• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
沈黙を破る福島の女性甲状腺がん患者​​、初めて写真を示しインタビューに応じる。

サムネイル出典:

沈黙を破る福島の女性甲状腺がん患者​​、初めて写真を示しインタビューに応じる。

Author:
Fossils15Fossils15
Posted date:
沈黙を破る福島の女性甲状腺がん患者​​、初めて写真を示しインタビューに応じる。
福島県での甲状腺がんスクリーニング検査で、原発事故から5年目の3月31日時点での1巡目と2巡目の悪性・悪性疑いと診断された子供は172人となった。そんなな中で、甲状腺がんの手術を受けた21歳の女性が、嫌がらせを受けることを覚悟してAP通信のインタビューに応じ、希望と不安を語った。
郡山、日本(AP) - 
「21歳の彼女は甲状腺がんになりました。東北日本の彼女の県の人々は甲状腺の検診を望んでいます。そのような発言が物議をかもすとは思えませんが彼女の県は福島であり、そこでは2011年の炉心溶融以来172人の若者たちに甲状腺癌の症例が確認または疑われれており、彼女の発言は最初のものです(写真は掲載されているが氏名は不詳)」

出典:Woman breaks silence among Fukushima thyroid cancer patients

	

甲状腺がん患者の恐怖が沈黙をもたらすとAPは指摘する

「出る杭」は打たれるという福島の甲状腺癌患者​​の恐怖が強調され沈黙をもたらしている、とAPの記者は強調している。
日本政府は北日本の県の甲状腺がん発病率は、特に子供たちの間で一般的に見出されるものより何倍も高いが、厳しい検診により多くの症例が現れたもので、福島第一原発から放出された放射能によるものではないと述べています。
この見解に疑問を持つことは、この強固な調和型社会へ影響力をもたらします。がんになっただけで、原爆の攻撃を受けた唯一の国では放射線被曝と関連する可能性があるとされる特徴があります。

出典:Woman breaks silence among Fukushima thyroid cancer patients

	

結婚することができるかだろうか?子供達が健全に育つだろうか?

「率直に発言する私のような人はいません」と、嫌がらせへの恐怖のために匿名を求めたこの若い女性は言いました。「そういわけで、他の人が私と同じように感じることができるように外に向かって話しているのです。私は正しいことはOKになると信じているので話すことができます。」
彼女は、保育園の先生になる新しい仕事について情熱的に語りました。しかし、彼女はまた、深い懸念を持っているといいます:彼女は結婚することができるだろうか?彼女の子供たちが健全に育つかどうか?

出典:Woman breaks silence among Fukushima thyroid cancer patients

	

検診の対象者は38万人だが約38パーセントが漏れている。

政府は2011年3月の時点で18歳以下だった福島県の38万人の医療検査を命じましが、その約38%が検診を受けておらず、その数は現在18歳から21歳の人のなんと75パーセントに当たるという。

出典:Woman breaks silence among Fukushima thyroid cancer patients

	
以下、長文につき略。本文は英語だがグーグル翻訳で大意は理解出来る。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Fossils15