• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
今年はどんなチェック柄の服を着る?チェック柄の名前・種類総まとめ[完全版]

サムネイル出典:

殿堂

今年はどんなチェック柄の服を着る?チェック柄の名前・種類総まとめ[完全版]

Posted date:
Update date:2014年06月15日
今年はどんなチェック柄の服を着る?チェック柄の名前・種類総まとめ[完全版]

チェック柄の服はいつの時代でも大人気な感じがします。無難という声も上がりそうですが、好きなもんは好きなんですから、好きなチェック柄を着たいと思います!

女性の方ならチェック柄の名前・種類に詳しいから迷わないと思いますが、男性は大体1つか2つくらいしか知りません!(筆者+筆者周辺情報)そこで「あの柄!あの柄がいい!!」『え?あの柄じゃわからないよ!』という残念な会話にならないようにがんばってチェック柄について調べてきました!!

そして、今年もチェック柄を着る為に、チェック柄大好きな筆者としてはチェックの名前・種類を知っとかねばならないという考え、チェック柄の名前・種類をまとめてみましたのでご紹介します。

ギンガム・チェック柄

AKBの曲で知っていた柄ですが、どんな柄か知っていなかったので、こんな柄なんだとスッキリしました!やっぱりかわいい柄で若さが感じられますね。

バスケット・チェック柄

image_1668

バスケットのように織られた模様のチェック柄。この柄は服は多い感じがしますね!昔、着ていたような記憶が。

タッタソール・チェック柄

image_1665

すごいかわいい。画像がかわいいだけかもしれませんが、この柄の服を着ている女性は魅力的に映るような気がします。パジャマにもいいかもしれない 笑

オーバー・チェック柄

シャレオツな匂いが漂う柄ですね。ミニスカートにもいいかもしれません。

トーンオントーン・チェック柄

バランスの取れた色をほどよく散りばめた印象のある柄です。これはカッコいい。一着くらい持っていても良いかもしれませんね。

グレン・チェック柄

スコットランドのグレン(谷間)で折られた事からついたネーミンングらしいです。チェックとしては細かい属性で作るの大変そうですね 笑

ハーリキン・チェック柄

ブロック基調のチェック柄ですね。中々着こなしが難しい上級者向けのなのでしょうか。画像がそう思わせいるだけかもしれませんが。

シェパード・チェック柄

スコットランドの羊飼いが使っていた柄という事で、この名前がついています。たしかにシェパード感が出ている・・かも。

グラフ・チェック柄

すごい。レベル高過ぎますね。一度は合わせてみたいチェック柄。

ガンクラブ・チェック柄

英国の匂いがぷんぷんする柄で有名なガンクラブです。

タータン・チェック柄

image_1661

スコットランド、ハイランド地方特有のチェック柄らしいです。こりゃかわいいです。よく10代が着ているシャツがこの柄にあたるんじゃないでしょうか。

ピンチェック柄

image_1662

1番小さいものをPin Pointed(ピン・ポインテッド)と言われていて、針で穴を開けた様な小さなパターンの集積がある柄となっています。

アーガイル・チェック柄

image_1663

これも流行柄のひとつですよね(でした?)靴下とも相性が良くておしゃれ感が増します。

バーバリー・チェック柄

image_1664

正に王道のチェック柄。

ハウンドトゥース・チェック柄

image_1667

その名の通り、犬の牙のような柄にのチェック柄。

マドラス・チェック柄

image_1666

インド、マドラス地方で作られたチェック柄、カラフルな色合いが特徴。

翁格子柄

image_1669

太い格子と細い格子が何本も絡み合う格子、日本の代表的なチェック柄。

有名な柄だけでもこんなにも種類があった!!

いや、本当にチェック好きなんですけど、ちゃんとした名前って知らないもんですね〜。紹介していませんが、ほとんどの柄が歴史がある柄のようです。

小さな町のみで細々と織られてきたチェック柄が世界に羽ばたいている事をイメージすると、なにやらわくわくしちゃいますね。他にも国別のチェック柄とかも色々あったので時間がある時にでもまとめたいと思います。

服選びに困った時はチェック柄の服を選ぶとまぁ大体合うので、これからもチェック柄は必須になってきますのでちゃんと名前・種類を覚えておきましょうー。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
マツオカソウヤ

プログラマー。Sharetube作ってる人。サーバ周り、サービス設計、システム、デザイン、執筆を手掛ける。SNSのJoinchrome、ソーシャルRSSのBazzfeed、TwitterアプリのPicleの失敗を経て、今に至る。今日もまた東京の何処かでコードと記事を書いています。