• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
プレミアリーグに与えるイギリスのEU離脱!どうなるサッカー界!

サムネイル出典:

プレミアリーグに与えるイギリスのEU離脱!どうなるサッカー界!

Author:
gulugoogulugoo
Posted date:
プレミアリーグに与えるイギリスのEU離脱!どうなるサッカー界!

イギリスのEU離脱でサッカーへの影響は? EU加盟国選手もビザ取得が必要に

EU離脱は、イングランドのサッカーにも影響を及ぼすことは避けられなくなりそうだ。これまでEU加盟国の国籍を有している選手は就労ビザを必要としていなかったが、EU離脱によって加盟国の選手でもビザは必要となる。

 プレミアリーグでプレーするためにはA代表での出場数の規定を満たす必要があり、過去にも日本人選手の移籍が実現しなかったケースはあった。今日のプレミアリーグにはフランスやスペインを始め多くのEU加盟国の国籍を持つ選手がプレーしているが、今後はこういった選手がプレミアリーグに移籍する際のハードルは高くなる可能性がある。

出典:イギリスのEU離脱でサッカーへの影響は? EU加盟国選手もビザ取得が必要に | フットボールチャンネル | サッカー情報満載!

	

イギリスのEU離脱がプレミアリーグやサッカー界に与える影響とは?

移籍金など選手獲得にかかる費用の増加

国外からプレーヤーを補強する場合……例えばポール・ポグバの価格が1億6000万ユーロ(約176億円)だとすれば、英国のクラブはポンド安の影響により、余計に3000万ポンド(約39億円)を支払わなければならないケースが想定される。

選手流出の懸念

ポンド安が進みユーロが強くなった場合、EU加盟国のクラブにとってはプレミアリーグの選手を今までより安く購入できる。反対にいうと、プレミアリーグのクラブにとって、選手が流出する懸念が増したことになる。

出典:イギリスのEU離脱がサッカー界に与える5つの影響 - ライブドアニュース

	

18歳以下の選手との契約が困難に

EUから離脱することで18歳以下のプレーヤーとの契約も基本的には結べなくなる可能性が出てくる。そうなると、セスク・ファブレガスやポール・ポグバといった才能溢れる若手選手を“青田買い”することもできなくなる。

二重国籍を保持する南米出身選手との契約も困難に

ヨーロッパの国籍を持っていれば外国人選手とは扱われなかった南米のプレーヤーが、外国人扱いとなる。よって、契約に影響が出てくる懸念がある。

出典:イギリスのEU離脱がプレミアリーグやサッカー界に与える5つの影響とは? (GOAL) - Yahoo!ニュース

	
イギリスがEU離脱するとプレミアリーグの選手がどんどん買われてっちゃいそうだし他リーグの選手を買うのも大変になりそうだなぁ
	
ナイスなスピード感と解説内容。
ポンド安円高が進むので、プレミアからJに選手を移籍させられればベスト。まあ、為替以上の大きな差がありますが…。

イギリスのEU離脱がプレミアリーグやサッカー界に与える5つの影響とは?
	
イギリス、国民投票の結果EU離脱へ。残留派リネカー氏も困惑「我々が一体何をしたのか?」

EU離脱は、プレミアリーグにも少なからず影響を与えるかもしれない。

	
ちなみにサッカーにおけるイギリスのEU離脱の影響だけど プレミアリーグは基本的にEU圏内枠、圏外枠というくくりを元々持ってない(EU圏内だとめんどくさいビザ申請が要らない)ので今いるEU圏選手がごっそりプレミアからいなくなることはない ただ獲得するのはめんどくさくなるけど
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
gulugoo

面白い事を紹介していきます。 よろしくお願い致します。