• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<凄いな、欲しいな・・・!> 手持ちの自転車が1分で電動アシスト付きに。交換ホイール「GeoOrbital Wheel」発表

<凄いな、欲しいな・・・!> 手持ちの自転車が1分で電動アシスト付きに。交換ホイール「GeoOrbital Wheel」発表

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
<凄いな、欲しいな・・・!> 手持ちの自転車が1分で電動アシスト付きに。交換ホイール「GeoOrbital Wheel」発表

ボストンのスタートアップGeoOrbitalが、手持ちの自転車の前輪と交換に取り付ける駆動輪、GeoOrbital Wheelを発表しました。タイヤサイズ26インチもしくは700c(28/29インチ)の自転車に取り付け、ホイールリムを内側から駆動する仕組みを採用します。 SpaceXおよびフォードに務めた経験をもつクリエイターが開発したというGeoOrbital Wheelは、工具を使わず簡単に着脱できるのが特徴。動力部分はホイールリム内部を3点で支持する構造になっており、そのうちひとつがリムを内側から駆動する構造になっています

ホイール内側に配置したリチウムイオンバッテリーもまた簡単に着脱が可能。最高32km/hで走行可能で、フル充電時の航続距離は最大で80kmにも達します。またおまけ機能としてUSBチャージャーも備えます。

タイヤは内部にフォームを充填したノーパンク仕様になっており、もし釘などを踏んだとしても自転車をかついで帰ってくるような事態にはなりません。

デメリットをあげるならば、それは自転車の重量が増すところ。通常の自転車なら前輪の重さは3kgに満たないぐらいと思われるものの、GeoOrbital Wheelに取り替えれば駆動力を備えるぶん、フロントだけで2〜5kgの重量増となるはずです。

GeoOrbital Wheelは現在、製品化をするためにクラウドファンディングサービスKicksarterにて出資募集キャンペーンを実施中。すでに早期出資向けの割引枠は完売しており、製品を入手できるのは650ドルの出資枠からとなっています。出資は全世界から受け付けており、製品化の計画が滞りなく進展したとして、出荷時期は11月ごろの見込みです。

ちなみに、GeoOrbital Wheelは米国の交通法規では自転車扱いとなる模様ですが、日本の道路交通法では電動アシスト付き自転車のアシスト速度は24km/hまで、足漕ぎの力とアシストの力は1:2までと規定されています。最高32km/hまで約6秒、ほとんど足漕ぎなしに加速可能とうたうGeoOrbital Wheel装着車は国内では電動アシスト付き自転車としては使用できないかもしれません。

出典:手持ちの自転車が1分で電動アシスト付きに。交換ホイール「GeoOrbital Wheel」発表 | Engadget 日本版

	

クラウド・ファンディングが世界中で大活躍!

しかし、便利な時代になったものだ!
企画書1通で、あるいはサンプル商品1セットで、あとはネットでクラウドファンディングに掛けて投資家を世界中から募集する
最低希望額の出資金は集まれば事業がスタートされる
出資金が足りなければ事業は振出しに戻り、集まった出資金は返金される
電動部分は脱着可能!斬新で革命的な電動自転車/Rubbee Electric Bike Drive
	
脱着できるのはいいよね。
【最大時速45km】車輪に装着するだけで「電動自転車」になるパーツ さんから
	
いいですね、これ。RT : 普通の自転車を電動自転車に変える’The Copenhagen Wheel’(creapills) 。赤いディスクの中にモーターが仕込まれ、普通の自転車に脱着できる。
	
電動部分は脱着可能!斬新で革命的な電動自転車/Rubbee Electric Bike Drive
	

<これ凄いよ・・・! 若い時にこんなのがあれば半魚人になってたかもね?>   すごくない? くわえるだけで水中呼吸が可能になる人工エラ『Triton』

ゴメン!!間違いだった・・・ えーと、やっぱり無理でした。水中で呼吸ができる人工エラ『Triton』は実現不可能

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21