• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
ゲームが好きなすべての人に贈る! ひとりの少年がプレステと過ごした20年間を描いた動画に思わず胸が熱くなる!

ゲームが好きなすべての人に贈る! ひとりの少年がプレステと過ごした20年間を描いた動画に思わず胸が熱くなる!

Original:

#4ThePlayers since 1995 | PlayStation

Author:
GuestGuest
Release Date:
ゲームが好きなすべての人に贈る! ひとりの少年がプレステと過ごした20年間を描いた動画に思わず胸が熱くなる!

昨年10月にソニー(SCE)が公開した動画は、青春時代をテレビゲームで過ごした世代にとってはまさに "宝物" のようだ。

この動画は、初代 PlayStation の誕生から今年2月に発売された PS4 にいたる "プレステの軌跡" をたどったもので、ロンドンに住むひとりの少年の成長とともに描かれている。是非、それぞれのゲーム機が発売された当時の自分自身を思い起こしながら見てもらいたい。

エンタメ・カルチャー

部屋にはいつもゲームがあった

動画は、中学生くらいの少年が自分の部屋に入ってくるところから始まる。少年が PlayStation の電源を入れると、ビデオデッキの上に置かれたブラウン管のテレビには懐かしのロゴが映る。

初代 PS が発売されたのは、日本では今から20年前となる1994年の12月、米国や EU では翌95年の9月だった。

初代プレステのロゴが映るテレビ

ゲームをプレイする少年とその友人からカメラがバックすると、PS がその小型版となる PS one に変わっている。な、懐かしい…。

PS one が置かれた部屋

次に部屋の窓が映り、外の景色が映し出される。
そこには、ロンドンの名所のひとつである「ロンドン・アイ」の姿が。

ロンドンの景色

カメラが部屋に戻ると、少年や友人は大きくなっており、部屋のインテリアやポスターなどにも変化が見られる。そして、遊んでいるのは PlayStation2 に!
PS2 が日本で発売されたのは2000年の3月。米国や EU では同年冬に発売された。

プレステ2で遊ぶ少年

さらに数年後。窓の外では、ノーマン・フォスターが設計したロンドンの有名な高層ビル「ガーキン」が建設され始めたところ。

建設中のガーキン

部屋に置かれているのは PlayStation3。テレビもブラウン管から液晶へと変わっています。
PS3 の発売は、日本や米国では2006年11月、EU では翌年の3月でした。

プレステ3の電源を入れる少女

そして2013年へ。ロンドンはオリンピックも経験し、街ではガーキンを超える高層ビル「ザ・シャード」(レンゾ・ピアノ設計)も完成しました。

建設中のザ・シャード

部屋に入ってきたかつての少年は、もはや大人へと成長しています。ですが、部屋に新しく置かれた PlayStation4 のスイッチを入れるときのドキドキはあの頃と変わっていません。テレビの画面を見つめるふたりの楽しそうな視線がそう語っています。これからもテレビゲームは、彼らと同じように世界中の人たちを喜ばせ続けるのでしょうね。

部屋に置かれたプレステ4

プレステ4で遊ぶ青年

いま挙げたもの以外にも、画面の比率、部屋の内外にある自転車やギター、机上のターンテーブルやPC、ドミノピザの外箱なども時代とともに変わっていて、何度見ても楽しい動画になっています。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Guest

ゲストの方から寄稿された記事です。