• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<放射能汚染だらけの日本・・・!> 宮城県、杉の芯材からもセシウムが!!!

<放射能汚染だらけの日本・・・!> 宮城県、杉の芯材からもセシウムが!!!

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
<放射能汚染だらけの日本・・・!> 宮城県、杉の芯材からもセシウムが!!!

宮城県、杉の芯材からもセシウムが なんと、薪にすればその灰は 3,000ベクレルを超えます。 市民のための市民のGeラボ ゲルマニウム半導体測定器

薪の灰の濃縮度は林野庁で210倍とされている

伐採場所 宮城県登米市迫町新田字田上165
伐採時期 2015年2月
・樹皮 62ベクレル/kg→灰13020ベクレル/kg
(杉皮)
・白太 5.49ベクレル/kg →灰1155ベクレル/kg 
(2012~2015年成長部分)
・白太 15.57ベクレル/kg→灰3255ベクレル/kg
(2009~2012年成長部分)
・赤身 14.87ベクレル/kg→灰31500 ベクレル/kg
(芯材)

出典:宮城県、杉の芯材からもセシウムが!!!|小さき花 市民の放射能測定室 代表のブログ

	
皮からは出ても芯は出ないと言われてきたが根を浅く張る杉は、放射性物質を吸い込みやすいのかもしれない。まきストーブや、木灰そばなど影響は大きい。他の樹でも測定を徹底していくしかない。
『宮城県、杉の芯材からもセシウムが!!!』
	
宮城県、杉の芯材からもセシウムがなんと、薪にすればその灰は3,000ベクレルを超えます。
	
『宮城県、杉の芯材からもセシウムが!!!』
さんから
木の芯は養分を吸い上げていないため、放射線セシウムは移行しないと言われてきたのだけれど、
大工さんにとってはこれは大問題。
	
宮城県、杉の芯材からもセシウムが!!!|小さき花 市民の放射能測定室 代表のブログ
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21