• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【速報】Google「被リンクからオーサーランクに移行する」SEO業者全滅か!?→炎上しました。他の声は?

【速報】Google「被リンクからオーサーランクに移行する」SEO業者全滅か!?→炎上しました。他の声は?

Original:

【速報】Google「被リンクからオーサーランクに移行する」SEO業者全滅か!? | 面白ニュース!netgeek

Release Date:
【速報】Google「被リンクからオーサーランクに移行する」SEO業者全滅か!?→炎上しました。他の声は?

2014年05月12日 今日、この記事 【速報】Google「被リンクからオーサーランクに移行する」SEO業者全滅か!? | 面白ニュース!netgeek が公開され、大炎上する勢いで拡散され問題になっております。

なぜ問題になったのでしょうか?まずはその問題となった記事内容を見ていきましょう。

転載

Googleの品質管理チームの責任者であるマット・カッツ(Matt Cutts)氏が公開した動画にて、これから検索のルールを被リンク重視から著者重視に変えていくと明言した。信頼できる人物が執筆したかどうかをコンピューターで解析してオーサーランクをはじき出すものとみられる。

動画は英語だが、右下から日本語字幕を設定することができる。

重要なポイントは以下の2つ。

(1)バックリンクからオーサーランクに移行する

(2)あと数年はバックリンクも使う

要するにこれからは被リンクが多いページよりも、特定分野の専門家が書いたページのほうが価値が高いと考え、検索で上位に表示するということだ。著者の評価には自然言語処理の技術を使ってどれだけ信頼できる人物なのかランク付けするとのこと。

著者のランク付けがどのような基準で行われるのかが気になるところだが、詳細は明らかにされていない。ネット上では数ヶ月前から、これからGoogleがnanapiやYahoo知恵袋などのゲスト投稿型サイトを潰しにかかるという噂がちらほらと囁かれていた。信頼に足らない投稿をするサイトは検索で表示されても価値がないのではじくということか。

さてサイト運営者はこれに対して、どのような対策をとればいいのだろう。とれる手段は、権威ある人物をライターに招くか、脱検索を目指すかのどちらか。最近では海外のバイラルメディアが脱検索をかかげ、Facebookからの流入を最重視している。

SEO業者は全滅へ

これまでSEO業者は被リンクという操作可能なものをコントロールすることで検索順位を操ってきた。それが、オーサーランクという操作性のないものに移行するというのだから、これはもはや死活問題。あと数年のうちに事業を畳むしかなくなるのではないか。Googleのアルゴリズムを調べて、オーサーランクをあげるためのアドバイスをすることはできても、従来のように価値ある仕事はできなくなり、確実に儲からない商売になるはずだ。

Googleがずっと目の敵にしていたSEO業者はオーサーランクでついに全滅させられるのかもしれない。

出典:【速報】Google「被リンクからオーサーランクに移行する」SEO業者全滅か!? | 面白ニュース!netgeek

炎上しました。他の声は?

ちょいちょい、関連の記事やTwitterで意見を述べられている人がいらっしゃいましたので、その方達の言っている事も見てみると大体、少々誤訳があったことはわかります。

関連記事

被リンクは死ぬのか?マット・カッツの話を和訳してみた | notnil creation weblog

Google検索エンジンの進化に関する解釈:解釈者ひっしー @HissyNC

Google「バックリンクの重要性は薄れる」今後は著者オーソリティやコンテンツ分析へ

関連ツイート

結論

マット・カッツさんが言っていた事は「SEOでランクを決める上で今後、新しい指標として『オーサーランク』を強めていき、被リンクは今後も使っていく」ですね。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
マツオカソウヤ

プログラマー。Sharetube作ってる人。サーバ周り、サービス設計、システム、デザイン、執筆を手掛ける。SNSのJoinchrome、ソーシャルRSSのBazzfeed、TwitterアプリのPicleの失敗を経て、今に至る。今日もまた東京の何処かでコードと記事を書いています。