• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
英EU離脱の波紋広がる・・・(EU離脱を決めたイギリスでも手作業で開票してる。不正な票数が、何度も見られるムサシは止めろ)・・・旧ソ連邦の崩壊のような雪崩現象が起こるかも?

英EU離脱の波紋広がる・・・(EU離脱を決めたイギリスでも手作業で開票してる。不正な票数が、何度も見られるムサシは止めろ)・・・旧ソ連邦の崩壊のような雪崩現象が起こるかも?

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
英EU離脱の波紋広がる・・・(EU離脱を決めたイギリスでも手作業で開票してる。不正な票数が、何度も見られるムサシは止めろ)・・・旧ソ連邦の崩壊のような雪崩現象が起こるかも?

パンドラの箱は開けられた!!英国EU離脱を問う国民投票の結果は白熱した議論のテーマとなった。ある者は起きたことに激しく反応し、ある者は自らの予想を立てている。 多くのツイッター利用者は英国のEU離脱をソ連崩壊とすら比較している

かのEU離脱を決めた、イギリスでも手作業で開票している。不正な票数が、何度も見られるムサシは止めるべきだ。現状では、自公のやりたい放題。北海道5区補選の二の舞。
	

近い将来にさらに6カ国がEU離脱を問う国民投票を行う可能性がある。米ワシントンポスト

ワシントンポストが考えるには、英国の例はスウェーデンに感染するかもしれない。スウェーデンは国の通貨としてユーロは導入されておらず、政治に関する彼らの意見は90%イギリス人の意見と一致する。
また、いわゆる「リスクゾーン」とされている国、デンマーク、ギリシャ、オランダ、ハンガリー、フランスにも離脱の可能性はある。

出典:ワシントンポスト、EU離脱候補さらに6国挙げる

	

スコットランドは、英国に代わりEU加盟国となるかもしれない。そうした事態は、もしスコットランドで独立の是非を問う住民投票がもう一度行われ、英国(連合王国)からの離脱を住民が選択した場合、十分起こり得るとのことだ

ロシアのドミトリー・メドヴェージェフ首相はイギリスのEu離脱を問う国民投票にコメントし、これはイギリスの国内問題だが、国民投票の結果はイギリス人のみならず、世界経済にとって意味を持つと声明し、こう述べた

英国のかなり多くのインターネット・ユーザーが、EUからの離脱がどんな脅威をもたらすのか、そもそもEUとは何かを知らない。米Google社が公表した英国人の検索データがそれを裏付けている・・・今回の離脱は英国市民の判断であり今後の変化影響について市民一人ひとりの責に帰すと思う

本来、今日の日本には国民一人ひとりが自分自身の責任と権利で本当の意味での国民投票を行い、その票決で政治を動かす自覚と気概が必要なのだが・・・悲しいことにゾンビ天国に化けてしまい独裁政権に操られ今日もTVと新聞の嘘八百に一喜一憂する放射脳天国!!
いずれにしても英国がEUを離脱したという事実は、現世界体制の崩壊に大きくて確実な一歩を踏み出した!ソ連邦が突如の崩壊を是認したとき、西側世界の政治は経済はそれなりに安定していた。東西に分断されていたドイツが統一された時の混乱は筆舌を超えていたが、当時、No.1の財力と理性と政治体制で乗り越えた事実はソ連邦の崩壊以上に賞賛されるべきだった。たとえば今日、南北に分断された朝鮮半島の統一など殆ど不可能に近い。それは国際問題でなく、経済力、政治力、そして市民の民度など新たな混乱と分断を生むだけに近い。その隣国としての日本に何ができるのだろうか?英国のEU離脱の混乱は大きいが今日の日本のマスコミに論じる報じる力などすでになく、今日のような国際化社会であっても島国の脳天気な田舎者、ゾンビ大国日本社会に危機感に備えたり、希望に燃える気概も自覚もないのは悲しいという言葉では当てはまりそうにもない

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21