• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
[エコ] 家計に優しい ラクラク節水術【定番3】

[エコ] 家計に優しい ラクラク節水術【定番3】

Author:
threed365threed365
Release Date:
[エコ] 家計に優しい ラクラク節水術【定番3】

簡単! 節水術【定番3】

【定番1】 シャワーはこまめに止める

シャワーは1分間に約12リットルの水を使います。15分も使えばお風呂一杯分の水になってしまいます。

【定番2】 食器の流しっぱなし洗いをやめる

流しながら食器を洗うと平均110リットル使いますが、ため洗いだと約20リットルくらいで済みます。なんとながし洗いの5分の4、毎日約90リットルも水を節約できます。

【定番3】 残り湯の再利用を考える

一般家庭の浴槽は大体200リットルの水が入ります。毎日使えば一家庭で年間約7万3千リットル(ペットボトルで約5万本)にもなります。

汚れが目立たないときは、もう一度沸かして利用しましょう。温かい残り湯は洗濯に、洗車や樹木の散水にも再利用できます。

1日どれくらい水を使うか知ってる?

平均的な4人家族で、1日約1000リットルの水を消費しています。炊事、洗濯、風呂、トイレで全体の約9割、残り1割弱が洗顔や手洗いなどです。

内訳は、洗濯とトイレがそれぞれ240リットルで合わせて全体の約半分(48%)、炊事が約230リットル(23%)、トイレが約210リットル(21%)、洗顔その他が80リットル(8%)です。

平均的4人家族の1日の水の使われ方

			
参考資料:国土庁「水資源白書」 (注)東京都水道局調べ

お風呂の残り湯で洗濯すれば、水道料金約500円/月の節約

例えば、洗濯の水としてお風呂の残り湯を最初1回だけでも再利用すれば、約50リットルの節水になります。1世帯あたり毎日50リットルの節水は、水道料金1ヶ月あたり5%、約500円の節約(平均的な4人家族の世帯)になります。

もし、首都圏の全ての世帯でこうした節水を行えば、約270万人分の1日の生活用水を確保できることになります。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
threed365