとした

三日後旅行から帰ったおばさんに猫を渡した、これだけそっくりなんだ、気づかれる筈は無い
そう思っていたがおばさんは
「ちょっと、これ家の猫じゃないわよ!どうなってるのよ!」と激怒した
どうしてだ!?どうして気付かれたんだ?柄も大きさもまったく同じなのに!
「こんなもので私は騙されませんよ!だって家の猫は・・・」
どう見てもあの猫と同じ見た目なのに・・・どうしてばれてしまったのだろう・・・

出典:

	
解説
最初から猫は死んでいた。

彼女とDVD

			
『11時頃着くね。』
彼女からメールがあった。
徹夜明けだけどやっぱり彼女には会いたい。
しばらくするとインターホンが鳴り彼女が到着した。

11時10分前。

TSUTAYAの袋を持っている。DVDを一緒に見るつもりらしい。
見始めて30分ぐらい経った頃
徹夜が祟って俺はいつの間にか眠りに落ちていた。

彼女がほほを撫でる感触で目が覚めた。
あのまま夜まで寝てしまったようだ。
部屋は真っ暗だ。
無視して寝ようとするとバサッバサッと髪の毛を顔に当ててくる。
よほど相手をしてほしいらしい。
しかしまだ寝たりない俺は心の中で謝りつつ再び眠りに落ちた。

次に目を覚ました時には彼女のいたずらは終わっていた。
諦めて寝たのか?
時計を見ると夜の12時。
電気をつけてふとテーブルを見ると晩御飯と置き手紙があった。

『私16時から居酒屋のバイトがあるから起こさず帰るね。今日は通しだから終わるの5時くらいになると思う。起きてたら連絡ちょうだい。DVD一緒に見たかったのになぁ。』

悪いことしたな。
俺は5時までの5時間埋め合わせの方法を考えることにした。
幸いたくさん寝たおかげで頭は冴えていた。

出典:

	
解説
彼女は16時に帰った。
その時間に真っ暗なわけがないため、寝ているときに頬を撫でてきたのは彼女ではない。

チャット

			
前にチャットで妙に話が合う女がいて何日か親しくしてたら「声聞きたい!」とか言われて思わずケータイ教えちゃったんだよね
そしたらすぐに電話してきたんだけど声が暗くて何言ってるか良く聞き取れない
チャットでもった印象と随分違うなぁ・・・と思って適当に相槌うってたら
だんだんすすり泣きか笑いをかみ殺したかみたいな「くぅ・・・っつ・・・」みたいになってすげー気持ち悪い
用事あるからって電話切ったらすぐかけ直してきやがってやっぱりろくにしゃべらない
5回ぐらい 切る→かけ直してくる→しゃべらない を繰り返してきたんで「いいかげんにしろ!」って怒鳴って切って着信無視してたんだよ
そしたら今度はイキナリ自宅の電話にかけてきやがって
今まで全くしゃべらなかったくせに突然大声で

「オマエミタイナヤツユルサネエエエエエキエエエエエ!」

って怒鳴りやがった、マジ腰抜けるぐらいビビッたw

出典:

	
解説
家の電話番号をいつの間にか知られてしまっている。

だるまさんがころんだ

			
お風呂に入って頭を洗っている時、「だるま
さんがころんだ」と口にしてはいけません。頭の中で考え
ることも絶対にヤバイです。何故なら、前かがみで目を閉じて頭
を洗っている姿が「だるまさんがころんだ」で遊んでいるように見える
のに併せて、水場は霊を呼び易く、家の中でもキッチンやおふ
ろ場などは霊があつまる格好の場となるからです。さて、洗髪中に
いち度ならず、頭の中で何度か「だるまさんが
ころんだ」を反芻してしまったあなたは気付くでしょう。青じ
ろい顔の女が、背後から肩越しにあなたの横顔を血ば
しった目でじっとみつめていることに…..。さて、あな
たは今からお風呂タイムですか? 何度も言いますが、
いけませんよ、「だるまさんがころんだ」だけは。

出典:

	
解説
不自然な改行。
この文章の1文字目を縦読みすると、「おさるをのろいころしたい」となる。

アイシテル

			
新婚初夜。
ベッドで妻が夫に聞いた。
「ねえあなた、わたしのこと愛してる?」
夫はほほ笑みながら答えた。
「もちろん愛してるさ」

やがて二人のあいだには娘が一人生まれた。

その娘の七歳の誕生日。
娘が父親に聞いた。
「ねえパパ、あたしのことアイシテル?」
父親はほほ笑みながら答えた。
「もちろんアイシテルよ」
「ママのこともアイシテルんでしょ?」
娘はさらに聞いた。
「ああ、もちろんママのことも愛してる」
「あたしとママなら、どっちをいっぱいアイシテルの?」
「難しいね」
父親は少し考えてから、やはりほほ笑んで答えた。
「たぶん、ママの場合とは意味が違っているんだよ」
「よくわかんない」
「まだわからなくていいのさ。さあ、ママにケーキお供えしてこよう」

十年後。
取り調べ室で、まだ若い刑事が男にこう聞いた。
「――で、結局なぜあんなことをしたんだ?」
男はしばらくうつむいたまま押し黙った後、ゆっくりとほほ笑みながら答えた。
「……意味が違っていたんです。前と同じように。それだけです」

一年後。
男の娘とごく短いあいだだけ交際していた少年が、新しい恋人の少女からふいにこう聞かれた。
「ねえ、あたしのこと愛してる?」

少年は青ざめた顔のまま、何ひとつ言葉を返さなかった。

出典:

	
解説
おそらく、夫(父親)は妻に暴力をふるっていた。
そのうち暴力がエスカレートし、殺してしまったのかもしれない。
娘は、「愛している」を「暴力」や「殺人」と勘違いして育ってしまった。

サッカー

			
生まれつき両足が不自由で、ずっと車椅子で過ごしてきた少年がいた。
ある日、彼は小学校から帰ってきて、母親に言った。

「ねえママ。今日ぼく、みんなとサッカーをしたよ」
「あら。でもあなた、サッカーなんてできないでしょう?」
「大丈夫。ぼく、ボールになったんだ」

出典:

	
解説
「ぼく」は、蹴られていた。

			
テキサスのおじいさんの家に、都会から孫が遊びに来たのですが、孫は田舎で退屈そう。そこでおじいさんは、
「猟銃を貸してやるから森で撃ってきていいぞ。この猟犬を連れて行くといい」
「うん、わかった」
そしてしばらくして帰ってきました。
「どうだった。楽しかったか?」
「面白かったよ!他に犬はいないの?」

出典:

	
解説
犬を撃って遊んだ。

目が合う

			
あるビルで一人のサラリーマンが窓の外を眺めていたそうです。
ちょうど同じ時間、そのビルの屋上から一人の女性が飛び下り自殺をはかりました。
そしてサラリーマンの目の前をその女性が落ちていきました。
その後、そのサラリーマンがこう言ったそうです。

「俺、目が合っちゃったよ、、、。」

人間の目って一番恐い所ですよ。

出典:

	
解説
飛び降りた人と、目が合うことは不可能である。

刺身

			
家でくつろいでいたら、母親からメールがきた
「冷蔵庫にお刺身が入ってるから食べちゃってo(^-^)o」
俺は出先で夕食を済ませていたので、あまり気が進まなかったがダメにするのももったいないので食べることにした
冷蔵庫から刺身のパックを取り出すと既に開けた形跡があり、甘海老が尻尾を残して綺麗に食べられていた
甘海老好きの妹の仕業だと思い、特に気に止めず俺は刺身をたいらげた


暫くして俺は気づいてしまった・・・

出典:

	
解説
おそらく、妹は甘えびの尻尾をゴミ箱に捨てるのだと思われる。
つまり、甘えびを食べたのは妹ではない。

何もしない新人

			
都内某所に優秀な営業マンがいた
仕事熱心で気遣いもできて誰からも好かれる人物だったが
その仕事熱心さがたたって過労で1月の入院をしなくてはならなくなってしまった
上司の勧めもあり1月休暇をもらい、職場に復帰してみると何か違和感がある
そう新人が入社していたのであった、
しかしその新人は何もしない・・・・
テンコでも呼ばれるし、間違いなく会社人間である
でも何もしない・・・
いつも口うるさい上司も彼がなにもせずボーっとしてても注意せず
まるで彼の存在がないかのように業務を進めていく
普段他人にあまり干渉しない営業マンであったが
見かねて彼に聞いてみた「なんで君は仕事をしないんだい?」
するとビックリしたような顔をした後フッと笑みを浮かべながら彼はこう言った
「なにを言ってるんですか僕は仕事をしてますよ」

そう彼は仕事をしている
でも優秀な営業マンがそれに気づくことはないだろう

出典:

	
解説
意味深に思えるが、話は単純。
優秀な営業マンは、営業で外回りをしているため、普段会社にいない。
そのため、帰ってきたときには新人の仕事は終わっているだけの話。

余計な罪

			
仕事帰りの満員電車の中でいつも私と同じ駅で降りる女が居たのだが、ある日、車内でその女に痴漢に間違われた。
何の事だか解らない私は、触ってない!と抗議するも「ジジイ!ふざけんな!」とか「毎日毎日いい加減にしろ!」とか言われて頭に血が昇り、カッとなった私はポケットの中にあったナイフで女を何度も刺してしまった。
すぐに取り押さえられ、その後痴漢と殺人の罪で警察に捕まった。
あの女のせいで、私は余計な罪までも背負う羽目になってしまった。やはりあの女は許せない。今でもそう思う。

出典:

	
解説
ナイフを持ち歩いていることが異常なことである。
「余計な罪」とは殺人のことではなく、「痴漢」の方だと思われる。

電車の女

			
電車の中で女の人がこっちを見ていた

次で降りるみたいだ

僕も次の駅で降りた

まだ女の人は僕を見上げていた

出典:

	
解説
「見上げる」…女の人は線路に降りた。
つまり、自殺するつもりだ。

到着した?

			
電車でうたた寝しちゃってたみたいだ。
肩をポンポンっとたたかれてハッと目が覚めた。
見上げると見たことのない陰気くさいおっさんが立っていた。
「つきましたよ」
とそのおっさんは言う。
え?寝過ごした?
あわてて立ち上がってホームへ駆け下りる。
ドアが閉まって気づいた。
なんだよ!降りる駅じゃないぞ。からかわれた。
走り出した電車を見ると、
そのおっさんが妙にすがすがしげに背伸びして笑ってやがる!
くそ!たちの悪いおっさんだ。しゃぁない。すぐ次が来るだろうし。
・・・にしても、寝違えたかな。肩が重い。

出典:

	
解説
「つきましたよ」→「憑きましたよ」

質屋

			
質屋が質流れ品をショーウィンドウに飾り付けた。
トランペット、サックス、トロンボーン、チューバとならべ、最後にショットガンを何挺か飾った。
「おかしな取り合わせだな」と知り合いが言った。
「こんなんで売れるのか?」
「売れるとも」と質屋が言った。
「まず誰かが、トランペットとサックスを買っていく。それから二日ぐらいすると、その隣近所のやつがショットガンを買いに来るんだ。」

出典:

	
解説
トランペットとサックスの騒音にイライラした近隣住民が、ショットガンを買いに来る。

マンション

			
俺の住んでいるマンションはけっこう立派だがいろいろあって、正直のところは引っ越したい気持ちもある。
しかし、なかなかできそうにもない。
人気がない時間帯に仕事から帰ってきた時、廊下をふと見ると暗いところでよく見えなかったが紫ぽい服を着た、髪の長い女性がうずくまっていた。

顔を隠しながら、笑って、いや、すすり泣いている。

「探し物が・・・、探し物が見つからない」

けっこう大きな声で鳴いて、しかも夜中だというのにマンションの住人たちは誰も注意はしなかった。
だれも薄気味悪いやつになんか注意できないよな、どんなにうるさくても俺も係わり合いになるのはごめんだ。
自宅に入ろうとしたとき、嫌な感覚が背中を刺した。

翌日、紺色の服を着た、女性がマンションのどこかの階から飛び降りたらしい、多分あの女だ。
顔面がなかったそうだ。
ものすごい激突で、潰れて飛び散ったぽいということらしい。
あんまり、マンション住人の野次馬はいなかった。

ん?あの女、すすり泣いていたかな?

出典:

	
解説
「俺」が見たのは、女の幽霊だった。
幽霊はおそらく、顔を探していた。
続きページ。
↓↓↓↓

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
うぃぐ