• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
ピカソの5200万円で落札した超希少作品が競売で47億円超!

ピカソの5200万円で落札した超希少作品が競売で47億円超!

Author:
gulugoogulugoo
Release Date:
ピカソの5200万円で落札した超希少作品が競売で47億円超!

ピカソの「超希少」作品競売に、落札予想は47億円超

(CNN) 英ロンドンで21日に開かれるサザビーズのオークションに、ピカソの初期のキュビズム作品「Femme Assise(座る女)」(1909年)が出品される。

同作品の売り出し価格は4000万ドル(約42億円)、落札価格は4500万ドル(約47億円)を超す見通し。描かれている女性は、ピカソの愛人で何度もモデルになったフェルナンド・オリビエとされる。

出典:CNN.co.jp : ピカソの「超希少」作品競売に、落札予想は47億円超

	
Femme Assise(座る女)

ピカソの「超希少」作品競売に、落札予想は47億円超

サザビーズの担当者はこの作品を「極めて希少」と位置付け、「ピカソのキュビズムは何十年にもわたり、ピカソ本人だけでなく後の現代美術にとっても極めて重要かつ画期的な期間と考えられてきた。そのためキュビズム期の作品は大多数が世界の美術館に収蔵されている」と解説する。

現在の持ち主は、1973年のサザビーズのオークションでこの作品を34万ポンド(現在のレートで約5200万円)で落札していた。

出典:ピカソの「超希少」作品競売に、落札予想は47億円超

	
アルジェの女たち
ピカソ作品では2015年に「アルジェの女たち」が、芸術作品の落札額としては史上最高値の1億4900万ドル(約156億円)を記録した。   

出典:ピカソの「超希少」作品競売に、落札予想は47億円超

	
明日に延ばしてもいいのは、やり残して死んでもかまわないことだけ–ピカソ 
	
父の偉いところは、私が「ピカソ=ゲルニカとかのキュビズムの人で、頑張れば私にも描けそう」と思ってる事を知って、ピカソ展に私を連れて行って「模写とかすごいだろ。上手いんだ」と教えてくれて、キュビズムのところで「悪い事をすると、こんな顔になるまで殴る」と宣言してきたところです。
	
野党の一部が持ってるだけの課税「資産課税」を言ってますが私は反対です。

例えばある人が骨董品屋で1000円で絵を買った。大切に飾ってたけどたまたま鑑定してもらったらピカソの絵で50億円の価値があると判明。

もし資産課税になると1000円で買ったこの絵に億単位の課税可能性が発生
	
今週の4コマはモデルだった。
絵画を専攻していた小パンダ、おパンをモデルにしてスケッチ!おパンプルプルw
休憩もマイペースな小パンダ!
描いている絵はなんとピカソに代表されるキュビズム!ポーズ関係ないねw
	
衝撃の変遷。天才・ピカソが生涯に描いた自画像(15〜90歳) 【Re】
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
gulugoo

面白い事を紹介していきます。 よろしくお願い致します。