• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<どういう意味を持つのだろう・・・?> 「原爆を造らなければ良かった」と 言い残して死んだある日本人技術者

サムネイル出典:

<どういう意味を持つのだろう・・・?> 「原爆を造らなければ良かった」と 言い残して死んだある日本人技術者

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
<どういう意味を持つのだろう・・・?> 「原爆を造らなければ良かった」と 言い残して死んだある日本人技術者

戦争による人口削減と莫大な利益をあげた大手柄と、更に、原爆技術を イルミナティの仲間に提供したことによって、 彼は、飛び級の出世をしたようです。 かつては、エリザベス女王の家臣だった人物が、 そのエリザベス女王さえも追い越してしまった。 イルミナティの階位は、極めて厳格です。 昭和天皇は、世界のイルミナティの中でもトップクラスになった。 無論、天皇家そのものの位置づけも格段に上がったでしょう。

日本の史実はムチャクチャ改竄されまくっています

広島原爆投下は、8時15分とされています。
しかし、実際には、8時6分が正しい。
この違いの本当の意味は・・・
大変大きな意味を持っています。

8時6分に地上で核爆発が起き、しばらくしてから、
B29の観測機がやって来た。
B29の高度は大変低かったと記録されています。
機体の様子がはっきり目視出来たと報告されています。
そして、観測なので速度も低速であった。
その高度とあの低速度で、核爆弾を投下したとしたら、
まず間違いなく、墜落していたでしょう。
これは、100%間違いない。
8時6分前後に、B29は確認されていません。
だから、空襲警報も鳴らされなかったのです。
長崎も同じです。

出典:「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者|wantonのブログ

	

広島上空に侵入して、 弾倉の格納されている「原爆の起爆装置をセットON」して、弾倉トビラを開けて、 フックを外して原爆を投下し、広島市の地上から520~550m上空で都合よく起爆 したとしたら、それ自体でB29は爆風に巻き込まれて墜落

広島に原爆を投下されたという大本営発表の
「1945年8月6日 午前7時45分から8時15分」の時間帯に、
『広島市民は誰一人として、B29特有のエンジン音も、機影も目撃した者がいない』
と云う事実である。
しかし、『広島は一瞬にして地上から消えた』訳である。
まるで「手品」である。「手品」には必ず種がある。

この場合の手品の種は「地上起爆の目撃者が全て殺された」と云う事と、
ラジオと新聞報道で「アメリカの爆撃機による空中投下」を繰り返し流し、
テレビ時代に入ってからは、B29の映像とキノコ雲を同時に映像化して、
それらしくシナリオ化している。極めてシンプルな手口である。
広島・長崎での被爆体験記録では、肝心の
『地上に設置された巨大な瓦斯タンク(核弾頭と起爆装置)』の目撃に
関する記述が削除されていることは確かである。

広島市東部から20kmの地点に在る『中野探照灯台』上空附近を飛ぶB29は、
すでに9,630mの高度をとっていたはずである。
つまり、中野探照灯台の兵士たちは9,630mからの爆音を聞いていたということになる。
その時間は、午前8時14分と報告されている。
それから、1分後の8時15分に起爆するのだが、中野探照灯台から2~3分の時間を
必要とするが、原爆機は最高速度600kmを、わざわざ320キロメートルに落し、
広島市上空では「機関を停止してグライダー飛行に入る」のである。

こんな爆撃をしたら「自爆による墜落攻撃」である。
B29の爆弾搭載量は9トンと云うが、5トンが限界である。
乗員11~12名を機長・副操縦士・航空機関士・気象士・爆撃手・通信士・
原爆要員等を考えると、乗員は逆に15名程度に増えるし、
機銃装備を取り除いても2~3トンの削減が限界だろうし、
護衛戦闘機がいないのだから、幾ら超高度10,000mを飛行できても、
高度が上がれば燃料消費量も上がり、往復の燃料にも問題が発生するから、
通常は高度を下げて飛行して、目標地点の近くで高度を上げる事になる。

高度が低くければ、自爆戦闘機(神風)からの攻撃は必至である。
それでは、無防備だから、テニアン島からの往復を考えると、
機銃装備を外すとは考えられない。護衛戦闘機が豊後水道まで護衛すれば、
飛行機のエンジン音は当然大きくなる筈だが、その証言は何処にも無い。

この当時の巨大爆撃機のレシプロエンジン(発動機)を上空9,630mで、
『中野探照灯台(広島市東部)』上空附近から、3機(1機エノラ・ゲイ)が
「機関を停止」してグライダー飛行して、広島上空に侵入して、
弾倉の格納されている「原爆の起爆装置をセットON」して、弾倉トビラを開けて、
フックを外して原爆を投下し、広島市の地上から520~550m上空で都合よく起爆
したとしたら、それ自体でB29は爆風に巻き込まれて墜落である。

長崎では逆に原爆を搭載して、曲芸飛行の様に、10,000mから急降下して
地上すれすれを飛んだのは、広島のB29投下シナリオの「手品」が、
多くの広島市民にばれた教訓として、地上起爆を演出するために、
地上すれすれを飛行して、さも飛行機(B29)が「原爆を投下」しましたよ!
と「手品」をした訳である。

出典:「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者|wantonのブログ

	
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21