• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【愕然】アフリカの水源地は、既に悪魔企業の手に落ちた!?日本の水源は大丈夫なのか?

【愕然】アフリカの水源地は、既に悪魔企業の手に落ちた!?日本の水源は大丈夫なのか?

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
【愕然】アフリカの水源地は、既に悪魔企業の手に落ちた!?日本の水源は大丈夫なのか?

日本の水源地、八ヶ岳、剣山の土地を買収する外国企業 最近、水資源に関する情報がよく入ってくるようになった親日家の中国人からの情報によると、中国政府と関連の深い中国系企業が日本の水源地を買い漁っているという。 狙いは水資源である。水が劣悪な中国では、日本のミネラルウォーターが富裕層に好まれており、大変な売れ行きであるらしく、有力なビジネスとして参入しているようだ

水が豊富な我が国では、水=資源という感覚はないのだが、水は限りのある資源と考え直し、水源=油田と解釈すれ水源地を買い漁られることがいかに危険なのかわかるであろう。

一説によると、水源地にて地下水をせき止め、水源地にて全て吸いあげてしまうプランも構築されていると言われており、これはあまりにも危険である。

出典:【愕然】アフリカの水源地は、既に悪魔企業の手に落ちた!? | ATLAS

	

日本でも起きる可能性

この水資源の買収は、中国系企業だけではない。ロックフェラー一族が大株主を務めるモンサント社も同様の参入をしつつある。これはある大手企業の知人から聞いたのだが、既にアフリカにはこの手の企業が「井戸を掘ってやる」「これはアフリカの飢餓を救うビジネスだ」と大義名分を立てて多数介入しており、大多数の水源地を握ってしまい、地元の住民たちはこれら外国企業に多額の金銭を払わねば生きていけない状況になっているのだ。これは日本でも起きる可能性がある。

出典:【愕然】アフリカの水源地は、既に悪魔企業の手に落ちた!? | ATLAS

	
地元徳島の友人からの情報なのだが、日本でも八ヶ岳や四国・剣山の水源地が外国企業によって買収されており、水のために日本人が隷属を強いられる状況が生まれつつある。今まで散々、石油や原子力で世界中から金をむしり取ってきた悪魔のような企業が、今度は水資源狙いにシフトしたことを理解するべきである。

出典:【愕然】アフリカの水源地は、既に悪魔企業の手に落ちた!? | ATLAS

	
間違いなく、電力の次の資源として問題になるのは(世界的にも)、水資源だな…。既に中国系の資本が国内の水源の買い占めを始めているとも。
	
水資源買い占めについても興味深くて飲料会社が買い占めてたという話は聞いたことあったけど、ゼネコンによる買い占めは知らなかった。でもそりゃそうだわな。まぁ軽く検索かけただけどけど…
	
そういや一時流行った中国人による日本の水資源買い占めとかいう頭の悪い話はさすがにさっぱり聞かなくなった。ちょいと検索したら2010年から2012年にかけて話が多く、Bloombergにまで載ってて呆れた。あの頃の資源争奪戦からの連想に過ぎんかったのかな。
	
ロックフェラーやロスチャイルド系の企業、それに中国企業が世界有数の日本の水資源を買収するために、日本中を回って買い占め作戦を展開している
	
中国人による日本の土地の買い占めニュース気になった。目的は水資源。青山さんによると約四割の土地は所有者不明だとも。原因は取引少ない山林、原野でも税金だけ取られる資産税の問題。それ以上に地租改正以降個人所有可能となった反面、申請主義が建前の不動産登記制度の問題もあると思う。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21