• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
「放射能のある福島でオリンピック・パラリンピックはやめて!」とアメリカの市民グループが署名を始めた。

「放射能のある福島でオリンピック・パラリンピックはやめて!」とアメリカの市民グループが署名を始めた。

Author:
Fossils15Fossils15
Release Date:
「放射能のある福島でオリンピック・パラリンピックはやめて!」とアメリカの市民グループが署名を始めた。
2020東京オリンピック招致委員会が送ったお金がマネーロンダリングと不正な招致活動(賄賂?)に使われたと疑うフランス当局の捜査が進む中、大会の開催権が剥奪される可能性が出てきたと海外のメディアは報じる。この問題発覚以前から放射能の残る福島でサッカーと野球の予選を行うという日本のオリンピック委員会に大会開催に反対する声がアメリカで起こり署名集めが進められている(署名文は英語)。
署名の宛先はキャロライン・ケネディー駐日大使他、Ban Ki-moon 国連事務総長、John Kerry 米国国務長官、Thomas Bach 国際オリンピック委員会会長、Leen Coudenys 国際パラピンピック委員会会長、Barack Obama 米国大統領、Michelle Obama 米国大統領夫人、Bernie Sanders 上院議員、Theresa Kilbane ユニセフ上級顧問・児童保護計画課、Flavia Buster WHO事務局次長・女性と子供健康局となっている。

No Olympics or Paralympics in Radioactive Fukushima!

子供たちは私たちの愛しい大切な贈り物であり、彼らはまた、空気、食品、土壌や水中の人工放射線の遺伝的に継承される損傷に対して最も脆弱です。
世界中の子供たちは現在青春期にあって若く、日本で2020年の夏季オリンピックとパラリンピックで競うためにトレーニングしています。
世界の歴史の中で最も破壊的かつ現在進行中の原子力災害の起きた福島第一原発の近くに競技会場があるとは、子供たちの両親はおそらく知らないでしょう。
Source:
2016年3月11日、3基の福島原子炉溶融5周年記念日に、日本の遠藤利明オリンピック大臣はソフトボールと野球の予選を開催都市の東京から福島県に移してもよいとAP通信に述べました。また、サッカーが追加されそれはさらに悪化しました。これは単なる憶測ではなく、実際に主催者は、日本のサッカーチームとより多くの外国のチームがトレーニングする施設を福島第一原発からわずか数マイルのJヴィレッジに新設しているからです。Jヴィレッジは福島第一原発事故直後から、災害中間地点の支援施設として使われています。

出典:undefined

	

我々はどのようにして世界最悪の原子力災害現場近くの2020年大会会場の一つに行くのか?

驚くべき2013年の成果とは、日本のオリンピックの入札で、安倍晋三首相が国際オリンピック委員会(IOC)に、「福島第一原発事故は、東京にいかなる損害も今までに与えたことがないし、決して与えないだろう」と約束して勝ったことです。結果的に、IOCと国際パラリンピック委員会(IPC)は最初に合意したからとして、東京以外の福島第一原発事故現場からあまり離れていない福島の会場を使うという「おとり商法」の危険な大会開催の約束を維持しています。
出典:
http://www.insidethegames.biz/articles/1015905/how-tokyo-2020-won-its-olympics-and-paralympic-bid-despite-fukushima

福島県でオリンピック大会を開催することは、若いアスリートを危険にさらします。現在までに、福島第一原発からだけでなく、有毒で放射性の津波瓦れきやごみの野外保管および焼却に使われてきた全国各地から、空気、土壌、食物と水に漏れ出している進行中の放射能の放出に対し目に見える解決策はありません。
福島第一の廃炉担当のNaohiro Masudaは、放射性漏れの解決策は「まだ考案する必要がある」と日本のNHKテレビで述べ国際的な支援を訴えました。一方、日本政府とIOCは世界中で2020年オリンピックの開催地へ子供や親とコーチの旅行を計画しています。
ソース:http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/english/news/nuclearwatch/20150331.html

数百種類の放射性同位元素が原子力事故で放出され、それの多くは長寿命で何百万年間も危険であり続けます。激しく競技中の選手に簡単に吸入され環境に確実に影響を及ぼし、誰にでも重大な危険をもたらします。これらの事実を考慮してください。安全な線量はありません。
女性は電離放射線の有害な影響に対し男性より2倍も傷つきやすく、大人に比べ女の子は10倍以上、男の子は5倍以上の危険にされされます。「電離放射線生物学的影響7(BEIR7)報告」には、「癌を誘導するしきい値はほとんど存在しません」と記されており、この意味はあらゆる放射線の被ばくはどんなに小さくても健康上のリスクを伴います。
Source:
http://www.nirs.org/radiation/radhealth/radhealthhome.htm
http://static1.1.sqspcdn.com/static/f/356082/23097333/1373633249137/radchild.pdf?token=tvHeUhkD2v%2BuhKtz620LTq25fEQ%3D
http://www.ratical.org/radiation/Chernobyl/HEofC25yrsAC.html

福島第一原発の損傷した原子炉を冷やすために用いられた高い放射性の汚染水は漏れており、そのうえ、太平洋に毎日故意に放出されています。加えて、高レベルの放射性土壌や他の有毒廃棄物は日本全国に移動させられ、野外に保管されるかトン単位で焼き捨てられました。福島県の富岡町には袋詰めにされた大量の放射性ごみと土壌、約1100万トンが1か所に積み上げられています。
ソース:
http://fukushima-diary.com/2016/03/2029900000-bq-of-cs-134137-leaked-as-contaminated-water-in-fukushima-plant/
 https://www.youtube.com/watch?v=UCP7PFT9coU

出典:undefined

	
放射性ホットスポットは、東京を含む日本の他の地域でも検出されています。さらに南にある横浜の事例では、高度に汚染された雨水のリサイクルタンクと学校の屋根と側溝からでる泥の撤去を懇願する公立学校と保育施設代表の請願があります。
ソース:
https://ssl.form-mailer.jp/fms/b1285961429052
https://www.youtube.com/watch?v=IBkrIgJUWLk
http://www.fukuleaks.org/web/?p=10688

放射性核種の生物濃縮と移動は極めて複雑な問題です。グリーンピースは、政府によって大規模な除染対策がすでにとられた福島県内で高い測定値を報告しています。これらの情報は、地元の市民が家に帰ることができるようになる前に知らされました。
http://www.greenpeace.org/japan/ja/library/publication/20160304_report/

東京電力と電力会社(東京電力)は、一日あたり8トン以上のごみ(その多くは有毒で放射性)を焼却しており、現場の全廃棄物の90%を燃やす計画です。それは数年前から全国で進行中の悪質な焼却キャンペーンのほんの一例です。
ソース:
http://www.neimagazine.com/news/newsnew-incinerator-for-fukushima-waste-4849989
http://www.japantoday.com/category/national/view/tepco-group-contracts-kyoto-firms-to-incinerate-iwate-waste

体内汚染は放射線被曝の最も危険な形態であるため飲料水や食料は重要な関心事です。福島第一からの微量な放射性核種は多くの都市の水道水で発見されており、いくつかのサンプルはセシウム134と137の両方が含まれています。安全な線量がないためこれらの累積は重大な健康問題を引き起こします。
ソース:
http://www.fukuleaks.org/web/?p=15134

日本の研究所の実験では、福島第一からいくつかの高濃度の放射能が空中輸送され、その後地面に沈殿したことを明らかにしています。日本で収集した最近の掃除機クリーナーバッグのサンプルからは4454Bq/kg と衝撃的な高い測定値を示しました。
ソース:
http://www.iwakisokuteishitu.com/pdf/e-monthly_data.pdf

国際放射線防護委員会(ICRP)の公衆の指標基準は、惨事以降の日本の20mSv/年と比べると年間1mSvである。オリンピックを主催することにより、日本は自国民だけではなく、世界中の子供、若年成人、家族やコーチを放射線の公的許容ICRP単位レベルよりも高い被ばくをさせるつもりです。ICRPによる長期的な解決策である20mSv/年の緊急ガイドラインは一度も目的とされませんでした。

広範囲に及ぶ放射能汚染から子どもたちを保護することは不可能ですので、福島のオリンピックとパラリンピック大会を許可することは非常識にほかなりません。
30年後でさえ、チェルノブイリの周り30キロの地域は閉鎖地帯のままです。福島の災害が始まってからわずか5年後に、福島第一から19km(12mi)にある位置するJヴィレッジや楢葉町で若い選手を訓練する計画は誤った判断です。
http://www.greenpeace.org/international/en/publications/Campaign-reports/Nuclear-reports/Nuclear-Scars/
http://kyodonews.net/news/2016/01/30/47883

ここ米国では、上院議員で大統領予備選候補者のバーニー・サンダースが、原子力発電の危険性について重大な懸念を表明しており、ニューヨーク市近くのインディアンポイント原子炉の即時閉鎖を呼びかけています。
いま事実を知ったあなたは、私たちとともにできるだけ多くを学び、2020年オリンピックとパラリンピックにおいて進行中の原子力災害により世界中の選手及びその家族とコーチを危険にさらそうとするいずれかまたはすべての計画を停止するよう働きかけることを要請します。
2020年大会の開催地は福島または日本のどこにも全くありません。福島第一の人道主義と環境危機は分離させられ、はるか遠くに広がっていくだけです。全世界がこの非常に危険な大会を見つめています。

出典:undefined

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Fossils15