• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<量子力学が釈迦の世界に近づいた・・・!> - 自分と自分の宇宙は無い - 科学誌「Nature」で発表された量子力学の実験結果が示す革命的な世界観

<量子力学が釈迦の世界に近づいた・・・!> - 自分と自分の宇宙は無い - 科学誌「Nature」で発表された量子力学の実験結果が示す革命的な世界観

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
<量子力学が釈迦の世界に近づいた・・・!> - 自分と自分の宇宙は無い - 科学誌「Nature」で発表された量子力学の実験結果が示す革命的な世界観

革命的な理論だ!つまり宇宙など存在しない。もちろん人間も自分の肉体も存在しない。あるのは、自分の意識だ!!それは釈迦や老子が到達した無の世界・・・- 自分と自分の宇宙は無い - 科学誌「Nature」で発表された量子力学の実験結果が示す革命的な世界観

30分の動画なので・・・でも、凄い内容だよ!!
オーストラリア国立大学の研究所が発表した、量子論の奇妙な性質についての論文が、2­015年5月25日付けで、世界的な科学誌「Nature」に掲載されました。
この論文に書かれている、物理学の専門的な理論や概念は非常に難しく感じますが、実験­に当たった教授の言葉が量子世界の本質をシンプルに表現しています。

「観測が全てであることを証明している。量子のレベルでは、あなたが観ていないのなら­ば現実は存在しない。」

本動画では、NRグループの観術講師、内海昭徳が、「量子絡み合い」「ベルの定義」「­虚数時間」「11次元の宇宙」「M理論」などの西洋科学のキーワードと、
「般若心経」「老子」「和光同塵」「道(タオ)」「諸行無常」「諸行無我」などの東洋­思想のキーワードを織り交ぜながら、「自分と自分の宇宙は無い」とはどういうことなの­か?を解説していきます。

出典:- 自分と自分の宇宙は無い - 科学誌「Nature」で発表された量子力学の実験結果が示す革命的な世界観 - YouTube

	

「この現実は存在しないこと」が証明されたという量子力学の論文が掲載されました。

人類のパラダイムシフトが起こっているようだ!
昔、デカルトが<我思うゆえに我あり>という有名な二元論を提唱した
その実在が今日の物質社会を生み出し世界は大きく発展したように見えたが、ここにきて
世界は大きな矛盾をはらみ社会病巣の中に埋没した
そして今日の地球はN極とS極が逆転するというポールシフトが始まっているという
ある種、実在主義の最先端を走る量子力学の世界で・・・今日
思う思弁する意識するという精神世界を発見したようだ
宇宙はないと宣言した。人間も自分の肉体も存在しないと宣言した
それらは意識することから存在するかのように現れる世界だと提唱を始めた
釈迦や老子が唱えた無の世界に今日の量子力学が到達したのだ
中国の老子から儒教が生まれ、陰陽道が生まれたという
そしてまた伝説では2016年6月21日深夜に陰陽逆転が始まるという
それは八ヶ岳に女神が降臨するのだそうな
地球の頂は諏訪湖だという。その諏訪湖の守り神が八ヶ岳だという
諏訪から八ヶ岳にかけて縄文土器の発見が数多くある
昔、この地は海だった
白州という地域の砂は白い
砂浜だったという
頂上一体が砂浜になってる小高い山もある
伝説のムー大陸だったのかも知れない
世界の宗教が滅亡や終焉を予言している時期が昨今
ところがインドのヒンズー教は復活を予言している
今日の世界の宗教は唯物史観であるのに対してインドのヒンズー教は
古代宗教のまま精神史観であるのが興味深い

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21