• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<・・・戦争の実態?> 沖縄戦では民間人を盾に軍人は後方を守った? 満州引き上げでは民間人を残して軍人は一目散に逃げた?? <また、繰り返したいの・・・!>

サムネイル出典:

<・・・戦争の実態?> 沖縄戦では民間人を盾に軍人は後方を守った? 満州引き上げでは民間人を残して軍人は一目散に逃げた?? <また、繰り返したいの・・・!>

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
<・・・戦争の実態?> 沖縄戦では民間人を盾に軍人は後方を守った? 満州引き上げでは民間人を残して軍人は一目散に逃げた?? <また、繰り返したいの・・・!>

靖国、靖国いうけれどね、人は戦争をどこまで知っておるのかね。ぼくは海軍工廠に学徒動員の生徒を引率していったが、航空母艦からグラマン、あれは太鼓たたくような音をして飛んでくる。すると海軍工廠の将校たちは域外に車で逃走する。生徒が怒って道をふさいだところを、掃射されて教え子が死んだ

靖国、靖国いうけれどね、人は戦争をどこまで知っておるのかね。ぼくは海軍工廠に学徒動員の生徒を引率していったが、航空母艦からグラマン、あれは太鼓たたくような音をして飛んでくる。すると海軍工廠の将校たちは域外に車で逃走する。生徒が怒って道をふさいだところを、掃射されて教え子が死んだ。
	

「死ぬ前に子や孫に聞かせておかんと」 沖縄戦「集団自決」 内原静子さん(83) 不発だった手榴弾。しゅうとは棒で家族を殴り…

	
琉球新報 17日
沖縄戦71年。
沖縄戦体験者、子供たちに語る。
宮沢和史、「島唄」を語る。
	
御国の為に動員されて、ひめゆりという美しい名前をつけられた沖縄の女子学生たち
勝てるはずのない時間稼ぎだけだった沖縄戦敗戦濃厚になった6月18日突然 解散命令。

どんなに生きたかった若い命でしょう?
彼女らが望んでいた日本の未来は 今のこれか?!
	
沖縄戦・集団自決(朝日)
日本軍は 死を強制した
	
沖縄戦・子どもたちの戦場(朝日)
日本兵は 見放した
	

見捨てられた日本人:国内で徹底抗戦と言いながらソ連参戦後すぐに満州を放棄した日本軍

敗戦後、ソ連軍の暴力を受けた旧満州引揚者の証言。民放連賞報道番組部門の最優秀作品だけに重い。誰も守ってくれない悲劇を起こさないようにするには?。綺麗ごとでは済まされない。…奥底の悲しみ|NNNドキュメント|日本テレビ
	
『娘の首に刀を…「ごめんね、母さんもすぐに逝くからね」』

満州引揚の体験談。
	
映画「赤塚不二夫伝(仮)」。赤塚は満州引揚者の一人。この頃を描いた文章は数多いが、映像や写真は殆どない。長い間探していたが、ようやく出会えたのが写真集「小さな引揚者:飯山 達雄」。なんと終戦翌年に隠しカメラを持ち込んで命懸けで撮影!
	

旧軍人さんたちの名誉のために!

近年は旧日本軍の残虐行為に多くの非難を集めていますが民間人が徴兵で軍人になり鉄砲担いで突撃したところで多くは相手を殺すよりも自らの犠牲に甘んじたようです。これは旧日本軍に限らず、徴兵による軍人の実態のようです。しかし、旧日本軍は民間人を盾にしたという事実は消えません。それは指揮官たちの悪行の結果なのです。さらに全ての指揮官というわけではなく好戦的で悪魔の残忍さを発揮した指揮官がやはりいたようです。しかも、高級指揮官に混ざって!

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21